恋人は不機嫌な絵本作家

koibito wa fukigen naehon sakka

恋人は不機嫌な絵本作家
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
14
評価数
6件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862631268

あらすじ

瀟洒な住宅地に建つ萩森邸に、家政婦として派遣された淑真。彼を出迎えたのは、一分の隙もない服装に恐ろしく不機嫌そうな顔をした主の延行だった。印象に残るような端正な容貌を持ちながら、無愛想で威圧的な延行の雰囲気に圧倒されていた淑真だったが、不器用そうな彼の視線に出会うたびに、熱く疼く気持ちを抱いてしまい!?
書き下ろしには傲慢小説家&クールビューティー編集などが続々登場!!
遠野春日の熱愛エグゼクティブラブ。

表題作恋人は不機嫌な絵本作家

萩森延行 27歳 絵本作家
市木淑真 25歳 家政婦その後クッキングスクールの事務

その他の収録作品

  • 絵本作家の嫉妬
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

不機嫌というより無口で無愛想だけど一途な恋愛初心者

ちょっと思い立って再読しました。
多分初回と評価は変わっていないと思います。

兄弟ものは萌えないので敬遠するジャンルなのですが、イラストが好みだったのと家政婦ものは好きなので読みたくなりました。
家政婦とセットというと物書きって多いですね。
『小説家は懺悔する』とか『きみと手をつないで』とか『家政婦は豹変する』みたいな。
今回は絵本作家です。
整理整頓や掃除のできない義兄を見かねて家政婦協会に派遣依頼した義弟。しかし、来た家政婦が義兄のタイプドンピシャだったから慌てて交代を言い出すが、一目で気に入ってしまった萩森は交代はせず日々どんどん親しくなっていくわけです。
もちろん淑真も、萩森が気になる相手になり、何もなければもうすぐくっついてしまいそう。
義弟が仲を裂こうと義兄とはラブラブなんだから邪魔しないでねと、やめて欲しいと要求された淑真はあっさり身を引こうとしますが、小細工はすぐばれて追いかける萩森、受け入れる淑真、という感じで大した混乱もすれ違いも葛藤もなくまとまります。

私の好みを言えば、血の繋がらない義兄弟でも、来るものは拒まずの萩森が義弟が強引だった続きとしても寝てるというのはちょっといやな設定でした。義弟の一方的な片思いか最後まではしていない微妙な関係くらいにとどめておいてくれないと、後からあっさりと恋愛感情を諦め兄弟として淑真を含めて仲良くするっていうのも変な感じでした。
淑真に告白する時、「体だけの関係だったけど、もう清算したから」という軽い言い訳で済ませてしまうし。
本全体の半分で、出会ってちょっとした障害があって解決してうまくいってカップル出来上がりなので、あっさりめです。
できれば一冊丸ごと使ってくっつきそうでくっつかないとか、焦れ焦れさせて欲しかったです。
それか、後半の初めての旅行編で出てきた萩森の作家仲間と担当編集の別カップルの話をメインにして欲しかったです。モテモテで要領のいい売れっ子作家が思い人のツンデレな年上編集者に対してだけは不器用で子供っぽくジタバタしているところが面白そうです。

0

山も谷もなく・・・

遠野さん、これ含め数冊しか拝読していないんですがどれも合いませんでした。
こちらもまったく好みではないですが、キライと言うほどのインパクトもなかったというのか・・・

なんともあっさりし過ぎで、さら~っと読めてあっという間に終わっちゃった感じです。で、読後に何も残らない。

と言いますか、読みながら何の引っ掛かりも(良くも悪くも)なかったんです。粘着質そうなお邪魔キャラクターの義弟でさえラストあっさり引いてしまう(個人的好みから言えばそれが悪いわけではないんですけどね)。

延行(攻)はタイトルにある『不機嫌』というよりも『無愛想』というか『無感動』というか・・・感情の振り幅が狭すぎる感じ。

淑真(受)は明るく元気で前向きなキャラクター。
あとがきで言われていたのでは本来の遠野さんの持ち味とはひと味違うようですね。私はそれがわかるほどこの作家さんを読み込んでないんですが。

結構有名な作家さんなので期待しすぎたのか、たまたま私の読んだ作品がすべて(数少ない?)ハズレだっただけなのか。いやでも、個人的に遠野さんの人気作にはどれもまったく興味ないんです続きけどね。

数冊読んで『どうしてもダメ!』な作品に当たった時点で、それっきり遠野さんは『読まない作家さん』になってしまったので不明のままです。

ラブストーリーとしては読み応えのカケラもなかったんですが、だからと言ってすごくつまらない・くだらないとも思わないんです。
う~ん、ひとことで言えばなんとも物足りない作品でした。

あえて言うならイラストはよかったです。

1

真っ直ぐな、屈託のない可愛い受様が新鮮‼

遠野先生の作品にしては、珍しいタイプの受けキャラだったなあと印象深く残っていて、何故か本の整理中、目に止まってしまいついつい読み返してしまいました(笑)

俺様&節操なしな小説家攻×健気&素直な家政婦受のほのぼのとしたお話です。
攻め様は不機嫌というよりは、口数も少く、無愛想で威圧的な気難しいタイプ。弟さんとも体の関係をもっているという節操なさには、本当に絵本作家なの?という印象でした。
反対に受け様は、健気さはあるものの、弟さんに苛められてもきちんと言い返せる、前向きで明るい性格だったので読んでいて気持ちが良かったです。遠野先生には珍しい、真っ直ぐな屈託のない可愛いキャラが新鮮で萌を感じました。

若干のすれ違いや過去のトラウマを抱えているものの、ほのぼのとした読みやすいお話でした。どうしようもなかった攻め様が、真っ直ぐな受け様を本気で好きになった事で性格も少しずつ変化が出て来て、仕事面でもトラウマを克服出来つつある…という感じでした。受け様限定かもしれなくても、受け様のお陰で変わっていく攻め様というのも良かったです。ベタ惚れ過ぎて、最後は嫉妬心むき出しなのは呆れましたけ続きどね。
受け攻め視点で感情が描かれているのも分かり易くて良かったです。読んでいて、攻め様のタイプは好感が持てなかったんですけど、感情が描かれている事で不器用さも伝わってきて、受け様を好きになる戸惑いや独占欲的な感情も反対に可愛らしく伝わってきました。受け様のキャラがだいぶカバーしてくれていると思いますけどね。やや注目の脇役も登場するのもポイントです。

イラストの効果もあって、ほのぼの優しいお話になっています。物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、私は、素直で前向きな明るい受け様は、読んでいる人も元気な気持ちにさせてくれるので結構好きでした。
評価に迷う所ではありますが、遠野先生には珍しい設定のお話だったのと、数年前に読んだ作品にも関わらず印象深く覚えていた事、読み返しても、キャラの新鮮さは萌ポイント大で楽しく読めたので、萌え×2にさせて頂きました。気になる方にはオススメします。

1

ハスキーパーと汚部屋

汚部屋モノと勝手に名付けてるんですが、美形だったり能力がある人なのに平気で汚部屋に住んでいる人物と、それを片付ける人物との出会いモノ。

今回の汚部屋持ち主は延行[攻]、そこへハウスキーパーとして派遣されてきたのが淑真[受]
尤も延行自身が依頼したのではなく、延行の義弟が手配したのですが。
淑真はその汚部屋っぷりに呆れるも、掃除洗濯料理の大好きな彼はそのお部屋に取り組み、3時間で何とかリビングをまともな状態にします。
延行は汚部屋住まいですが、汚部屋主としては割に常識的な感覚の持ち主でその才能を内心素直に認めます。
しかしそこへやってきたのが本来の依頼主の義弟、彼は強烈なブラコン&兄とセックスありの関係。
延行自身は正直もう突き放したいと考えているのですがずるずる彼等の関係は続いています。
その義弟が、ハウスキーパー=オバちゃんが来ると思っていたのに青年の淑真が派遣されてきた事に怒りまくり。
延行の一言で、何とか淑真はそのままそこでの仕事を続ける事になりますがその後も義弟は小姑のごとくに現れてはネチネチ皮肉を言いまくります。

延行宅で一冊の絵本を見付けて「この絵続き本大好きなんです」と告げる淑真。
実はその絵本を描いているのは他ならぬ延行。
自分の作品を好きと言われて悪い気もしないし、そして淑真の態度や働きっぷりが気に入って、週の契約日数を増やします。
淑真はただ大人しいだけではなく、延行に五月蠅く脱ぎっぱなしにしないだの注文を付けるのですがそれさえも延行には気にならない。

ネチネチやっていた義弟でしたが、ついに淑真を呼び出して自分と義兄はデキているからもう仕事を辞めて欲しいと告げ、そして淑真はそれを承諾します。
適当な言い訳をして淑真はハウスキーパーを辞めると告げて出て行くんですが、それでも延行は追い掛けて来てくれるのですなー。
小姑の義弟はウザったく見えて引き際は踏まえた男でした。

「絵本作家の嫉妬」
既に恋人同士となった彼等が出版パーティに一緒に行き、淑真が他作家と仲良くして嫉妬するという流れなんですが、これ本筋は別の所にあるんですよね。
もうちょっと勘違いネタを引っ張るか、いっそ編集者視点からの話にしちゃった方が読みやすかったかも。

0

かわいいお話

カラッと明るくて可愛い受け。
今まで読んだことのある遠野春日さんの作品から考えると、かなり珍しい受けだなァと思いながら読んでたんですが、あとがきでご本人もそれに言及していました。
こういう受け、好きです。女王様受けが一番好きだけど、前向きで明るくて可愛い受けは、その次ぐらいに好き。気持ちよくなれちゃう。

対する攻めは、気難しい変人でした。
絵本作家をしてて、金持ちでイケメンなんだけど、情緒にかなりの欠陥があって、義理の弟となんの屈託もなく寝られる性格。
そんな彼が、家政婦として通ってくるきらきら明るい太陽のような受けと接しているうちに、はじめて「心が動く」という経験をすることになる。

ありがちといえばありがちな展開ですが、遠野さんの描写の仕方が上手いので、キューンとなりながら読むことができました。

続編の『絵本作家の嫉妬』はちょっと微妙だったかな。
萌えポイントであるはずの攻めの嫉妬になぜか萌えられなかった。
いっそ朋彦か直胤を主役にしたほうが良かったんじゃないかなと思いました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ