スーパー秘書に休息はない

スーパー秘書に休息はない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784877245757

あらすじ

「社長、さっそくお身体のケアに入りましょう」クールで完璧な秘書・神谷が就任して、橘博之の人生は一変した―父の跡を継ぎ、橘グループ二代目社長となった博之は、神谷にお飾りのバカ社長と叱咤され、教養や経営術を教育されるキュークツな毎日。
ついボヤくと欲求不満が理由の職務放棄と判断した神谷に、熟練テクで下半身の世話までされてしまう。
「感じるあなたは、大変淫らで可愛らしい」屈辱的なはずなのに、身体は神谷の愛撫を貪欲に求めていて…?秘書×若社長の究極下剋上ラブ。

表題作スーパー秘書に休息はない

神谷隆一/何でもこなすスーパー秘書
橘博之/お飾り社長と揶揄されている 根は素直

評価・レビューする

レビュー投稿数3

マイフェアレディ

ダメダメな社長の為に新しく付けられた秘書が、社長を成長させ、最終的には公私ともにお世話するという王道です。
若社長のダメっぷりとか実は副社長が会社乗っ取りを考えてるとか定番です。
若社長が必死に頑張ってる姿とか、たまに優しくなり最後には独占欲が強くなる秘書とかには萌えました!
でもその秘書のスーパーっぷりをあらわすため?なのか軍経験があるとか暴力団幹部と友人とか会社をいくつも経営とか詰め込みすぎな感じだし、せっかく社長成長したのにその成長っぷりがあんまり描かれてなかったり、そもそものその社長への恩返しっていうエピソードがイマイチだったりと…なんだか最後がスッキリしなくて、途中までは好みの展開だったのにちょっと残念でした。

0

愛すべきバカ社長

ジャケ買い+ちょっぴり下剋上目当てで買いました。
相変わらず小山田あみさんの挿絵は美しいですww
口絵といい、ラストのオールバックが崩れた神谷の色気といい...
挿絵効果は絶大なものの、おバカ社長(橘博之)のかわいさと
ドSな秘書の下剋上ストーリーはなかなかに楽しかったです♪

真面目な顔して、もっともらしく言い放つセリフが
「下半身をコントロールするのは私の役目です」なんだから笑えるww
おまけに、丁寧語の言葉攻で大人のおもちゃまで使い出す!
そして、おバカな遊び人の社長は、そんなドS秘書のテクに
トロトロにとかされるわけでww
でも、メンテナンスと言う名目で性欲だけを満たされることに
寂しさを感じ始める博之...

そんな時、無能なまま社長に祭り上げられた博之の元上司(藤本)が、
社長である自分の意見を無視したまま左遷されたことを知る。
その裏には博之の叔父が関わっていたことも...
神谷のおかげで少なからず成長したことを自覚した博之は
彼を頼りきるものの、女性関係やヤクザとのつながりをひた隠しに
する神谷に不信感を募らせる。
さらに追い討ち続きをかけるように、叔父からの神谷に関する情報が
裏切りを決定づけることに。
そうして叔父に誘われるまま待ち合わせの場所に行き、
拉致されてしまう博之ですが...

ストーリー的にはありきたりと言えばありきたりな感じで、
叔父の悪巧みも見え見えなんですが、おバカでオレ様な社長と
ストイックななりして変態ドSな秘書の関係が結構ツボでした。
特に神谷のセリフ回しがアホ面白くてニヤニヤできますww

0

王道に萌えたのですが…

神谷隆一(何でもこなすスーパー秘書)×橘博之(お飾り社長と揶揄されている 根は素直)

社長である父が病気により長期療養を余儀なくされ、急遽社長に就任させられてしまう博之ですが、だらけた勤務態度でお飾り社長と揶揄されます。そんな博之の態度に危機感を持った父の依頼により、何でもこなすスーパー秘書・神谷が入社し博之を徹底的に教育し直します。

何でもこなす+丁寧な言葉使い+容赦なく厳しい+眼鏡=スーパー秘書という神谷のキャラ設定は、王道ながらなかなか萌えを感じるものがあり、一見ダメ社長だけど根は素直(単純ともいう)という博之とはいいカップルだったと思います。

キャラと同様、博之を教育していく(下半身のメンテ付き)というストーリについても王道で、博之の成長する様子だったり、会社の幹部たちが博之を利用して会社を乗っ取ろうとする動きだったり、神谷が博之に対して恩を感じるきっかけの出来事だったりと、色々アクセントになりそうな出来事はあるのですが、引き込まれる程のエピソードではなかったです。ただでさえ王道ということで意外性を見込めない中で、細かいところに面白さを感じることができなかった続きのが残念でしたし、ちょっと痛かったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ