• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ビタープレイメイト 2

葛城宝、高2、幼馴染で恋人
山崎楽、高2、幼馴染で恋人

あらすじ

溺愛彼氏×クーデレ淫靡の“性春”はじける【恋人編】

子供の頃からの片想い&すれ違いのセフレ期を経て、
幼馴染のタカラと恋人になったガク。

「彼氏のタカラ」はあいも変わらずエロいことが大好きで想像していたよりもずっと甘え上手。
それから…思っていた何倍も格好いいから困る…。

心も身体も火照りがとまらない二人はついつい人目も気にせず、くっつき虫状態に。
そんなある日、校内でこっそりキスしていたのを同級生の女子・サクラに見られてしまって――?

初めて二人で過ごすお泊り温泉編&年越し姫はじめ編も収録!

作品情報

作品名
ビタープレイメイト 2
著者
西本ろう 
媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784396785826
4.2

(121)

(61)

萌々

(39)

(18)

中立

(2)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
16
得点
517
評価数
121
平均
4.2 / 5
神率
50.4%

レビュー投稿数16

ビターじゃなくなった2人=尊&尊

シーモア先行配信で我慢できずに拝読。
表紙が最高…。至高でございます…。

全コマ、とにかく、「美」!!!
美の祭典。フェスティバル。カーニバル。
ぐっちゃぐちゃのエッシーンも美。
どアップのタカラとガクも美。

ワタシ、西本先生の絵柄がものすごく異常に好き。
人生でこんな理想の男子を描いてくださる
作家先生に出会えると思ってなかった。
生きてみるもんですね。ありがとうございます。

と、絵柄が死ぬほど好きは置いておいて
神なのは、絵柄だけじゃないんですよもちろん…!
以下ネタバレありになります。すみません。

今回は恋人になった2人編。
この2人は、育った背景も家族関係もめちゃくちゃ良好、
学校でも理解ある友達が多いので、
2人の関係に対しての外からの雑音が少ない分、
それぞれの成長、内面について、かなりフォーカスされていたと思います。

ガクについてはこの後触れますが、
とにかくタカラの成長が!!!すごいんですよ!!!
振り回すほうではなくて、理解しようとしてる!
さらに忍耐覚えた?!包容力出てきた?!
まってこれはスパダリの未来しか見えない…!
「あの」(失礼!)タカラが…!!!メロ…い…
恋人になってからの、タカラがガクを思う言葉にいちいち感動して、
リアルに拍手しながら読んでました笑(不審すぎる~笑)

ガクはもともとゲイを自認しているので、
ノンケのタカラの気持ちの揺らぎをやっぱり心配していて。
女の子のほうがいいのかな。と、
いつも頭のどこかで考えているんですよね。
これは女々しいとかでなく、
ゲイ→ノンケの恋愛としたらすごく理解できる。

ガクの心の動きに関連するエピソードでは、
昔からの知り合いで、少し変わった存在のJK委員長が登場するのですが、
モブ扱いではなく、彼女もすごく魅力的に「かっこよく」描かれています。

そして!!!そんなガクの不安もスパダリ予備軍のタカラが
最終的には「性別なんか関係ない、ガクじゃないとダメ」と
ハッキリと一刀両断してくれるんですよ…!!!涙
よかったねガクーーー!!!タカラ、イイ男になってるー!!!

こうして、ワタシの神評価基準のひとつである、
「性別関係なく一緒にいるべき相手であると
本人たちも(読者も)バチバチに納得している(できる)」を
見事に満たしてくれました…。
読んでいてこんな幸せが訪れるとは笑
ありがとうございます(100回目↑くらいの感謝)

2人の気持ちがビシっとハマったクライマックス
(と勝手に思っている)の後は
糖度の限界を超え尊いそして尊いしかない温泉旅行、年越しと、
とにかく全コマがあまりに尊いため笑
事切れないように注意しながら読み進めました笑

そして最後…先生からの新たな刺客
(超絶美形外国人たぶんイギリス人男子)が登場…!!!
こりゃたいへんだー!!!
2巻、25日発売を前に、3巻が気になっちゃう…!

なんかもう、本当に、ありがとうございます(何回目…)

想いが重すぎて長くてすみません!読んでくださって感謝です。

6

おへそはね、修正不要ですもんね?!( *´艸`)フフフ~♡

大好きな2人が帰って来た‼&まだ続くんですって♡
あまあま具合が上昇しておりますよ⤴⤴⤴
あらあら…タカラもガクも甘えてくるじゃん♡♡ .゚(→ε←*)゚ .゚♡♡
そんな始まりにウキウキでページを進みます♪

人気のない旧校舎の空き教室で仲直りのキス10回
もぉこのシチュエーションがエモい!!…好き♡

と、にんまり私の萌えタイムを突如奪う人影参上…・・・(ㆀ˘・з・˘)BooBoo⤵⤵⤵
今回この突如登場した新キャラ女子がグイグイ2人に絡みます
彼女の名前は水嶋サクラちゃん、通称委員長と呼ばれる所謂融通の利かない堅物優等生タイプ(かと思いきやそれだけじゃなないみたい?!)

このサクラちゃん、実はガクがモデルをしていた時の同じモデル仲間
そんな素振りが1㎜も学校では見えないのがユニークな立ち位置とキャラです

2巻はお付き合いし始めた2人の仲がどれ程深く結ばれているのか?という幼馴染みCPだからこその強い絆と付き合いたての初々しさの両方をしっかり魅せてくれる内容となっていると思います

普通なら嫉妬になりそうな感情も、お互いのたくさんの表情を知っているからこそ、そして回り道した分慮れる仲になって付き合ったからこそ「相手への信頼」という心の余裕で乗り越えられちゃう
こういう関係性が納得できるのが「幼馴染みCP」の強み♡
いいですよね、好きだなやっぱり幼馴染CP

で、サクラちゃんですが、、、
まぁ彼女の行動のお陰でタカラとガクの絆を見る事が出来たのでそこは、うん、良きお仕事をしてくれた…!とは思います
ただ、、、ちょっとだいぶ強引なGoing my way感は強くて。。。
君のお家事情は正直知らんがな、、、と思ってしまいました。。。(冷たくてゴメン…)
彼女のキャラ自体の魅力を感じ切る前に結構仕掛けて来る感じがそこまで好みではなかったかなぁ~。。。とは思いました

でも、そんなサクラちゃんのお陰でカッコいい2人が見れたのはやっぱり良かった!特に「嫉妬とエゴ」という自覚を口に出来る潔さって、懐の深さだよなぁ~と感じさせてくれるタカラは男前だな♡と萌えたし、そんなタカラの大きさに甘えたくなっちゃうガクにまたまた萌えちゃいました(ღ˘͈︶˘͈ღ)

そして最後に謎の人物が登場して3巻に続く…!
なんかめっちゃ気になりますやん…!

あと、あとがきが結構内容ギッシリ♪
先生が結構作品への想いを綴って下さっているのが嬉しかったです
最初本編を読み終わった時は萌2かなぁ~なんてちょっと思ったんです(サクラちゃんと終わり方のもやっと感があったので…)が、2回目読み直してあとがきまで読んだらやっぱりすごくこの2人好きだし、3巻も楽しみに思えてならなかったので評価は神にしました!!

エロは1巻に比べるとだいぶ回数的には抑えめですが濃厚さはバッチリ!
そして何よりも「へソックス」ですよね٩(♡ε♡ )۶ 
おへそがね「ぱくっ」と「むにっ」としたとしてもそれはあくまでも「おへその穴」なのでね…???修正は不要なんですよね~|艸ω<)ㄘラッ♡…と、いう先生のチャレンジングというかサービス精神というかをしっかりと受け取りました♡
素晴らしくエロかったです////
ありがとうございました♡


修正|薄~いグレートンでのカジュアルオチソとでも言いましょうか?棒線修正無しの簡易系tnkさんでした(シーモア)

5

圧倒的画力

私の中でとても上手い作家さまが何人かいらっしゃるのですが、その中でも西本ろう先生は群を抜いていらっしゃると思っています。ただ綺麗なだけじゃないです。

1巻でセフレから両思いになった2人ですが、学校という狭い枠の中でお互いの気持ちに寄り添うように関係を深めて行く様子が良かったです。

ですがおばちゃんは心配性なので誰かに見つかって、その誰かが悪意を持っていたらと読んでて気が気じゃありませんでした。

でも蓋を開けてみれば決して悪意はなくて、むしろ今後は2人の味方になってくれるような気配を感じて安心しました。

2人の顔の良さはもちろんですけど、瑞々しい表情にとても引きつけられました。
前巻から何かとkeyになってるピアスですが、最後に登場した人物を見ると波乱の予感がするんです。

楽の気持ちは心配なんかしてませんが、絶対に宝が嫉妬する案件だろうと思ってしまうわけです。
どういった人物か想像は付くのですが、彼が宝を見た感想が凄く知りたくてワクワクしてます。

4

神よりも上の評価がほしいほど最高!

大大大好きなビタープレイメイト…待ちに待った2巻が発売されて心から幸せです!!連載追っていたのでストーリーは全て読んでいましたが1冊になるとより宝物感が増して最高でした!タカラとガクが恋人になって、タカラの独占欲がパワーアップしていて溺愛攻め好きの私にとってこの上ない喜び…そして愛されてほにゃほにゃに可愛くなるガク!!!でもそんなガクのかっこいいシーンもたくさん織り込まれてるので、そこにさらに心を鷲掴みにされます。大好きな侑弦も毎話登場してくれたり、吹き出しにミニキャラ添えてくださったり、龍様がサプライズでコマにいたり西本ろう先生の隅々まで楽しめる漫画作りがたまらなく刺さります。そしてラストの超絶イケメンは!!!!!!また一波乱ありそうでドキドキです。

3

恋をしている男の子がキラキラしております

え…???表紙、キラキラし過ぎでは???と一瞬怯みましたw
西本先生のイラスト、画力、とても好きです
熱量を感じるようなどことなくしっとりした感じが印象的でしたが、今回の表紙はしっとりというより完全にキラキラ…!!!

でも納得!
もう序盤から伝わる2人が恋をしてるんだなっていうのが…♡
恋をしてる人は隠し切れないキラキラを纏っちゃうんですよね
タカラもガクもとってもお互いを見つめる目が優しいのです
なんか、もうこの冒頭を見れただけでも続刊ありがとう~という気持ちが溢れます


そしてお話し的には前回は少し箱庭感のあった2人ですが今回は新キャラも加わり学園感も増します
新キャラは登場当初はそんなに好きじゃなかったけどきっとカッコいい女の子を彼らの近くに居させたかったのかな?と思ったので今後の絡みを見守りたいと思います

それにしてもガクのちびっ子時代のかわいい事!!
モデルの撮影場所にタカラがガクを迎えに行った時に”テテテテ”と駆け寄ってくのとかも可愛かったしタカラがさくらちゃんからガクを離したかったのか?ぎゅっと抱いているのも可愛かったな~
あの回想シーン、すごく好きでした

ひと悶着あった後はガクのお誕生日での小旅行~
初めての2人旅
乱れる浴衣、ありがとう!

年越しはこたつえっち、、、
またまたありがとう!!

と止まらぬニマニマでクライマックスで「え???」「ダレ・・・?」という終わり方…!!!
ガク側の人物っぽいからガクにピアスを開けた人なのかなぁ~~~??
気になるなぁ
早く3巻読みたいです(´▽`*)!!

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP