東雲月虹さんのマイページ

萌×2作品

エキスパートレビューアー2019

女性東雲月虹さん

レビュー数10

ポイント数218

今年度23位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

このもどかしさがとても面白い!

『アキハバラフォーリンラブ』から結構経ってる気がしますが
秋葉弟くん、商業デビューおめでとう…!!(まずはそこじゃない)
ノンケな作家と編集担当が組んでBL作品つくり始めたって、そりゃ恋にはなかなか落ちないわなと思いながらも
本っ当になんともないんですかミス・アッキーナ先生!?と笑ってしまいます。
なんだかんだでもうグラついてない?好きになりそうじゃない??なんて思う獅子王とこちら(読者)の気持ちをガン無視で、マイペースさにいっそ感心してしまうほどですww
獅子王が振り回されて、これならどうだと言わんばかりにあれこれ試してみるのは意地になってる部分もあったはずなのに、うっかりときめいちゃったらもう負けですね。
それも悪くないと思えるあたりが可愛い獅子王でした。
先生も、何を考えているのかわからない飄々とした普段の感じ、
さすがにHの後半の反応と泥酔して別人になってるギャップがいいですねー。
にしても!先生!!
いくら同棲っぽさを出すためでも獅子王の寝顔にキスして家を出てたなんてズルい!
ここで上巻終わるタイミングが絶妙だと思いました(番外編で5.5話もありましたが)
下巻も同時発売で非常にありがたいです!
先生にも早く獅子王を好きになってほしくてついワタワタしてしまうのでww

親友ポジが切ない

一陽はどこか頼りなく、好みの容姿の男に振られてばかりで、
ホストクラブを作って成功させたはいいけど相変わらず恋人には恵まれない。
それを隣で見てきた健史はずっと一陽を好きだけど
想いを告げず傍にいることを選んだはずなのに苦しくて…。

大学時代の二人にも興味がわいてしまいました。
ノンケだと思っていた一陽が「ゲイかもしれない」と悩みを打ち明けてきたとかそのあたり詳しく……。
それから妄想で何度も抱いてきたなんてエロい。
一陽を好きなまま、体をもてあまして他の誰かと関係してきたのかなぁ…。
あんなにかっこよくて周りが(男も女も)ほっとかない気がする。
一陽が振られる度に慰めて安心して、なんて繰り返すのは
想像よりずっとキツイと思うのですが
なんでまたこんなイケメンが近くにいてわからないものですかね…。
ただ、健史の気持ちを打ち明けられて自覚していく過程が見どころかと。
健史にそんな切ない顔させないでくれよーと思いながら、
いい男は憂い顔も様になりますよねぇ。
ラストでへろへろのとろとろにさせられる一陽、
健史の愛を思い知るがよい!と思ってしまいアンタ誰って感じでしたが
攻めからの矢印が多めの愛はうっとりですね。

センリとボーイくんのことも気になる!!

複雑な気持ちに共感してしまいますww

1ページ目は歯ブラシを咥えたまま両手で顔を抑えて
涙をほろほろと流すコールのカラーイラストです。

開くと3ページ分の漫画になっています。
コールとアレックスが二人でいる時に、
以前仕事でサンフランシスコ滞在中行ったバーで口説かれた
ニックというハンサムな男性が出張とのことで偶然現れます。
アレックスがちゃんと彼氏がいるって断ったため、
ニックはコールを見るなり「あこっちが例の!」と近づき
「可愛いお似合いのカップルだ、どうもー」と笑顔でやや雑に握手してきます。
アレックスには「アレックスそれじゃあまた」ご丁寧に両手で握り
そのまま去るかと思いきや
コールに「羨ましいですね。アレックスのお尻は最高だったから」と耳打ち!
「嵐が過ぎ去ったな…」強く握られたのか手をおさえながら呟くアレックスですが
隣で固まっているコール。
言葉もなく泣きながら震えてるんです!
「どうして俺じゃないヤツに先にお尻を…
でもあの人ハンサム過ぎて頭回らない。
2人でいるとこ想像したら妙に興奮しちゃってムカつく」
意味深な言葉でそこまで想像したコールは正しいゲイかもしれないww
いやニックが本当にかっこいいし色々と上手そうだからワカル!
「しっかりしろっ、そういうんじゃねぇ!」
ちゃんと否定してくれるアレックス、
あの時お酒おごってもらったからやっぱりお尻を撫でさせただけだったのね…。

二人で部屋に戻ってベッドで眠る時、
「ホントに触られただけ…?」と涙目で確認するコールが可愛らしい。
ホントだって…とげんなりするアレックスですが、
もしかしたら後日何度も聞かれてしまったかもしれませんね。
登場人物がハンサムばかりなのも困ったもんだ!

完璧な彼氏は意外と…

恋愛って少なからずお互い影響を与え合うものでしょうけど
アレックスまでコールに感化されるとは1では思っていませんでした。
でもそれは本当にコールを好きだからなのでむしろ喜ばしい変化ですね。

コールが、好きで好きでどうしようもないアレックスと付き合えているのに
心が安らげない気持ちは分かります。
アレックスを信じてあげなよ、と言いたいところもありますが
なんたって病んでるコールですから…。
しかしコールがキスとFとはいえ浮気するなんて予想もしなかった!!
絶対アレックス一筋だと思ったのに!
まぁ……普通の恋愛がどういうものなのかと考えたら
相手を好き過ぎるのもどうかってところなんでしょうか…。
アレックスは誘われてもしっかり断ってたのになぁ。
とは言えブラッドがいいヤツだから三人も悪くないんじゃ??とか思ってごめんなさい。

人を愛することはシンプルそうでいて難しいですね。
だけど見誤ってはいけない分岐点というのはあるので
そこはコールが間違えなくてホッとしています。
リストカットしたことのあるコールの気持ちをアレックスが理解出来なくても
寄り添おうとする心が大事だから
きっとこれからも大丈夫だと信じたいです。

…アレックスが無理やりしたブラッドへのキス、
もちろん嫌がらせですけど私は嬉しかったな…。