塔の獣

塔の獣
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ビブロス
シリーズ
ゼロコミックス(コミック・ビブロス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784835216713

あらすじ

丘の上、一つだけぽつんと立つ塔のある村。
それは、孤独な「獣」の住む場所――――。
一人きりで生きてきた少年がそこで出逢ったのは、
人に囲まれ裕福に暮らす自らを「孤独」と言う男だった。
「世話は夜だけだ 月が出た後に餌をやってくれ」
エドガーに、塔に住む秘密の獣の世話を頼まれた
ルッカはそのどこか悲しい美しさに魅せられる…!!  
孤高の「獣」が引き裂き――繋ぐ、二人の運命の物語。
読み応え大長編描き下ろし!

表題作塔の獣

エドガー・主人
ルッカ・使用人の少年

評価・レビューする

レビュー投稿数2

眼帯少年と獣

楠本さんのデビュー作&初単行本だそうですが絵もストーリー構成も新人作家さんとは思えない上手さです。
特にカラーは深みがあって幻想的なタイプもポップな絵も凄く上手い。

ここまで絵が上手い新人さんだと話はイマイチってパターンが時々あるんですが、この作品はストーリーもしっかり面白いです。

舞台は中世ヨーロッパ的なファンタジー。
身寄りもなく右目に傷を負っている少年、ルッカは空腹で街を歩いている時に金持ちのエドガーに拾われます。
エドガーは高い塔がある屋敷に住んでおり、仕事も行く当てもないルッカはエドガーの使用人としてその屋敷で一緒に暮らす事になり、時折、塔の檻の中の獣の世話をまかされます。
使用人となってからルッカは眼帯を付け始めるのですがこの眼帯がお似合いで可愛い!
顔の右上半分を隠し頭に巻かれてる感じの眼帯、それを付けた健気な少年ときたら萌えますとも!
そしてついにルッカはその凶暴な獣の正体がエドガーである事を知ってしまうのですが、彼から逃げる事無く2人でその屋敷から旅立ちます。
獣である哀しみに涙を流すエドガーの両頬へと手を添え、触れるキスを唇へと落とすルッカ続き
「今度は俺がエドガーを護ります」と告げるルッカの真っ直ぐな瞳の強さが良い。
こうして塔のある屋敷から2人は一緒に旅立って行きます。
ここまでが1話目、ここから2人の旅は続き5話目が最終回。
キスとハグ止まりですが、エドガーとルッカとの結び付きがいいんですよー!獣になる己を恐れるエドガーと彼の傍らで彼を信じて慕うルッカ。
表面上は保護者で主人でありながら、心の底に不安定さを抱えているエドガーと彼の父親とのシーンは作者の実力がしっかり出てました。

0

惹かれあう孤独

病を得てしまったが故に孤独に追い込まれたルッカ。
己の身に流れる荒ぶる獣の血故に孤独を選んでいたエドガー。
二人が巡り会ったのは偶然だったのでしょうが、惹かれ
合ったのは必然だったのでしょう。

ただ寄り添うだけではなくエドガーを想うが故に非情さを
振り絞るルッカ。その凛とした姿は、無言の内に彼こそが
エドガーを支えて生きてゆく者であると語る筈です。

静かな絆を、感じて下さい。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ