たぶん好き、きっと好き

tabun suki kitto suki

たぶん好き、きっと好き
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
5件
平均
2.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784861342707

あらすじ

親同士の再婚で義理の弟ができた葛西敦史は、弟と同じ男子高校へ通うことに。だが編入したクラスには弟の恋心を弄び捨てた藤崎理央がいた。親衛隊のような取り巻きがいる美形の理央に、弟のこともあって敦史はあからさまな敵意を向ける。憧れの的で優等生然としていながら理央が弟以外の下級生も誘惑しては捨てていると知った敦史は理央を手荒く犯し、屈服させようとするが……。
出版社より

表題作たぶん好き、きっと好き

葛西敦史 編入して来た高校生
藤崎理央 アイドル的な美形の高校生

その他の収録作品

  • 好きの言葉
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

なんだこれは・・・

もうすべてが『しゅみじゃない』です。

イヤなもの読んじゃったなあとしか言えません。このレビュー書きながら内容をあれこれ思い出すだけでも苦痛です。

なんかもう何を言っていいのかもわかりませんが、理央(受)はここまでされるほど悪かったのか!?
イヤもう敦史(攻)の義弟が参戦するところでギブアップしそうになりましたよ。気持ち悪い。

遠野さんはこれ含めて数冊しか拝読していないんですが、個人的にどれも今ひとつなんですよね。
そしてこれ読んだ時点で『もうこの作家さんは無理だ。やめよう・・・』と決心してそれっきりになりました。

・・・何かひとつどうしても挙げろと言われれば、イラストだけはよかったです。

2

これも○ザマァの部類かな?

学園での憧れの存在で、可愛い生徒に次々に手を出しまくりな理央〔受〕
彼が手を出して直ぐに別れてしまった潤という後輩がいるんですが、彼は捨てられてしまってもまだ理央の事を思っています。
そんな潤と連れ子同士の再婚で出来た兄が敦史〔攻〕
彼は彼らが通う高校に転入してきて、理央と同じクラスになるのですが弟の事もあって最初から敦史は理央をよく思っていません。
それに対して理央は敦史の事が妙に気になってます。
そして敦史は敦史にやられちゃうんですが、これもやっぱ攻ザマァの部類に入るのかな?
ちょっと微妙ですが、受食いまくりの学園プリンス様が反対にやられちゃうのはちょっとすっきりしました。

1

なぜか萌えたw

よくよく考えればちょっと…って感じたんですが、けっこう何気に萌えましたw


藤崎を手荒く犯すが、理央の前だけはドSな性格になる 葛西敦史。
葛西の弟を弄びそれ以外の下級生にも誘惑している 藤崎理央。

弟のことがあり敦史は理央にあからさまな敵意をむけるんです。
最初は敵意を向けられる覚えがない理央は、敦史に普通に接するんですが、さすがにムカついて無視をし始めるんです。

そして理央がまた捨てられた弟を弄ぶのではないかと思い、自宅へ無理やり連れて犯してしまうんです。それからは、敦史に弱みを握られた理央は敦史と関係をもつようになるですが、敦史のやり方はかなりドSなセックスで。
さすがに今までひどいことをしてきた理央もかわいそうになりましたねw(苦笑

微妙に3Pが入っていてそこも萌えました。まさか弟も入って犯すとは…w

敦史はセックスの時はドSですが、時々理央には何気に優しく、階段から落ちたところを怪我をさせずに助けたシーンは良かったです!


最後はハッピーエンドなんですが、よくよく考えれば敦史がそこまで理央をひどくしなくてもとは思ったんですが、人を好きになるのに理由なんてないからい続きいのかなw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ