子供の領分 ACT・3 やってられっかよ

gaki no ryoubun

子供の領分 ACT・3 やってられっかよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
1
評価数
2件
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥420(税抜)  ¥454(税込)
ISBN
9784044342111

あらすじ

容姿端麗で秀才の兄・陽一とバスケ狂の不遜な弟・大地の間で、図太く均衡を保つ広海。事件は広海が弟を探してバスケ部に乗り込んだことに始まった。彼の毒気に当てられた部員の間に超険悪なムードが…。

表題作子供の領分 ACT・3 やってられっかよ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

「間の楔」級のものを期待すると確実に失敗するシリーズ。

知らなかった…。吉原先生の文がこれほどヘタクソ(失礼)だとは。
なんつーか、どこにでもあるシュミのネット小説並み文体にズッコケる。

一次+二次創作活動やってるワタクシとしてはちょっとほっとしますけどね。
かの偉大な吉原先生もこんなの書いてたのかって。
「間の楔」や「銀の鎮魂歌」のような名作も書けるが
こういう展開もオチもないようなB級作も書ける、という作幅の広さが
もしかしたら吉原先生の凄さかもしれないです。

また、今思うと小説JUNE系の小説って、
よくいえば装飾的、悪く言えばヒジョーに読みにくい文章多いです。
いうなれば創作ビギナーが陥りやすい典型みたいな文。
これもその典型で、過剰なルビ振りやら箇条書き、体言止めの多さが目につきます。

それでも大人気になった時代もあったってことですね。

1

あのー…

美形兄弟シリーズの三巻目。
読みつつ「ヤオイ」という言葉が浮かんだ。
ヤマなしオチなしイミなし。
この本ってまさにヤオイなのでは…。

三巻目は、次男が三男の学校を訪ねる話です。気性の荒い美形の次男に、無愛想な三男のファンであるギャラリーたちが騒ぐ。それだけ。

シリーズを大人買いしてるので、いっそ読むけど、この先大丈夫かな。
改行多くてやたらと白いので、さくさく読めるのはありがたいけどね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ