オーダーメイドの夜を貴方に

オーダーメイドの夜を貴方に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784044503048

あらすじ

尚紀の働く超高級イタリアブランドの上客である青年実業家・大道寺慶一は、全てを兼ね備えた震えるほどセクシーな色男。
そんな慶一から何故か指名を受けた尚紀は、二人きりの試着室で甘く口説かれてしまって…!?「嫌?ならなぜここをこんなにしているんだ…?」追いつめられて獰猛に唇を奪われた尚紀は、淫らな愛撫に翻弄され、身も心も捕われてしまう―。
けれど、そんな抱擁も慶一にはただの遊びなのではないかと、尚紀は心にブレーキをかけるのだが…。
罪作りな青年実業家×純情販売員の濃蜜アダルトラブ。

表題作オーダーメイドの夜を貴方に

上客の青年実業家 大道寺慶一
超高級イタリアブランドで働く 有本尚樹

評価・レビューする

レビュー投稿数2

プラスマイナス0

なんというか印象が薄いお話でした。
読んでて飽きるほど嫌ではないけれど心に残るほどではないといいますか・・・
文章は読みやすいと思うし、スーツの講釈だとかいろいろ勉強になるくらいしっかりしてます。
ただストーリーが何も問題なく流れるようにいろいろ解決してしまったので逆境シチュに萌える私には萌えが足りなかったのかな。

主人公は、スーツ職人の父を持ちいずれは自分もそのつもりでいたけれど父の早い死に、今は知り合いのつてで高級スーツ店の接客係をしている新人という立場。
対する攻め様は、その店での上客でセレブそのもの、男から見ても格好イイビジネスマン。
はじめから主人公に好意的なアプローチをしかけてきます。主人公もその気はなくても拒むほど嫌じゃなくて、濁濁と受け入れてしまいます。
親身になって悩みを聞いてくれる男に、ちょっと!悪い男だったらどうすんの?と思うくらい簡単に手籠めに・・いえ愛され、あれよあれよと気持ちが攻め様に向かっていきます。そのうち遊ばれているんじゃないかと不安になり・・・

ピンチと解決がめっちゃ早くてやや拍子抜けでした。
主人公にラブな攻め様のイマイチ続きわからなかった気持ちの打ち明け話もあったのですがそれで恋になるんかな~??と腑に落ちない点も。

スーツとかプラス要素もあるけどストーリーでマイナス、プラマイ0からくる判定です。




0

散りばめられた、お洒落のカケラ☆

メディテラネ周辺のお話・第2作目です。
凄腕・仕立て職人の父を亡くし、泣く泣く店を閉めた尚紀君は、
縁あって超高級メゾン「セレスチアル・カレス」に勤めています。
とてつもなく高級紳士服を扱うメゾンは、スタッフも一流なら、顧客もセレブ!
仕事のスキルを盗むべくはりきる彼を、とつぜん口説いてきたのは…
ダンディな青年実業家・大道寺慶一氏でした。
からかわれてるのかと思えば親切で…いつしか彼に魅かれていき、
ついでに、やっぱり…ちょっと一線を越えてしまって…!!!
「遊びじゃなければ、いいんだけどな…。」
遊びを覚悟して、不安ながらも、彼を本気で愛してしまいます。
ところがどうでしょう!!!
実は慶一氏のほうこそ、尚紀君の腕と人柄を、もうずっと前から愛していたのです。
そう、18歳の彼を…葉影のメロンでも見守るように、ずっとね☆
このお話、うわあああって思いましたよ!
ストーリーの甘さよりも、お洒落っぷりに舌を巻きます。
「淡い紺V字シャツの上に、一目で上質なものだとわかる裾のフラットな白いシャツ」とか…
「濃紺の上質なスーツに薄い青縞の入ったシャツ」なんて、続きナリの描写についワクワク☆
ところどころに散りばめた、お洒落の数々は、まるでファッション雑誌のコラムのよう!
いやはや登場人物達のセンスがまた一流です。
オーダーメイドのスーツを着こなす慶一氏、まだ30代ですよね!?
成功者特有のオーラで着こなすのか? 淡麗な容姿で着こなすのか? …それはさておき…
男性の30代ってのは、実に微妙な年齢です。(あらゆる意味で!)
上質なスーツが違和感なく冴えるのはこの年頃からですし、
安物を着たら、とことん安い男に見えるのもこの年齢です。
逆に…これくらいでダンディとセンスを身につけてしまえば、
それはもう一生モノの紳士が出来上がっちゃう…。
(メディテラネから登場した元モデル、崎谷瑛はこの典型的な例ですね。)
ホンモノを見出した慶一氏、彼はたぶん…生涯、紳士のままですよ、きっと。
ああでも…自動車の中で、あんな行為に及んではいけません!!!
紳士は…ああいうコトはしないものです、ねぇ、尚紀君?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ