天然媚薬100%の王様

tennen biyaku 100% no ousama

天然媚薬100%の王様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044400156

あらすじ

オレ、八神卓哉はある日、アークティアスという長髪美形にピンチを救われる。
どー見ても日本の風土にそぐわない派手なルックスをした傲慢キングのアークは、実はエスランドルという国の世継ぎの王子様で、オレの体の中にあるらしい『宝玉』の香りに欲情しちゃうトンデモナイ体質なんだって。
そんなバカな、と思ったのに、アークに触られると抵抗できなくて、とろとろに気持ちよくされちゃったオレは、初めてなのに感じまくってしまい…!?ふしぎ媚薬系ラブ・ストーリー。

表題作天然媚薬100%の王様

アークティアス,世継ぎの王子様
八神卓哉,日本の高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

不思議媚薬系ラブストーリー?

 八神卓哉はある夜、自分の意志とは関係なく、赤信号でふらふらと横断歩道を歩きだし、車にひかれそうになったところを、アークティアスという金髪の長髪美形に救われる。
 ところが、そのアークは、卓哉に「宝玉」を持っているだろうと、卓哉には理解のできない言いがかりをつけてきて、卓哉の後を追いかけてくる。
 どう見ても日本の風土にそぐわない派手なルックスをした、靴も自分で脱がない傲慢キングのアークは、実はエスランドルという国の世継ぎの王子様で、卓哉の体の中にあるらしい『宝玉』の香りに欲情しちゃうという体質なのだった。
 卓哉もさすがに半信半疑で、「そんなバカな」と思ったものの、アークに触られると抵抗できず、とろとろに気持ちよくされ、初めてなのに感じまくってしまい、その事実を受け入れざるを得なくなる。
 翌日、学校から帰ってきた卓哉にアークはどうやったのか、卓哉の隣の家に住みはじめ、卓哉にも同居するように勧めてくる。しかし、昨夜の二の舞になるのだけは勘弁してほしかった直人は、それを断固拒否する。
 ところが、たまたま卓哉と一緒にきていた交換留学生だというラスティが、アークと一緒に住むこと続きになり……
 おまけに、もう二度としないと誓っていたはずなのに、宝玉のせいなのか、何なのか……卓哉はアークと二度目のエッチをしてしまう。

 結局、エスランドルの闇王子と呼ばれた王子がきて、無理やり卓哉の心臓と同化している宝玉を取り出そうとしたところを、命をかけてアークが守って、そのアークが死にかけたところを、卓哉が宝玉に願って助けてもらう……という形でハッピーエンドになったんですが……。
 かなり、アークの王子様がっぷりが鼻についた小説でした。こんな人、嫌だ。
 国が違って、もともとの国の王子だから、とはいえ、言っていいことと、悪いこととあると思うんだよね。そもそも、王子にそんな傲慢を許してる国は、ろくな国じゃないと思わない事もないんだけど……

 珍しく、受けがボケてなくて、正確なツッコミをしていて。
 受けの言っていることが、全面的に正しい気のする小説でした。

 でもまぁ、教えてあげたらちょっとずつでも変わってくれるようなので、その点だけ、成長のなかったりする人よりは、ましかなぁ……と、思ってます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ