秘め事に啼かされて

秘め事に啼かされて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784062559454

あらすじ

一夜の出会いをきっかけに、十歳年下の誠一を恋人として受け入れた路也は、突然、会社の上司から他社への引き抜きの誘いを受ける。
彼は躊躇していた路也に、脅迫めいた要求を持ち出してきた!エリートコースを歩む路也にとって、自分の性癖や誠一との関係は、誰にも知られてはいけない秘密のはずだったが…。

表題作秘め事に啼かされて

広瀬誠一,デザイナー,26歳
真田路也,リーマン,35歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

上司は何がしたかったのかー?

前作の「夢に繋がれて」がそこそこ面白かったので続けて読んでみました。

誠一〔攻〕と路也〔受〕の関係は順調に進み、付き合ってから1年がたってます。
そして路也の乳首苛めて欲しい性癖も相変わらずで、誠一に散々乳首を苛められた翌日は絆創膏を貼って更に鎮痛剤まで飲むという有様。

そこへ路也の上司に引き抜きの話が持ち上がり、その条件が「優秀な部下を一人連れてくる事」
そしてその白矢の羽が路也に立つ訳です。

そこから話はぐずぐずになって行きます。
その路也の上司、殿岡なんですがしたたかな男なのは確かなのですが、本気で路也に性的興味を持ったのか、単に男同士のセックスを見たかっただけなのか、からかってみただけなのか、さっぱり分かりません。
一体何の為に悩んだのよーーって言いたくなるエピソードでした。
ホント一体何だったんだ、殿岡。

まあ誠一と路也は同居も決まりこれから先もラブラブそうなのでそれは良かったとは思うんですが、話がぐだぐだ過ぎました。

0

なんか中途半端

路也と誠一が付き合い始めてから1年が過ぎたが、未だに周囲にゲイだとバレることを恐れ、細心の注意を払っている路也。
尊敬している上司から、他社への引き抜き話を聞かされ、その会社に移るには信頼できる部下を一人引き連れてくることが条件だと、路也もその会社に誘われる。
その帰りに、路也は酒に酔ってしまい、上司は休ませようとホテルの部屋に連れて行く。
そこで意識のない路也が誠一の名前を呟いてしまい、路也が男と付き合っていることが上司にバレてしまう。

この後は、お約束のように上司にそのことをネタに脅されてしまいます。
その脅しの内容がちょっと珍しいというか、私的には、余り読んだことないなという内容でした。
そんなんでいいのか?という感じです。
悪になりきれなかった上司さんでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ