Papa.don't cry

papa.don't cry

Papa.don't cry
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
芳文社
シリーズ
花音ノベルス ~Hanaoto Novels ~ (小説・芳文社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784832212367

あらすじ

バツ一のサラリーマン越智雅彦は、7歳になる息子の貴と二人で暮らしていた。そこに奇妙な民族衣装に身を包んだ無国籍男、高原朗が「ただいま!!」と…。朗は8年前に一度だけ強引に雅彦の体を奪い、そのまま遺跡発掘調査隊に参加し行方不明になっていたのだ。今でも朗を愛していながら、彼の心の在り処が分からない雅彦。一方、ゴーイングマイウェイ男の朗は越智家に居候を決め込み、貴も彼に懐いてしまって…。男同士の夜の生活編175頁書き下ろしを加えた風変わりなファミリー・ラヴコメ。
(「BOOK」データベースより)

表題作Papa.don't cry

学術調査先で行方不明になったいた元同級生・高原朗
バツ一子持ちで出版社に勤める会社員・越智雅彦

その他の収録作品

  • THE LONG VIBRATION

評価・レビューする

レビュー投稿数1

家族の作り方

BLに家族と言うテーマを導入するべきかどうか。
それはひとえに家族の在り様をどう表現するかに
掛かっているのでは無いかと愚考します。
この作品はその辺を結構上手く料理してあるの
ではないかと。
表現手段に小説を選んだのも適切かと思われます。
全編四谷さんの漫画で構成されていた場合、匙加減を
間違えれば真意が伝わらない恐れが、若干。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ