君の顔に射す影

君の顔に射す影
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
57
評価数
16件
平均
3.8 / 5
神率
37.5%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ビーボーイコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784835217987

あらすじ

「好きなんだ…友達と…してじゃなくて」 三和の告白の後も、加藤は親友として振る舞おうとする。やわらかな否定…。オレの気持ちは変わらない…だけど達成できない恋なら、手放したほうがいいの…? そこへ三和を好きだという保科が現れ──。(裏表紙より)

表題作君の顔に射す影

加藤,高校生/保科,高校生
三和(みわ),高校生

同時収録作品僕らは同じ空の下

兼田徹男,大学1年生
水沢晶,大学1年生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

保科君の方が好きでした

表題作シリーズと95年に雑誌に掲載された短編が収録されています。
同時収録の「僕らは同じ空の下」は表題作と比べてもかなり前の作品なので、絵柄にもかなりの違いが見られます。
私は表題作シリーズの絵柄の方が好きでした。

表題作シリーズのメインキャラは高校生3人なんですが、なんとも切ない三角関係ものでした。
この3人の中では保科君が一番好きでした。
三和君に片思いしていて、なんとしてでも手に入れようと攻めてくる攻め様は健気で男らしいと思いました。
それに比べ加藤君は出番が少なめで、いま一つ私には魅力が分からなかったのが残念。
三和君が加藤君のどこに惹かれたのかがもう少し描かれてたら、加藤君も好きになれたのかな?と思います。
この作品ではただただ保科君の必死さと、ライバルでもありながら友人の加藤君にフェアに対峙している彼の男前さが私には際立って見えました。

0

保科君を幸せにしてあげて!

高校生同士の、不器用なラブストーリーです。ハッピーエンド好きとしては、この結末に胸が痛かったです。

登場人物は、加藤が好きで告白する三和と、三和を加藤から紹介される保科の3人です(と言っても3Pではありません)
この加藤が、あまり好きになれませんでした。三和が好きなのに、臆病になって保科に紹介して、三和が遠くに行こうとすると無理やり襲って。
三和も、保科の優しさにすがって、最後には加藤を選ぶし…。

もう、ただただ保科が可哀想でした(諦めずにグイグイ行って!と、渇を入れたくなった時もあったけど)思いっきり、保科に感情移入していたので、モヤモヤして読み終わりました。どこかで幸せになってる保科が見たいです。

3

めちゃくちゃな傑作です。

人格の造形、細部の心理のリアリティ、ドラマの展開などが素晴らしい。一般の漫画と比べても、群を抜いている。

この作品が取り上げているような、ホモセクシャルの屈折した、切ない心理を描かずに、BLを描いている人は、バカだと思う。普通に異性愛を描いていればいい。

1

3角関係?

保科は保科なりに、真剣に美和ちゃんが好きだったんだよなと思うのです。
というか、結局当て馬よろしくされてしまったのだけれど
健気な保科にキュン(ノД`)・゜・。
保科の続編である「長い間~」を先に読んでしまっていたので、あ~こういうことね。と思って読んだのが最初です。
どっちかっていうと、保科くん、タチよりネコのほうが似合うと思う。というか、タチ専門だった子がネコに強引にチェンジされるって設定が萌えw

おいといて

ちょっと病んでますが、最終的にはハッピーエンド。
いつかどこかで、保科とここのカップルと。
幸せ和解~な甘めのお話読めたらいいなと思う読後でした。

>>僕らは同じ~
ノンケ、ド☆ノンケな攻が、オカマちゃんに惚れて~なお話。
まぁ、可愛らしくて良いw大きいオカマちゃんもカレシできてハッピーなせんちめんたるラブ。このくらいが素直に見られていいと思う

1

野火さんらしい

「センチメント~」からずっとファンだった野火さんのBL。
切なくて重くて考えさせられる、野火さんらしい本だと思います。

1

保科くん…!

これは神作品だと思います。

三和くん・加藤くん・保科くんの三角関係のお話でした。
保科くん、かっこいいです。でも当て馬。そして報われない…。切ないです。

保科くんが幸せになれるお話が読みたいです!!!

3

報われない当て馬が大好きな方にオススメ

とてつもなくキュンキュンする場面と、微妙な気分になってしまう場面の両方がありましたが、全体的には良作。
誰も悪くない。ただ真っ直ぐな気持ちが歪みを生む。三角関係の切なさが余すとこなく詰め込まれた作品でした。
絵は繊細でキレイで、心情描写も細やかです。
微妙な気持ちになるのは「いくらなんでも弱すぎやろ」って場面が多かったとこ。
恋に悩むことなんて誰にでもあるわけだけど、あれで精神のバランス崩してクルクルパーになって目が見えなくなるとか、いくらなんでも弱い…。

とにかく保科が可哀想でした。
こういう話の場合、どうしても報われず当て馬になってしまった男に感情移入してしまうもんだけどさ。
ああ…保科…あんたはいい男だよ。
てゆか読んだ人みんな保科のために心を痛めると思う。
報われない当て馬が大好物って方にオススメです。

2

むん………

初めて野火先生の作品を読みました。すみませんっ(:_;)今のところは中立です。いつか読み返したら考えが変わるかもしれません…。すみません( ..)
 

 主人公の三和は思い切ってずっと親友だった加藤に告白をした。結果、三和は振られてしまう。ところが、その後に加藤は保科を三和に紹介する。お前と同じ「ゲイ」だと言って…。
 三和は加藤の行動に傷つき、怒ったが、やはり加藤を好きでいることを止められない。一方、保科は初めは軽い気持ちだったが、次第に三和を本気で大切にしたいと思うようになる。

その後三和は加藤と離れ、保科と体だけの関係が続くようになる。


 ひっそりと加藤を好きでいることを止められず、次第に保科を傷つけていく三和。加藤を想って傷ついた三和を必死に慰め、すっかり三和の虜になってしまい、三和の言いなりな保科。本当は三和のその視線に気づいていて、たまに見つめ返したり、また三和が保科と肉体関係になっているかが気になる加藤。


 図書館でのことをきっかけにだんだんと歪んでいく3人。三和は理想の加藤を求めすぎていたために加藤を傷つけ、それに気づいていた三和は保続き科に抱かれることで自分自身を痛めつけようとする。三和を大切にしたくてセックスが出来なくなってしまう(勃たなくなってしまう)保科。欲望のかたまりを押し込めようとして、心の耳と目を閉じてしまった加藤。

 そこで保科が優しく三和を後押し。
勇気をもらった三和は加藤に会いに行き、加藤は閉じていた心を開き、めでたく結ばれる。
しかも保科が後押しした理由は「加藤は俺がゲイだとわかっても友達でいてくれたから」


 三角関係は私の大好物なんですが、感情移入する相手を間違えたのかもしれません。表紙に騙されましたぁぁぁ(笑)だってあれほぼ三和と保科の2ショットのようなもんじゃん!(笑)保科の当て馬っぷりが辛すぎました…。

 それに加藤の表情の変化読みにくかったです。早い段階でそれらしきことを言ってるんですが、最後まで読まないとなかなか理解できませんでした。
 
 小説だったら加藤のことよく読みこめたかもしれない…(>_<)


 でも加藤に感情移入して読み返すと、かなり加藤は切ないなぁと思ったり…。第一印象が悪かったから感情移入できなかったけど理由知れば…切ないです。

 でもっ!三和ちゃんそれはないんじゃないの!?そんな簡単に保科を捨てて、笑顔で加藤と結ばれてラストシーンなんて、ちょっと酷すぎです(>_<)
 まぁ高校生らしいといえばらしいんですがね…(゜o゜)そういう意味での作品なら、完璧なのかもしれません!

 いつかまた読み返すことがあったら…また…($・・)/~~~

2

弱さや狡さが切ない

「友達としてじゃなく好きだ」と、加藤に告げた三和。
告白された後も友達として振舞おうとする加藤。
三和の気持ちを知っていながら、彼に踏み込んでいく保科。
三人の関係が軸になって、ストーリーが展開していきます。

相手を傷つけ、自分も傷つき、戸惑いながら恋をしている
それぞれのキャラの弱さや狡さ、臆病さが、
繊細に描かれていると思いました。
恋愛って綺麗な感情だけじゃないんですよね。
お互いに落とした「影」が、切なかったです。

2

取捨選択

二人の攻の内どちらかを選ばなければ
いけない受…彼が女王様な性格であれば
物語は明るく展開するのでしょうが、そこは
野火さんの作品らしく、三者三様に苦悶して
話が展開します。
野火ノビタ風のBLを味わってみるのも良い
やも知れません。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ