ririnさんのマイページ

レビューした作品

女性ririnさん

レビュー数0

ポイント数10

今年度545位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

今更ながらに了読

あらすじ等は皆さん書いてらっしゃるので割愛。

はらだ先生の作品を読むたびに、凄い才能だなぁと思います。
人間の感情、根源的な欲望、理性と本能、様々な感情がBLという世界観の中で渦巻いています。混沌のようでピュア、一本の愛。

こんな愛し方や愛され方は必要ないけれど、そこまで深く人と関わることができたなら、それはもう幸せなんじゃないかと思いました。

リバース コミック

麻生ミツ晃 

美しい世界観

最初から最後まで美しい。
まるで一本の映画を観ているよう。

ストーリーもエロも感情描写も上質で、事件の流れも素晴らしい。
時間を忘れるほど引き込まれました。

オメガバースが好きな人も苦手な人にもオススメです!

面白い!

この作品が素晴らしいのはどのカップリングも萌えること。

ユウトとディック、ロブとヨシュア、ダグとルイス。
どれも萌えます。

今回はユウトの新しい相棒が出てきます。ネタバレを避けたいので詳しくは書きませんが、もう最高っ!でした。このシリーズが好きな方は絶対嵌る作品です。オススメしますよ。高階さんのイラストも凄く綺麗です。

こんなご時世ですから、1から読み直してもいいかも知れません。
私も読み直して、この世界観にどっぷりと浸りたいです。

タイトルがいいなぁ

青春と性春が入り混じった良作!
とにかく勢いがあるピュア・エロ・青い日々。

キャラクターの表情や台詞に若干の古さがあり、それが妙な味を出しています(褒めています)。

青春時代の青さ、恥ずかしさ、もどかしさが、そのダサさとあいまって、なんだこれは!という感動を覚えました。もだきゅんがいいですね。

表紙を見てなんとなく苦手だな~と思われた方にもオススメします。
面白いです!

色んな角度から楽しめる

あらすじや細かい内容は他の方が書いて下さっているので割愛します。

色んな味が楽しめる作品集です。酸いも甘いもあります。
ですが、リンゴのようにしっかりと芯に愛のある作品なので、どれも楽しめます。
一日一話読んでもいいですし、好きな作品だけ読み返すのもありだと思います。

ベッドサイドに置いておきたくなる一品です。
オススメです!

可愛い+切ない=?

あらすじは皆さん書いて下さっているので割愛。

こちら新装版なんですね。
表紙イラストは過去作もこちらも、どちらも素敵です。
タイトルにピッタリのイメージでした。

お話は甘く可愛く切ない。
受けのキャラの前向きな性格が心地よく、ふんわりと優しい雰囲気でお話が進みます。脇のキャラも魅力的で最後まで楽しく読めました。

たまにはこういう王道BLもいいな~と思いました。
オススメです!

古さはいなめないですが

ずいぶん昔の作品なのでやはり古い感じはしますが・・・

おじさん攻めが好きな方には楽しめる作品だと思います。
アラフォーのはずが、読んでみるとアラフィフにさえ感じてしまうオジサン度の高い攻めです。

受けのキャラは類型的なぶりっこですが、可愛いと感じるところもあり、特に嫌なキャラクターも出て来ないので安心して読めます。(ただ受けの父親がちょっといけなかった。。。)

名倉先生らしさのある作品だと思います。
先生が好きな方にはオススメします。

楽しく読めました

宮緒先生の作品なので楽しく読めました。
架空の江戸を舞台にしたオメガバースで、読み応えがあり、また読者を心地よく裏切ってくれるような展開もありで、短い作品ですが集中して読めました。

時代物のオメガバースが好きな方にもオススメします!

ところどころ残念

王道の子育てもので楽しんで読めました。
エンタメだと割り切って読めば問題ない作品なのかもしれません。

気になる点は・・・
マネージャーの行動がおかしい(タレントのためだとはいえ、やっていることが支離滅裂)
記者会見で攻めが発言しているシーンはぽかーんとなりました(笑)

要は攻めのかっこよさを印象付けるため、お話の説明を事件でしたため、全てがご都合主義になっていて、そこで冷めてしまいました。

子どものエピソードや様子が可愛かったので、そこがもっと書かれていれば評価は高くなったのかもしれません。

展開が急で・・・

あらすじは皆さん書いて下さっているので省略。

恋愛に至る(好きと認識する事だけではなく最後の展開が)説得力に欠けるというか、ラストのエロシーンまで少し速足な気がしました。
好きなのは分かるんだけど、感情移入して読めないというか・・・。

ファンタジー的な要素も現代モノの設定から少し浮いているような気がして、そこが残念でした。
キャラクターの好感度は高かったので、恋愛に踏み込んで書かれていればもっと評価は高かったように思います。

安心して読める点ではオススメです。