キング&プリンス

king and prince

キング&プリンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
51
評価数
16件
平均
3.3 / 5
神率
6.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862633798

あらすじ

「プリンス」と呼ばれるアゲアゲの俺なのに、実は童貞だとバレてしまった! しかも涼しい顔して一枚上を行く超モテ男・「キング」に・・・!!
キャンパスのツートップバトル勃発?! ヤリチンの意外と純愛
表題作に、リブレ未発表作「友達がいのない奴め」72Pも収録、遠慮容赦ない同級生愛がい~っぱい 描きおろし10P付き!

表題作キング&プリンス

杉本隼人(通称:キング) / 大学生
村主敦(通称:プリンス) / 大学生

同時収録作品友達がいのない奴め! 第一話・第二話

滝川亮伺 高校生
相澤結真 高校生

その他の収録作品

  • キング&プリンス 前編
  • キング&プリンス 後編
  • …その後
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

メロメロさとプライドの高さ加減がツボ

藤崎さんの作品は、ストーリー的には王道でハッピーエンドになる作品が多いので、安心して読めるのが多いのですが、逆に言えばよく似たお話が多いのに、なぜ飽きないんだろう…。
表題作カップルについては、雑誌掲載で読んだ時から好きな作品です。
この作品は圧倒的に強い攻め様と、世間の目から見れば攻め様に劣る受け様のお話です。
攻め様が受け様に惚れつつも、そのクールな外見の下に上手く隠していて、受け様には決して悟られないという流れと、惚れた者の弱みで受け様に尽くすのですが、プライドは保ったまま決して下僕にはならない、という構図が私は好きなんだと思います。
強い男が愛する者に尽くすのはいつ見ても萌えますね~。この作品もそういう意味で大好きです。
受け様はちょっと鈍感で天然とまではいかなくても、ちょっとそれっぽいのを感じます。

同時収録の「友達がいのない奴め!」は2003年に雑誌に掲載されたものなので絵柄は少し古いですが、高校生同士の可愛い作品でした。

0

どっちもイケメン

幼なじみでどっちもイケメンというストーリー。
攻め×攻めなのかと思って読んでいましたが、どちらかというと女性に対ての肉食系男子×肉食系男子という感じでした。

キングこと隼人はプリンスこと敦にべたぼれなんですが、クールなのでわかりにくいん。敦はワンコ系ですが、女の子とやりたい!とか言いながら隼人にどんどんほだされていくのがかわいかったです。
攻め側の執着がものすごいため、受けがひたすら愛される展開がお好きな方におすすめです。

ストーリーはわりとあっさりしていたのですが、身体が筋肉質な感じが綺麗で上手いなあと思いました。
筋肉質な男性同士のえろシーンがとても濃厚で色っぽいのが好みでよかったです。

0

タイプの違う麗しい男どものまぐわいってやつぁ

「このごろ藤崎こうがマイブーム」
とかいうと「いまさらですか?」と言われそうな気もします。
でも、エロかっこいいんだよねぇ。この方の書く男って。
モロという意味ではピアスとかに書かれているエロ作家さんほどでもないし、頻度も標準的だと思うんだけど、表情の逐一、筋肉の動き、そして隠されてても主張してくる雄の部分、すべてがセクシー。

その中ではこの作品は比較的主人公が若い方、らしくリーマンものに比べるとやや細身で迫力では劣るとも思うんですが、その分どちらも男性経験はさっぱり(というかプリンスの方は女性経験もない)なのでお互いの好意について変に弄ぶのでなく普通に手さぐりなのが若々しいなぁ・・・とか。

勿論彼らのテリトリーの中ではキング&プリンスと言われるくらいのカリスマで、そういうカリスマたちの競演が藤崎作品の味噌だ!とやはり思うわけですが。

続編ともども、尊大さと若さが同居するキングと、美人さと締まった体の美しさが同居するプリンスにメロメロです、わたしゃ

0

執着攻

自分は攻が受に執着するっていうパターンが大好物なので、この作品もばっちり萌えツボに入りました。

大学でサークル主催者である通称プリンスとキング。
愛嬌があって人見知りしない軽いノリのプリンスと、彼と対照的に無口でけれど狙った女は必ずお持ち帰りするキング。
けれど彼等は2人で連み、キングのマンションに入り浸り状態のプリンス。

しかし女性にモテて遊びまくっているだろうと思われているプリンスは実は童貞。
その童貞をプリンスにからかわれ、ノリでプリンスにキス指導からエロテク指導までされちゃいます。
良しテクニックは身につけた、さあ女の子とセックスするぞーって意気込むプリンスがアホ可愛い。
しかしプリンスは女の子をやろうとすると勃たず、キングのみに反応する身体にされちゃっていたのですねー。
無口で相手に向かって言葉には出さないけれどキングのプリンスへの執着っぷりがいいです。

はーーやっぱ執着攻はいいものだー。

0

キングのメロメロっぷりがもう…

《総評》
★★・・・ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★★★・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★・・・ :構成

■表題作
普段あまり読まない絵柄の作家さんですが、試しに読んでみたら意外と面白かった!
俺様キャラのモテキングが、意地っ張りで天然なプリンスに実はメロメロというのがいいですね!キャラとか設定とかありがちだけど、ありがちってことは人気な取り合わせなのでしょう!軽く、気軽に楽しめました。

■友達がいのない奴め!
ただ、同時収録のこちらの作品があまり好みじゃなかった…。
こっちもキング&プリンスとテイストは似ていて、学校で1番人気のメンズが攻です。
ちょーモテモテで引く手あまたなお方が一途にひとりに骨抜きにされる、ってシチュエーションが好きみたいですね。
個人的にそのシチュは大好物ですが、この作品に関しては、受の子のキャラにムリがあるような…違和感を感じてしまい、あまり萌なかった…。
見た目も良くてケンカも強い男の子が、コミュニケーション苦手ってだけで友達ひとりもいないというのはちょっと…。ガチで根暗とか、性格悪いとか…、もう少し続き友達0人設定に説得力を持たせてくれたらいいなーと思いました。

表題作は面白かったけどやはり絵柄がドストライクじゃないってことで相殺…ということで評価は中立に。スミマセン。。。

0

面白い~!!

藤崎こうさん面白いなー。
絵が苦手で忌避されてる方にも是非読んでもらいたいです。(私も絵は苦手なんだけど、ストーリーでハマってしまいました)
長いシリーズものに手を出しあぐねてる方なら、お試しに是非ぜひこの作品からでも。

『キング&プリンス』
コンパでプリンスと呼ばれる主人公は童貞がコンプレックス。
それがやりちんのキングにバレて、家事とかやらされる羽目になる。
で、ついでにテクニックを指南してもらうことに…。
なんといってもこの作品のいいところは、ずっと受けに片思いしてる攻めの切ない気持ちがダイレクトに響いてくること。
指導を名目にして受けに触れてる攻めの気持ちを思うと、キュンキュンしまくりでした。
濡れ場は早漏っぷりに萌えました。気持ちが先走りすぎて、自慢のテクニックを披露できなかった攻めが可愛い。初えっち、攻めがテクニシャンで受けをアンアン言わせるより、早漏であっという間ってほうが萌えるw

『友達がいのない奴め!』
高校生同士の恋愛です。
友達から恋人へとステップアップする二人。
二人とも相手に恋してるのに、「友達」というポジションを失うのが怖くて言い出せないのが伝わってきて続き、キュンキュンしました。

藤崎さんの作品のいいところは、受けもちゃんと「男」であるところですね。
かなりポイント高いです。

0

野獣系わんこの魅力とわ

こーいうワンコ一途系な攻好きです(*´∀`)ノ にょw
ゴツクテ強い見た目なのに、さりげにワンコ。さりげに受を甘やかしちゃう系ってありそうでなかなか無いんだよwww
お話としましては、「キング」と「プリンス」と呼ばれる二台巨頭な二人。
男前~な二人が主催するパーティにはいつも人がいっぱい。
中でもキングは女を食いたい放題。
そしてプリンスの隠されざる真実とは・・・・!?
男前なのに童貞!それがコンプレックスなプリンス!ってのは良いw
よくある設定ではありますが、王道だけにハマッてて読んでて面白いです。
プリンスがいいな~と、思う女は片っ端から食い散らかし~なキングも、本当は・・・な気持ちをしってから考えるとちょっと可愛くなってしまう。
エロ攻撃。
これもエロかったですね。
野獣に見えて、受が嫌がることはしない。
かといって、散々受を感じさせてしまうとか。
初挿入での惨事wwこれはツボでしたww
あの見た目!あの経歴!すべてを兼ね備えてのギャップがね。
絵柄的に避けてった作家さんというのもありますが、このウマさに「神」つけてしまいましたww他作品も読みたくな続きりました。

他短編2作。
学生さんの甘酸っぱい感じが良いです。
続編~早く読みたいぃぃぃいいいいいっ!

0

男前×男前

順序が逆ですが、先日この続きの方の「キング&プリンス+カイザー」を読んだので、こちらも読みたくなりました。ベタなタイトルなので、レジで出すのにちょっと気恥ずかしさはありましたが・・・

コミックスには表題作が2話分と小話が収録されています。主役二人の関係の始まりから気持が通じあう(?)までがテンポよく描かれていて、とても読みやすかったです。しかしスゴいニックネームだな、キングとかプリンスとか。周囲の誰もが疑問を持たずに「よぉプリンス」とか呼んでいたりするんだけど、んん?と思いつつもBLはファンタジーだからそれくらいは許容範囲!それに、プリンスはともかく、キングの方はそう呼ばれても違和感ない位の迫力がある。ホント、水泳選手みたいな逆三角形の超合金的肉体!ファンタジーすぎるよ、あんた・・・と思うけど、そこも突っ込まない。そう、突っ込みどころは満載なのですが、そこ突っ込んじゃうと進まないから。そんなお話ですが、何も考えずにダーッと濁流に飲み込まれてしまいたい的な気分の時には、とても楽しく読めちゃうと思います。

私的には2作目よりコッチのが面白かったな。やっぱり出来上がるまでの過程だ続きからでしょうか。お話にメリハリが効いていたし、設定が好みだったし。
受のプリンスが実は童貞で、それをキングだけに知られてしまっていて、その弱みにつけこまれて(←ポイント)炊事洗濯係をさせられてたり、売り言葉に買い言葉(←ポイント)でキングのエロテクを伝授されちゃったり(最後まではナシ)、女の子とは上手くいかないのにキングにだけ「反応」しちゃったり、キングの本気に絆されて最後まで許しちゃったり(だんだん頬が染まって行くのもポイント)。そんな関係なのに最後まで強気な受とそうさせてあげている包容力のある攻という関係は、やっぱり萌えるなぁ・・・
そんな二人の初H後の会話がこれ↓
プリンス「”キング”の名が廃るな。入れただけでイッてさ。テクなんてねえじゃん」
キング「・・・」(この時の、目線を外したキングの表情がいい!)
キング「一生の不覚だぜ。テクを披露する余裕がないくらい念願かなって暴発しちまうなんて」
はーとか、ため息つきながらサラリと認めちゃう、さすがの余裕だよ、キング。

会話と言えば1話のクライマックス、初めてキングがプリンスへの思いを口にした直後の
キング「ずっと我慢してるんだぜ。敦のケツに入れてえよ」(耳に舌を這わせながら)
辺りも萌えました♪
普段はとっても大人でカッコいい攻が受には一途だったり甘かったり、受は強気なんだけど、結局攻の手のひらの上で転がされている・・・とか、そんな設定がお好きな方にはきっとお勧めです。

1

包容力攻めキング

「プリンス」と呼ばれる敦と、「キング」と呼ばれる隼人は、
大学内でツートップ扱いされるほど人気者の有名人。
とってもモテるはずなのに、実は、敦はいまだに童貞。
なぜなら、敦の気に入った子はみーんな、隼人が横から攫ってしまうから…。

藤崎先生の描く、ちょっと抜けてるイキのいい受けキャラは、すごく好きです。
敦は綺麗系ですが、飾らないさっぱりとしたわかりやすい性格が、可愛かった。
対して隼人は、露骨に男くさいフェロモンが漂うタイプ。
一見クールな遊び人ですが、実は敦を一途に思ってます。
それにしても、迷いの無い瞳で、敦を見つめ、
ひたすら辛抱強く待つ隼人の姿って、しつけのいい大型犬っぽかったかも…?
敦限定で見せる、さりげない優しさと包容力に、ときめきました。

同時収録作品の、『友達がいのない奴め!』は、
お互い大好きなのに不器用な高校生カップルのお話です。
こちらも可愛いお話でオススメです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ