G線上の猫Ⅱ

g senjou no neko

G線上の猫Ⅱ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
69
評価数
19件
平均
3.7 / 5
神率
21.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813050070

あらすじ

待望の第二集、登場!! <P>音楽学校でバイオリンを専攻する高校生・理也は著名な音楽家を両親に持ち将来を嘱望されている。だが、理也には誰にも言えない秘密があった。それは自分でさえも知らない、もう一人の自分・・・理也の苦しみを知り、さりげなく力になってくれる大学生の篤志。憧れ、かつ反発せずにはいられない先輩・香坂。ふたりの男の出逢いが、理也を追いつめていき・・・・!?

表題作G線上の猫Ⅱ

香坂(学校の先輩)、篤志(大学生)
理也(二重人格)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

佐紀登場。

1巻の表紙が白理也で、2巻の表紙は黒理也と誰かの手。誰!?
黒理也だから篤志か!?


白は自分が記憶が消えることがあっておかしいと疑っている段階。
篤志に嫉妬してるけど、告白はできずに嫌がらせめいた事しかできない香坂。
自分を認めてもらいたいと篤志を誘うも冷静になった篤志に止められてしまう。

黒が裸で一人で寝た翌朝の白は、10日間の記憶はないわ、篤志は家にいるわ、修羅場!
弱っているとこに付け込む香坂。落とすなら今だ!香坂!
香坂が一番負けそうで応援してしまう。。

まだ、香坂とは最後の一線は越えてない。けど、まどっちでもいっか。

0

G2

借りてきた猫みたいになる理也が可愛い。

表紙の折り返しのしっぽのある理也が可愛いです。
1巻はご飯食べてる理也。
2巻は寝ている理也。
3巻はお風呂に入ってる理也。
どれも理也にしっぽがあって後ろに篤志がいます。

二重人格物って切ない。

理也の父親が酷すぎる。
息子が自分の作品て……母親もなにもしなかったのか。

自分のベッドが冷たいから篤志のベッドに潜り込む。
一人じゃなにも出来ない理也。それは、バイオリンだけしかさせなかった父親に問題があるだろうけど、篤志に世話焼かれてる理也が可愛いからこれはこれでOKです。

3

自分探し(後編)

「G線上の猫」2巻です。

理也は人の言うことばかり聞いてきたので、
強引な香坂に流されやすい印象で少しは惹かれているようですが、
黒理也(以下黒)は篤志の家に行ったり、
白理也(以下白)は鍵のことを考えていたりと、
篤志を気にしているようにも思えます。

白はバイオリンに異常なほど執着します。
バイオリンしか居場所がない。失敗は出来ない。
そんな風に思うようになってしまった原因=多重人格障害の原因は、
父親の虐待でした。
(多少いとこの期待も入ってるかもしれませんが。。。)
理也が本当に可哀想です・・・。
(しかし、漫画として客観的に見ると、
理也が多重人格障害になってしまった背景がきちんと提示されているのは、
深く掘り下げられて細かく設定されていて素晴らしいと思いましたし、
とてもわかりやすかったです。)
また、理也はバイオリンを弾いてるだけなのに人が変わったようになり、
おまけに何か色気も出てます。。。

そんな中、篤志と香坂が偶然会い、
篤志はいとこ公認の理也の家政夫となります。
篤志は、黒の世話し、香坂は、黒の存在に気付きます。
続き
相変わらず理也は白も黒もそれこそ迷い猫のように、
二人の間を彷徨います。
理也は最終的に自分をどう受け止めていくのか?
篤志と香坂とどう向き合って行くのか?
3巻に続きます。


また、あとがきにあるように篤志は人気がないようですが、
幼い頃に父親に虐待された理也にとっては
白でも黒でもどんな自分でも優しく受け入れてくれる存在が
必要だと思います。
ありのままの自分を認めてくれる存在です。
だから私は理也にとって篤志は大切な存在となって欲しいです。

1

徐々に明らかになっていく背景

理也が二重人格になったきっかけらしきもの(=父親からの虐待)が明らかになりつつある巻。
…と書くと、重苦しい内容に思えますが…新キャラである従兄・佐紀さんのはっちゃけぶりが色々と凄くて(ノ∀`●)ンププ
見た目は美人さんなのに何て楽しい人なんだ♪
あ、でも見ているべきところはちゃんと見ているっぽい印象。
それにしても父上…電話越しではありましたが相変わらずなようですね。
「作品」って…。。。
理也は「人間」であって「物(=作品)」じゃないよっキィィ━━━ヾ(*`⌒´*)ノ━━━ィィ!!

それにしても白い理也も黒い理也も可愛いな~( *´艸`)
白→香坂先輩 黒→池田さん って感じですな。
さてさて…最終的にはどうなるのかな???

0

第2巻です。

大学生・池田篤史×天才バイオリニスト・2重人格の高校生・成川理也です。

1巻では、池田と理也の出会いみたいな感じで終わった感じでしたが、2巻では、理也の過去がわかる話でした。
ていうかそりゃ2重人格にもなるでしょう!!って思いましたね。

父親が最悪でした。理也の事を自分の所有物にしか見ていないなんて最低だ!!って思ったし、母親も母親で何も言わないなんて何考えてるんだっ!って思います。よくそんな事を電話越しで言うなぁ~っと・・・。
それで何故、留学を拒んだのかがわからないなんて理解に苦しむわっヽ(`Д´)ノと思います。

ていうか今後の彼らの行く末が気になりますね。
次で最終巻一体どうなることやら・・・。

ていうか理也のいとこの佐紀が、個人的に好きですねヾ(*'∀`*)ノ
彼は裏切らずに理也の保護者でいてほしいと思います。

1

当て馬キャラ万歳

当て馬とは、褒め言葉です。
報われないキャラが好きなので、香坂先輩は大好物w
好きな子をイジメちゃう小学生が、大人になっただけの彼w
いやいや、充分かっこ良いですよ。

1

二人の男に愛されるネコ

第二巻です。
この物語を楽しみきれない自分が、非常に汚れてる気がしてなりません。
みんなキレイです。
白い理也をレイプする先輩もキレイだし、理也家の家政夫になって理也を守ろうとする大学生もキレイ。二つに分かれる人格に苦しむ理也もキレイ。
それぞれが悩み苦しんでます。
細かい箇所が気になっちゃうんだよね。
理也にめちゃくちゃに執着してるという設定の父親が、まともな監視もつけずに理也を放置してるっていうのはあまりにもオカシイ、みたいな。

いいお話だとは思います。
繊細で丁寧で、悲しいのに優しくて。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ