長い間

nagai aida

長い間
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×25
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
78
評価数
21件
平均
3.8 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784861340949

あらすじ

高校時代から友人である宮木と阿部。高校の時に一度だけ体の関係を持ってしまっていたが、十年以上経った現在まで、その話題に触れることはなかった。そんなある日、宮木から紹介したい女性がいると言われた阿部は……。長い間こころを掴んで離さない想いの行方は?表題作のほか、大人気シリーズ「僕と君とのこれからは」3編を同時収録。描き下ろしを加えた決定版。

表題作長い間

一軒家で独り暮らし 宮木・30歳手前
高校時代からの友人 阿部・30歳手前

同時収録作品僕と君のこれからは

深田 高2
瀬尾 高3

その他の収録作品

  • 僕と君のこれからは[嵐のように始まり編]
  • 僕と君のこれからは[恋の根性みせてみろ編]
  • 長い間の短いその後。
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

忘れていたけど覚えてる

ある日、阿部に紹介された宮木の恋人。
宮木の好意に甘えている自覚を持つ阿部にとっては突然の存在にざわつき、そして、たった一度だけ関係を持った過去に対して、気持ちの在り処を探し始めます。
心地よい関係を築きながらも、いつかは美しい思い出となる日をじりじり待ち続ける阿部と宮木の、激情を押さえ込んだ穏やかさに多少の白々しさを感じてしまいますが。
消化しきれない感情を風化させようとしてきた十数年の重み。
ページを追うごとに真正面からは見据えることの出来ない阿部の弱さとか、そんな阿部をただ受け入れる宮木の覚悟みたいなものが分かり始めるとぐっと増してきます。
結婚という岐路を前に、最後に足掻いた阿部。
ふたりがじりじりと間合いをつめていく間、こちらもじりじりしながら読み進めていきました。

他同時収録「僕と君のこれからは」
高校生同士のふたりがお互いのメンツを大事にするが故のジレンマがこそばゆく、けれど愛を前にメンツなんてどうでもいい。
盛大にツンがデレる。そしてダダ漏れる。
デザート的な甘くてかわいいお話しでした。

1

空気感が心地いいです。

この作品 好きです!ドビシヤーンと言うのはなくて何となくなんだけど。

話自体は紆余曲折あるのだけど、ハデな演出が無いので
淡々としているように感じます。
これは この作家さんの特徴の様に思います。

同級生が大人になってからも友人付き合いをしているあいだに
恋愛感情があったかなかったか?

一度だけ 体の関係があった宮木に結婚ばなしが持ち上がり
なぜか宮木にとって自分は特別な存在とおもっていたのに
自分よりも思われている相手がいると知って、
自分の気持ちに気づく 阿部。
阿部がごちゃごちゃと、考えているところを、なにか吹っ切れたのか
すっと壁をこえてくる宮木が潔くてかっこいい。
この行為って阿部への自分の気持ちを振り切るためか、
阿部の気持ちを試すつもりだったのだろうか?

すごい、キラキラなときめきとかなくても、なんだかんだ
この二人はこういう風に続いていくんだろうなぁ と思い
その雰囲気に安心しました。

1

雰囲気がある

セリフ少な目攻めに萌えを感じる私です。
この作品 好きです。
なんか 本当にありそうな話ではないですか!

私も同時収録作品の高校生の話が好きです。
(ちょっとサブい所もあるが)
コメディっぽいけれど キュンとしました。

0

表題作もいいんですが

同時収録作品もよかったです。

表題作「長い間」はとても館野さんらしい作品だな~と思いました。
日常の出来事の中で少しずつ変化していく気持ち。
派手な出来事はないけれど、口に出すこともない心情がうまく表現されている作品だと思います。

私にとってちょっと新鮮だったのが、同時収録作品の「僕と君のこれからは」シリーズ。
高校生が主人公なんですが、年上の受け様が不良グループのリーダー的存在で、年下の攻め様がその不良グループに目を付けられています。
受け様はやんちゃで他校の不良グループとも喧嘩をするような高校生なんですが、多少の緊張感はあるものの、軽いタッチで描かれてます。
むしろ、主人公2人が結構甘い雰囲気でラブラブです(笑)。
館野さんの作品でこういう系統のお話は読んだことがなかったのですが、こういう雰囲気の作品もいい!と思いました。もっと読みたんでみたいです。

1

萌え死ぬ!

さすが館野とお子さん。
萌え狂ってヘロヘロになりました。
高校時代に一度だけカラダの関係を持ち、その後は互いに恋人を作ったりしつつも友人関係を続けていた主役ふたり。
この設定は私の大好物なんですが、これを館野とお子さんが描かれると、想定を超えた萌えが…!
ただ、ストーリー運びはけして派手じゃないし、キメ台詞やキラキラのキメ顔があるわけでもないんです。モノローグで切々としつこく恋心を描写することもない。淡々と日常を描写していくなかで、少しずつ緊張感と切なさが高まっていく。
まさに胸キュンですよ!

ストーリーもいいし、あと絵もめちゃくちゃ好きです。線がすごくキレイ。
ほんといいなァ。
あと行間の作り方のセンスときたらもう。もう!

0

せつない!苦しい!ドキドキ!キュンキュン!

 いやぁ、もう素敵!すごく面白かったです!
 雰囲気、絶妙な「間」、言葉の一言一言、最高ですね。上手いです。せつないです。これは本当に良い話ですので、いろんな人に読んでもらいたいです。

 高校のときに1度だけ体の関係を持ってしまったが、10年以上経った現在までその話題に触れることは無かった友人同士の二人のお話。ある日、宮木から付き合っている女性を紹介されて、動揺してしまう阿部。
 宮木にしても阿部にしても、クールなんですよね。だからこそ余計萌えるし、余計せつない・・・!
 二人が結ばれるまでに至るくだりは素晴らしいですね。はがゆくて、せつなくて、何度読んでもドキドキするんですよね。
 個人的に宮木みたいなクールな人、大好きです。

 Hは軽めです。それからこの作品は女性(麻里絵)が割と重要な位置をしめているのですが、彼女も苦しみを抱えている人なので憎めません。というより、むしろこういうサバサバした女性は嫌味がなくて好きです。

2

何気ない日常で魅せるのがうまいな~

ここのところ館野作品にはまって読んでいるのだが、どれも共通して、ごく普通の身近な存在が特別な存在へ発展していくストーリーなのだが、
大きな事件もアクシデントもないんだけど、心を読ませる展開が本当にうまい!
それが切なさを含んだ表現だったりするので、よけい心を鷲掴みにしてキュンキュンさせるのですよね。
青春の甘酸っぱさのキュンキュンじゃなくて、大人のキュンなんです(上手くいえない)

手入れのされていない草が伸び放題の庭のある一軒家で独り暮らししている宮木の理由。
一度の過ちを、何もなかったようにふるまいながら、実は心の奥底にしまって封印していたけれど、それがたまらなく辛くなる阿倍。
BLに出てくる主人公に関わる女性は嫌な性格が多いけれど、ワケアリそうな大人な女性が出てきたことでスパイスになっていました。
熱い恋愛じゃないけど、深く静かにその気持ちがつながっていた、安堵感と温かさが伝わる作品でした。

もう一本は青春だったな♪
まるで「ウエストサイドストーリー」みたいな?(ちょっと大げさ表現)
対立する3年のグループの瀬尾と、2年のグループの深田は秘密の関係。
続き瀬尾のあたふたグルグルがおかしくて。
そして瀬尾の”目付の悪い輝いた目”に惚れた深田。
ノリは軽いけど、瀬尾のキャラが光ってました。

1

うさぎの放飼いはやめて下さい。

★4.8。素晴らしい。館野さんの作品は猫みたいな気まぐれな受に大人の男(攻)が振り回される話がわりとあって(ピースとか)、自分はこの手のストーリーはあまり好みじゃないんですが、この「長い間」は猫みたいな受《阿部》が攻《宮木》に(本腰の)女の気配を感じてアワアワしだす下りがすごく萌えてよかったです。主人公二人の思春期特有の不安定な気持の揺れ動きや恋愛の格好悪い部分などが「長い間」を通してとても繊細に描かれています。漫画(二次元)なのに映画、映像(三次元)のような「間」が表現されているようで独特な世界観に引きずりこまれます。まさに筆力のある作家さんの萌えツボ作品!

0

長い間レビュー。

漫画という形式をフルに使って切なさを表現するのが上手な作家さんだと思う。間とか、行間を読ませる感じとか、言葉よりも確実にキャラの心情を語ってくる表情とか仕草とか。

「製薬会社の営業マン×高校以来の親友」と「生意気高校生×対立グループの先輩」の2つの話が収録されています。

表題作は高校時代からの親友である宮木と阿部の話。 高校の時に一度だけ体の関係を持ってしまっていたが、十年以上経った現在まで、その話題に触れる事はなかった。
そんなある日、宮木から紹介したい女性がいると言われた阿部は動揺します。
宮木と彼女が気になって仕方ない阿部の行動は、宮木を混乱させた。

高校の時から長い間ずっと心をを掴んで離さない想いの行方はどうなるのかという話だった。
「宮木の『その位置』は彼女のものになる 俺は友達としてこれからもずっと」
…何気ない台詞や会話が結構じーんとした。本音100%はプライドがあるから言えない。でも気付いて欲しくてチラッと毒を入れる。
それって絶妙。

ただの友達じゃなくなったあの日から長い間に変わったモノ、そして変わらなかったモノや想いがあっさり続きとだけどじっくり表現されていて、読み返すと感動が増す。
長い間、気付いていたのに気付かないフリをしていたモノや、本当に気付けなかったモノに対して謝りながらキスするシーンがお気に入りです。ピュアだったよ…!

「僕と君とのこれからは」
3年不良のボス的存在・瀬尾とクールな2年深田のグループはお互い犬猿の仲。なのだが、実は2人は内緒で付き合っていた。ロミジュリ設定だけど、一昔前の不良漫画みたいなノリでギャグテイスト。想い合って強がって、結局ラブラブ思考。乙女な不良は面白かったです。

0

とにかく読んでほしい

日本人でなければ伝わらない 間(ま)を描くのがほんとにうまい!!!

阿部がなんで宮木の恋心をなんとなくにせよ悟っていたのかとか、
宮木が阿部への気持ちを握りつぶそうとするところとか
笑いながらいろんなことをごまかそとする阿部とか
日常では言葉でわざわざ伝えない気持ちの揺れ動きを言葉の説明でなく構成で持っていけるのは才能ですよね。

ほんとうにセンスあると思います。


そして私自身の元恋人との関係性を照らし合わせて読みました。
忘れられない恋人がいる人、読んでみてください。

1

レビューを書くのが難しい作品

高校時代に一度だけ関係を持った二人(同級生)が、
大人になって改めて恋愛関係になるまでが描かれています。
ありがちな設定なのですが、これが切なくて胸キュンで。

しかしいざ、萌えレビューを書こうと思ったら、筆が止まってしまいます。
最初から最後まで派手な展開はなく、淡々と進みます。
『恋は思案のほか』を読んだ時も思ったのですが。
この作者の作品は、行間を読んで楽しむのです。
何気ない日常生活を描いた一コマに、何とも言えない情感があるのです。
なので『ここが面白いんだよ!』と、上手く説明できません。
そこがもどかしくて仕方がないのが、また館野作品の魅力だと思います。

同時収録作品は、『長い間』と打って変わったラブコメ。
単純でアホで可愛いキャラ達が繰り広げるハチャメチャ恋物語は、
ノリがよくて最高です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ