田舎男子のドキドキ青春物語

残りモノには愛がある!?

nakorimono niwaai ga aru

残りモノには愛がある!?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×213
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
22
得点
160
評価数
45件
平均
3.6 / 5
神率
24.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441727

あらすじ

可愛くてエッチでどこか懐かしいラブラブ方言コメディここに登場!!

高校時代から大好きだった“にっしゃん”に同窓会で再会した“よね”。
お酒の力も手伝って、よねの6年分の片想いが今、暴走する!!
ムッツリ変態よねとツンデレにっしゃんのおバカHを描いた「よねとにっ
しゃん」シリーズが遂に一冊にまとまりました。
あの「性日記」シリーズも加えて、BL史上最強の面白エロス、大爆発です!!
出版社より

表題作残りモノには愛がある!?

「カプ滅連」のむっつり変態 よね(大学生)
「カプ滅連」発起人 にっしゃん(サラリーマン)

同時収録作品性日記シリーズ

千秋を好きないとこ・八代/H好きな同級生・ヨージ
流されやすい中高生・千秋

その他の収録作品

  • 恋の大脱走(よねとにっしゃんシリーズ)
  • おじゃま男子v純愛派(よねとにっしゃん)
  • 恋は続くよドコまでも(よねとにっしゃん)
  • 勝手に恋(性日記シリーズ)
  • 恋する腕まくら(性日記)
  • 本当に恋。(性日記)
  • 災い転じて愛となす(よねとにっしゃん)

評価・レビューする

レビュー投稿数22

​ 方言の言葉攻め(*゚∀゚*)イイネ!!

​ すごくエロいのにエロだけじゃない所がお気に入りの彩景でりこ先生。これ阿波弁って言うんですね。ゆったりして優しい感じで、こういう方言BLは中々いいな~と思いました。

・『よねとにっしゃんシリーズ』
 シリーズって書いてあるから、別のコミックスからの続きもの?と思っていたのですが違ったみたい?このコミックスの中の4話と巻末の描き下ろしで『よねとにっしゃんシリーズ』と言うことのようです。よかった。
 カップルを邪魔する“カプ滅連”の一員だったよねとにっしゃん。カプ滅連っておもしろーい。なんかこういう馬鹿馬鹿しい高校時代ってすごく好き。私は恋愛要素は一切なしで教師VS生徒で仁義なき校則バトルを繰り広げていたっけ。あのまま地元にいたら時々会って、バカなことをすることもあったのかなーと懐かしくなっちゃった。
 にっしゃんは酔ってることを言い訳に2度も快楽に流されるようなアホの子だけど、可愛いんだよね。よく今まで無事でいられたわと思う。真面目面したよねのむっつりスケベなところもいい。童貞のはずなのに手練れだし、言葉攻めの方言Hがなんともエロい。彩景先生のエロには独特のいやらしさがあり続きますね!

・『性日記シリーズ』
 こちらも同級生同士のお話だけど、千秋の流されやすさはダメだろ~っ。流されてなんだか好きになっちゃってるみたいだし、相手の同級生のヨージがこれまたダメなやつで…。こう言う男いるよね。いや女にもいるねこう言う子。憎めないのが困りもんです。
 千秋が一途な矢代を選んで良かったけど、流されやすいからまだまだ心配です。成長した矢代が見てみたいなー。
 これを皮切りに彩景先生の方言BLにハマってしまいました。

2

方言と日常

方言のせいか、日常にある物語の様な感じがしました。彼らがそのへんにいる様な。

なおかつ、エロい。ファンタジーとしてのエロさというより、ご近所の大学生のエロを覗き見している様な……なんだろう、妙な生々しさがありました。

0

方言もこれならイケる

方言男子で初めて可愛い!と思えました。
関西弁が苦手なので方言ものは苦手だと思ってましたが、阿波弁は、柔らかくてなんか可愛いー!
眼鏡で一見クールに見えるよねくんが、6年分の思いの丈を酔った勢いで吐き出して迫るとこも、にっしゃんがなんだか流されてエッチしちゃうとこもこの方言のお陰でなんだかイチャイチャにしか聞こえないですね。
それと、「カプ滅連」の活動が面白すぎる!
カップルのそばにネズミ花火とか女装して乗り込むとか、やってるとこをそばで見たかったです。

0

エロさの中にある切ない恋心に萌え

ちるちるさんの『BL News』の「このおもらしはマズイ!2015」の記事を拝見して手に取ってみました。ちるちるさん、ナイスな記事をありがとうございました☆
「おもらしに萌えを感じないし~」と思いつつあの記事を拝見したのですが、掲載されていた本のほとんどを持っていた私(爆)。それならこれもきっとツボに入るに違いない、彩景さん作品だしな、と思って読みましたが、すんごく良かった…。そしてエロかった…!

「よねとにっしゃん」シリーズ
酔うと理性のタガが外れてエロエロになってしまうにっしゃんも可愛かったけれど、にっしゃんが好きで好きで仕方がないよねも可愛かった。一度関係を持ってしまったらどうにも止まらない彼の気持ちと性欲が非常に良かった。
だけどね、さすがに観覧車の中はいかんと思うのよ?とオバサンは思ったりしました。
あと阿波弁。方言て可愛いし萌えますけども。何を言ってるのかわからない言葉もあったりして笑ってしまった。表紙のカバーの折り返しのところに書かれてた阿波弁は注釈がないと分からなくて、方言、奥深いぜ…と妙なところで感心してしまいました。

「性日記」シリーズ
彩景さ続きんの描かれる、ヨージのような最低な男ってホント味わい深い。ああいう自分勝手で無意識に周囲の人間を振り回す男を描かせたら彩景さんは最強じゃないかな、と思ったりしてます。ロクデナシなのに憎めない。と思う自分にもイラッとしつつwww
千秋も可愛かった。千秋はヨージが好きなのかな。でも自分を一途に愛してくれる矢代の方がいいと思うけど。
っていう彼のぐるぐる感がすごく良かった。

どちらの作品もエロエロなんですが、エロいだけではなくて切ない恋心が見え隠れしてて、キュンキュンしました。

1

エロいけど可愛い…けどエロい

【よねとにっしゃん】シリーズと【性日記】シリーズの2作品入り。

ピアスから出ている彩景作品はどれも方言モノなんですね。
最初は読みにくかった阿波弁も3冊読んだらすっかり愛着が(๑´ڡ`๑)
どんだけ卑猥なこと言っててもなんか可愛らしく感じてしまう恐るべき方言マジック(笑)
私のお気に入りは、酔っ払いにっしゃんの「いろてー、ちんちんちゃんといろてー(いろう=触る)」可愛いよぅ。そらよねも暴走するわ(笑)

【よねとにっしゃん】シリーズ
にっしゃんが可愛い!よねがムッツリ変態メガネ!これに尽きます。
ストーリーどうこうより、完全にキャラ萌えでした。
ヘタレ男好きじゃないのに、ヘタレ(の割りにエッチには強引に持ち込む)×ヘタレ(酔うと素直)のカップリングでこんなに萌えられるとは思わなかった〜!
よねの言葉責めも方言のお陰で、良いのか悪いのか、あんまりやらしく聞こえなくて素朴な感じがツボです。
よねの口癖(?)の「3分で終わるけん(だからエッチさせて)」こういうこと言う男、実際にもいるね(笑)3分で終わるわけないし、そもそもそういう問題じゃない。

【性日記】シリ続きーズ
流されやすくて誰とでもすぐエッチしてしまうゲイの〔千秋〕(主人公)
エッチさえ出来れば男でも女でもどっちでもよくて彼女もいる〔ヨージ〕
千秋の従兄弟(3つ下の中学生)で千秋大好きな純情少年の〔八代〕
三角関係モノ。
こちらもストーリー云々よりキャラ萌えでした。
八代の純情な中学生らしい全力の押しっぷりが可愛らしいです。
ヨージとくっ付くのかと思って読み始めましたが、この男最後までロクでもないヤツだった………ゲイの敵!!!
ストーリーについては「千秋、お前に自分の意思はないのか…?」と問いたいところですが、彼の根っからの流され癖はきっともう治らないだろうから、ヨージみたいなロクでもない男に流されるよりかは、千秋が大好きで仕方ない八代に流されて良かったのかな。

1

私のエロの扉を沢山開花させてくれた作品(笑)

彩景でりこさんの漫画は作家買いしてるのですが、
チョコストも充分エロイのですが、
個人的にはこの作品の方が修正も少ないしでりこさんの作品では
一番のエロさを感じます。
彩景でりこさんの作品は私のエロの扉をどんどん開花させてしまう魅力が
あります(笑)

今回は、私も印象に残ったエロい描写について
レビューしたいと思います(笑)
その作品は、よねとにっしゃんシリーズなのですが、
一言で言うと「THE エロ」って感じです(笑)
酔った受けのにっしゃんが可愛い!
そして初っ端から、にっしゃんが酔って
攻めのよねにおし◯こするの手伝わせちゃうとかエロすぎて悶絶。。。
そんなことお願いされたらにっしゃんに6年程片思いしてたよねの
暴走スイッチ入っちゃいますよ・・・
にっしゃんのボクサーパンツずらしてtnkいじっちゃったり、
ホテルに連れ込んでおしりいじってあげたり・・・
思うに私、多分でりこさんの作品で
バック描写が好きになった気がします(笑)
そしてボクサーパンツにも(笑)
(ボクサーパンツずらしてバックで突かれてる描写とか最高 笑)
もう何かこの作続き品でどんどんエロが開花されちゃった気がします(笑)

にっしゃんがよねのtnkをいじったり、咥えながら
「こんにち◯こ」とか「おともらち◯ぽ!」とかエロすぐる!!
そんなに煽られたらよねは
もう我慢出来なくてめちゃめちゃ突っ込みたくなりますよね・・・
にっしゃんは酔うと天然誘い受けか(笑)!?
そしてにっしゃん激しく突かれながらおし◯こ出しちゃって
しかも自分の顔にかかっちゃう勢いで・・・エロ過ぎます。。。。。。
思うに私がおもらしBLに目覚めてしまったのは、
この作品だったと思います(笑)

あとよねが女装して車の中でするのは普通だと思ったのですが
(いや普通ではないと思いますけど
数々のBL漫画を見た私には普通に思えました)
観覧車で揺れちゃうほど激しくしちゃう描写にまたも悶絶。。。
その発想はなかったなぁ~と思いながらエロくてたまりませんでした。。。

でりこさん沢山のエロをありがとう!!
ごちそうさまでした!!って感じでした。
これからも私のエロの扉をもっと開花させてくれることを
期待しています♡(笑)

0

ピアス+でりこさん→エロくないわけがない!

この方の作品を3作品ほど読みましたが、すべて方言でお話されてました~。方言BLはあんまり好きではないんですが、なぜかこの阿波弁は抵抗なくすんなり読めました。

なんといっても、この作品の見どころは、エロですね。
個人的に、【よねとにっしゃんシリーズ】で、受けのおもらしシーンが見れたのがよかった!(自分に掛かっちゃってますw)これがあるだけで★+1です。

対して【性日記シリーズ】は、私は個人的に好きではありませんでしたね。。受けが淫乱なのはいいんですが、誰にでも股を開く系の淫乱はやはり好みじゃありません、、また、攻めが彼女もちなのに受けに対して体目当てで、最後までその姿勢を崩さなかったのが、私的に萌えませんでした。読み始めたとき、攻めが最後には受けに陥落するんだろうなーと思いながら読み進めてたので、その過程を期待していた分、ちょっと残念な読了感でした。

全体的には、ストーリー云々でなく、エロを楽しむのならおすすめと感じました!

0

のこりものは可愛え~のです。

■【よねとにっしゃんシリーズ】
同級生・幼馴染・童貞・方言萌え作品です。
◇メガネ・よね×ワンコ系・にっしゃん
よねとにっしゃんは友達でもありカップル撲滅連盟(略してカプ撲連w)の仲間でもあります。
付き合ったことがない歴=年齢というもうすぐ魔法使いになれる人たち・・・w
よねはずっとにっしゃんのことが好きで、
よねの場合は女の子と付き合いたいわけではないのですが^^;
ヘタレなために告白できないでいたのです。
が!酔った勢いでよねはにっしゃんを頂いてしまいます。
にっしゃんもノリノリでHしてしまうという。
しかもにっしゃんはよねのちんぽをオモチャにし・・・
「こんにちんこ」だの「おともらちんぽ」だのお前はおぼっちゃ○くんか!!
懐かしいじゃろがwww
まぁこの人たちヘタレなんでこんな感じでグダグダのお付き合いになっていますが、
二人ともなんだかんだでラブラブやないの~?と思います。
じゃなきゃアレやコレやなし崩しとは言え、ヤれないだろうと思ったり。
にっしゃんは意地っ張りなところもあるけど、
本当はよねのこと大好きなんじゃろうな~と思うのでした。
続きグダグダだけどラブラブのエロエロつゆだくなシリーズでした。

■【性日記シリーズ】
僕は中学生の時、転校生の男子とエッチをしました-。
みたいな「Hな体験」をマンガに起こしたようなお話でした。
ガチゲイの人の体験集とか、そんな感じですね。
それに少しBL風味をつけたような印象でした。
千秋は奔放な性生活をしていて、興味本位でHをしてしまった相手と、
ずっとセフレの関係が続いてしまい・・・という感じです。
そのセフレの関係が続いている同級生には彼女がいるのに。
不本意ながらだらだらと続けてしまう関係。
千秋は本当にその同級生のことが好きなんだろうか。
好きじゃなくてもHはできるけど、
むなしい。
そんな千秋ですが、イトコが千秋に懸想していたことが分かり。
彼ともHをしてしまうのですが、イトコは千秋のことが好きだからHをするわけで・・・。
最後千秋はイトコを大切にしたいと思っているようでしたが、
果たして・・・?
終わり方がはっきりとしていないので、何かすっきりしない読後でした。

1

もぉ~この酔っぱらいは~!

と表題作の主人公のよね同様、私も心の中で叫んでいた作品でした(笑)。
酔ったにっしゃんはほんとにタチ悪いです…惚れている男にしたらたまりませんね^^;
普段のにっしゃんがかなりそっけないツンなので、酔った時のギャップが可愛かったですね(BLにはよくあるパターンなのかもしれませんが)。
攻めはもうただただ、好きだという気持ちを真っ直ぐにぶつけてくるのですが、こういう不器用なんだけど受けしか見てない一途な攻めは好きです。
同時収録作品の攻めも似たタイプだと思うのですが、こちらは年下で可愛い系の攻め。
何人も付き合った人がいるような相手にただただ純真な思いを向けてくる。
つれない受けの態度に傷ついたシーンはキュッと胸が痛くなるような…
2作品ともいい作品で私は楽しめました。

1

エロエロ。

えろいですね。
表情が色っぽくて好きです。
【よねとにっしゃん】
方言ものが好きで、阿波弁男子の可愛さがたまりませんでした。えろ重視でストーリーはそこそこ。一途なよねと認めたくないにっしゃん。距離を詰めようとすれば逃げて、離れれば追ってくる。早く言え!くっつけ!と思いつつ読みました。お互いに好きって言い合えるようになってほしいんですけど、このまま友達の延長(ただしエッチはする)みたいな、ゆっくりだけど寄り添ってる関係が好きでした。周りが見えてないのもちょっとかわいい。でも現実にいたら迷惑ですね。
【性日記】
流されるまま適当にエッチしちゃう千秋が好きです。でも、最後にはちゃんと自分を愛してくれる八代を選んでよかったと思いました。幸せになってほしいですね。個人的にはヨージが本気になる展開でもよかったかも…

1

エロエロは、ツボからズレるとただのエロ本。

ちょっと前作がストライクすぎたかな
期待しすぎてしまったのかも……。

あんまり萌えなかったです。
キャラも、いまひとつに感じてしまったし……。

長年の片思いの相手とのHが、
酔っ払った勢いっていうのが……いやだったよー
なんかイラッときてしまった。

女装も気持ち悪く感じてしまって、
本来みんなが萌えているであろう
場面で拒絶反応がでてしまった。

方言はあいかわらず、
めちゃくちゃいい好みですけどね。(´v`)

でも、キャラや設定も
重要なんだなと改めて思う、お話でした。

2

これはいい萌え

表題作よりも性日記の方が萌えた私はきっとマイナーなんだろうな…。
というわけで、同時収録の性日記の方をレビューしてみようかと思います。
もちろん表題作の方も申し分なく面白かったです。
でりこ先生、おしょんしょん好きですね。うふふ。

さて、性日記。同級生の男とセフレ関係を続ける主人公(受)と、その年下の従兄弟(攻)のお話。
セフレの男には彼女がいて、それでも受はぐずぐず関係を続けていってしまう。
その関係を断ち切るために従兄弟を新しい男とでっち上げてみれば、その従兄弟は受のことが本気で好きで…うんたらかんたら。

私はBLだろうがNLだろうがGLだろうが『年下の横恋慕』っていうシチュがとてつもなく好きすぎるので、性日記はドツボを突かれた作品でした。
しかも従兄弟の攻が三歳年下(中学生)なんですけど、見た目が少しショタで。
えちの最中にべしょべしょ泣きながら「ほなけん、きらわんといて」って…!かわうぃすぎる…!!これで攻めって…ありがとう!でりこ先生ありがとう!
受を一途に想い続けている攻が報われて本当に良かったです。
あれ…これってキャラ萌えなのかな…?

続き
これはどのでりこ作品でも言えることですが、えちは受も攻もどちらも感じまくってます!!ってびしばし伝わってきます。つゆだくですごくエロいですし。まさにピアス。
方言なのも素敵です。たまに意味分かんないですけど。
エロもストーリーもどちらも楽しめて最高でした。

1

メチャ萌える、萌える、萌える 要素テンコ盛り

方言でしょ、友達片想いでしょ、黒髪眼鏡攻めでしょ、女装でしょ、ヘタレ変態でしょ、極め付け観覧車エッチでしょ♪♪♪♪
このアホアホカップルが見事ジャストミート!
アホエロ面白くて、言うことなし!!
な、彩景でりこ作品は、本当大好きだーー!

彼女が出来ない為に高校時代に結成した「カップル撲滅連盟」もとうとう残り2人に。
もう、2人でデきちゃえばいいやん~♪の周りの言葉に本当にデきてしまった”よね”と”にっしゃん”v
本当はよねがにっしゃんを好きだったんだよねw
酔ったにっしゃんのトイレを手伝い、そのままの流れでいたしてしまったよね。
この酔った無自覚のにっしゃんの言葉がいちいち笑える!!
「オレ、ま○こついとった」だの、「しっこ出る~」と言っていて、よねが「白いしっこだろ」と言えば本当に黄色い方だったとか・・・=3
認めたくないにっしゃんがどうしても彼女がほしいと、合コンで遊園地デートすれば、よねと2人で観覧車→で、観覧車エッチ~♪♪
見えてましたから、ばっちり、女の子達見てましたから!!
そんな、ツンデレ流されにっしゃんと、ヘタレワンコ変態のよねの、アホアホエ続きロエロ珍展開ば爆笑ばかりでなく、キュンキュンももちろんあるのです。
キュンがアホでコーティングされてる感じ?
合コン場所に女装でにっしゃんを奪還しにくるよねに大爆笑でした!!

表題他にシリーズものがあるのですが、
こちらはちょっとゆるくて淫乱な受けと、やはりゆるくて恋がよくわかってない攻め。
そこへ、一途な従兄弟が絡んできて、
本当に自分だけを愛してくれる人が欲しい!と思えるようになるというある種の受けの成長物語。
この受けも攻めも、割と現実にとってもあふれてそうな、女子でおきかえてもよさそうな、そんなキャラクターでした。
やっぱりONLY1に勝るものはないでしょ?

あとがきは表紙カバーをめくった本体表紙にあるので、お忘れなくw

3

ビバ!方言!

阿波弁です。
読みにくいんかなーと思ったけど、関西弁と似てるんで
テンポよく読めました。

酔っぱらい にっしゃん(受け)とのエチがものすごくカワイイです。
ほんで、ヨネ(攻め)の必死度、がっつき度が半端ないス。

阿波弁で にっしゃんはカワイさが増すけど
ヨネは庶民度が増すと(笑)。

“こんにちんこ”で“おともだちんぽ”でめでたく合体。
それをかわきりに、いろんなエチをしてる2人。
酔っぱらいエチで にっしゃん、おもらし
カーエチ(ヨネ女装)
観覧車で女の子に見られてエチ
ヨネ、手を縛られる(珍しく にっしゃん積極的)
寝てる友達の横でサカる

あー アテクシ もぅお腹いっぱい。
普通に出来ひんのか、この2人は。

《勝手に恋・恋する腕まくら・本当に恋》
千秋とヨージはセフレ?付き合ってんの?
ヨージは彼女おるし、千秋都合良く使われてるよな。

八代は千秋のことが好き。
しかもヨージと千秋がシテるとこ見てまうし、千秋と目合うし。
そんなん見たら、気持ち止まりませんわな。
駄々っ子状態で千秋に挿入。
終わったらネムネムやし。
続き
子供!

ヨージとスル時って
彼女が中出しさせてくれんからって
千秋ん中いっぱい出して
後始末してるとこガッツリ見てるし、指入れて遊ぶし。
千秋、全然愛されてないやんけー。
ヨージ、ずっと、サイテー。

2

ゆるゆるの方言で、ゆるゆるのえろえろ

彩景でりこ最高!

高校時代に作ったカップル撲滅連盟なんてばかげた集まりは
ヨネとにっしゃんだけになってて・・・
いまだに彼女ができない!
のは、なぜかっていうとヨネは、ずっとにっしゃんに片思いで
にっしゃんも、まんざらではないわけでwww

これは、シナリオを文字で説明するとすごくしらけちゃうけど
漫画でみるといいのよぅ~v
ゆるゆるの方言で、ゆるゆるのえろえろですよ。

にっしゃんが「俺まんこついとった」っていうセリフ・・・
音声化して欲しくて仕方ないです。

女装で攻めたりとか観覧車の中ででがっこんがっこんしたりとか
もぉ、笑ったし萌えたわ。
いちいち受けが事後、自分の股間をおっぴろげでティッシュで拭くとかいいよね。

同時収録の『性日記』は、最低な男に惹かれつつ
年下のいとこのまっすぐな愛情にほだされていく受け・・・。
なんとなくズルいなぁと思ってしまいました。
渡りに船ってこーいうこと?

2

最近一番萌えた作品かも。

体の線の描き方とか体位とか酔っ払っての方言喋りとか定番のシチュエーションの使い方とかホント絶妙です。ベタ好きのつぼをぎゅうぎゅう押してきます。とにかくキャラがたっていて感情の機微も上手く描かれています。ピアスシリーズなのでエロ度もかなりお高め。にっしゃんが○ん○んと遊ぶシーンが秀逸です。こんに○んこ!
自分はアートっぽい漫画(よく理解できない…。とほほ。)が苦手なので彩景さん、ちょっと敬遠してたんですが、これはベタな私でも面白い、大満足な一作。

2

残りモノにはエロがある

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
方言エロが読みたくてQ&Aで紹介されていたので買ってみました。
ご馳走様でしたと手を合わせたくなる、ラブリーエロが満載。
エロ本はアホで可愛いのが大好きなので、そういう嗜好の方は要チェックです!

「よねとにっしゃんシリーズ」
4話と書き下ろし1話を合わせた全5話の表題作。
彼女いない歴=年齢だけが参加資格を持つカップル撲滅連盟で徒党を組んでいた高校時代から6年後。よね(メガネ攻め)とにっしゃん(アホ受け)は未だに彼女いないまんま。
でも実はよねはずっとにっしゃんに片思いしていたのだけど、ある日の飲み会で酒の力で初合体!以来「俺と付き合うて(よね)」「いやじゃあ~(にっしゃん)」の攻防の日々が待っています。

堕ちるのは目に見えてるので何だかんだで二人はらっぶらぶ。
お話も可愛いんだけど、このシリーズの嬉しいところはちょこちょこマニア心をくすぐるプレイがでてきちゃうところです。はぁはぁ
阿波弁で受けがちんこと阿波弁でおしゃべりとか、靴下(しかも脱ぎかけというテクニック)とトレーナーだけ着衣したままエッチとか、攻めが女子高生姿で続きエッチとか(ずり下がったボクサーパンツがスカートからのぞいてるのに興奮)、パンツはいたまま脇から指&ちんこ挿入とか、しっことか(笑)!
M字開脚が多かったのも個人的にはハフハフしました!
シュチュエーションもねー居酒屋に車に観覧車に…となかなかにハッスル。できることならあの女子の代わりに乗ってゆさゆさ揺れる観覧車をウォッチングしたかった…!
何と言ってもよねが乙女っぽいのがすんごく可愛いです。
好き、大好き!と言いながら必死こいて腰ふる姿は 良 い !
なんとなーく精神的にM×S臭いのが特に花丸です。
ふたりで無自覚に変態街道。いってらっしゃい。

「性日記シリーズ」
彼女持ち腐れ縁セフレ×主人公のゲイ←従兄弟の中学生
↑このセフレがムカつくことこの上なし。
待ち受け画面が彼女のところとか、あ~現実でも浮気男って彼女大事にしてるヤツ多いよなあ~とむかむか。
でもそれを許してきた主人公も半分責任あるよね~と、男の趣味の悪い友達を見ているようでした。笑
セフレのぼこぼこに凹んだ姿が確認できなかったのが心残り。
失恋には新しい恋ってお話です。

ピアスの北斗七星修正(勝手に命名)はやっぱり好かんです。
マガジン・マガジンさんには是非とも修正方法について再検討して頂きたい!細テープ修正がいいな~

4

方言エッチって萌えるなぁ

購入の切っ掛けは「傷だらけの愛羅武勇」が面白かったからで、この作家さんならハズレは無いだろうという確信があって思い切って作家買いしてみたのですが、大当たりです。

表題作の方。
個人的にフェチっぽいシチュエーションが好きなのですが、攻が受のナニを持って放尿の手伝いをしたり、酔っぱらって卑猥語を連呼しながらエッチしたり、受が放尿しながらイったり、攻が女装してエッチしたり、中出しされたまま人前で会話したり(このシーン、オチとして使われてましたがなにげに萌えポイント高いです)、非常に美味しいシーンがてんこもりでした。ごちそうさまでした。
書き下ろしはシチュエーションこそ王道パターンですが、万人に好かれるから王道は王道なんだと思います。これもまた非常に萌えです。

「性日記シリーズ」の方は、「よねとにっしゃんシリーズ」がさわやか(やや変態風味ですが)なのに対して「淫靡」と言う言葉がよく似合うと思います。
全体的に漂う背徳感というか、「いけないことしてる」感が良いです。
彼女がいるのに何かと千秋に言いよるヨージもたいがいダメな男ですが、千秋も言える程真っ当な人間ではないところがい続きい。だからこそ八代の真っ当さが際立つわけで。
三角関係ものも大好きなので、単行本まるまる一冊たっぷり堪能しました。

全編会話が方言ということもあり、この牧歌的なリズムとエッチという意外性のある組み合わせが独特の味を醸し出してるなぁと思います。

5

どんなイントネーションで読むのでしょう?

全編「阿波弁」でしゃべっていらっしゃるので、イントネーションが気になるところですが、方言がいい味出しているし、シモネタ・隠語も伏字無しに登場してしまうマガジンマガジン社の太っ腹加減が気持ちいいです。ち○こにポツポツボカシを入れなきゃならないのは仕方のないことだと思いますが、ちょっと病気みたいでそこは残念。

カップル撲滅連盟、略して「カプ滅連」いいネーミングです。にっしゃんが売れ残るまで何年も待ったよね君、あっぱれ!粘り勝ち。
嫌だ嫌だと言いながら、流されてエッチしちゃって、それがまた気持ちいいんだから仕方がないです、にっしゃん。
そもそもシモの世話までさせちゃうお姫様っぷりのにっしゃんですから、自業自得とも言えるでしょう。
隙あらばエッチに持って行きたいよね君と、嫌がるくせに無防備なにっしゃんのかわいい恋のお話です。
そして、やっぱり一番のシーンは、よね君が女子高生の制服を着て合コン中のにっしゃんを奪いに行くところ。それだけ好きだっていう訳ですね。全編を通してコメディーよりもギャグに近い感じのお話のわりにストーリーがしっかりしていて、さらにエロ満載で大満足。ただのエロエロ続きではないのでおすすめです。

同時収録の「性日記シリーズ」は幾分シリアスで、どうなっていくのかなかなか掴めない三角関係。流され侍といらぬフェミニストと純情少年。最終的にいい方にまとまったんだと思うんですが、いまひとつ物足りないのはなぜだろう・・・そもそも中学生から・・・おばさん許せないんですが・・・

3

方言萌え?

実際、私が手に取った切っ掛けは、帯にあった「方言エロス」「田舎少年」という言葉、そして、表紙イラストのさらっとした(上手く言えませんが^_^;)絵とはイメージの違うHシーンのイラスト(笑)
全てが上手くまとまって、ツボとは違うんですが購入してみました。

表題作の「よねとにっしゃん」シリーズは、高校時代からの意中の相手が残りモノになるまで待つお話。
最初は酔った勢いで……という感じですが、受くんは段々と身体から絆されていってしまいます(笑)
最終的には、グループデートの相手の女子にまで嫉妬してしまう始末。
とは言っても受くんはツンデレのため、中々素直にはなれないんですけれども。
そんなとこも可愛いなあ、と思ったり。

阿波弁にはちょっと馴染みがないので、時々よく分からない台詞とかあったりするんですが(^_^;正に純朴(?)な田舎男子という感じで充分楽しめました。

Hの時の台詞がストレートなので、そういうのがちょっと……という人にはオススメしません(笑)

別のシリーズ「性日記」シリーズ。
主人公(受)と同級生(攻)、そして主人公の年下のイトコの三角関係、な続きのかなあ。
同級生(攻)は、女の子とも付き合っていて、浮気な感じ。なので正直好きじゃないので、最終的な結果に満足です。
ちなみにこちらも阿波弁です。

3

タチの悪い酔っ払いです

「残りモノには愛がある!?」「恋の大脱走」「おじゃま男子純愛派」「恋は続くよドコまでも」「災い転じて愛となす」(描き下ろし)⇒米倉(ヨネ)×西岡(にっしゃん)
「勝手に恋」「恋する腕まくら」「本当に恋。」⇒ヨージ(中~高校生)×千秋(中~高校生)、八代(中学生)×千秋(高校生)

米倉(ヨネ)は西岡(にっしゃん)に6年越しの片思いをしていますが、高校の同窓会で酔った西岡に煽られ自分の気持ちを抑えられなくなり、酔いつぶれた西岡とホテルになだれ込みHをしてしまいます。

何てタチの悪い酔っ払いなんだ!にっしゃんは。ヨネにおしっこするのを手伝わせるなんて…ただでさえ6年も我慢していたヨネが暴走してしまう気持ちが分かります。トイレでちょっとイチャイチャして、その後入ったホテルでのにっしゃんがまたエロいことエロいこと…。ヨネのち○こに話しかけるわ、挿入されて自分にま○こ(ここ実際は伏せ字じゃないです)がついていた~とうろたえるわ、イッたと同時にもらしちゃうわ(しかも自分にモロかかってる)もうべろんべろんです。

その後にっしゃんのツンデレにヨネが振り回されたりしますが、ヘタレのくせ続きに意外と強引なヨネにようやくにっしゃんも折れてラブラブになります。全てのHシーンがエロエロで、攻が余裕のないタイプっていうのがまたツボでかなり良かったです。眼鏡だし。方言も可愛かったし。とても楽しませてもらった作品です。

「勝手に恋」のシリーズは、面白くないわけではなかったのですが好みではなかったかな…。ある意味ダメ男のままだったヨージの存在が新鮮ではありましたが。

4

そつなく

エロい...(ノ∇〃)キャ♪
方言モエはどうかとおもうけど、キャラクター的にはすごく好き。
にっしゃんが可愛い。
ドえろい。
書き方もあるかと思うんですが、言葉の使い方が巧い。
酔っ払いだからこそのエロさ。
排尿してすっきりしたら意識もどってきてwというのも面白い。
なんだかんだ言ったって、あんまり抵抗もせずなし崩しにはめられたり。
彼女さがすんじゃ!といいながら、事故にあったと聞いたらすごく青ざめた顔でかけつけたり、やきもち焼いたり。なんだかんだで擦り寄ってきたり。
可愛すぎヾ(*´∀`*)ノ
美形過ぎないのもつぼだぞw

2つ目の。
ショタ攻万歳!!!
結局ヨージは最後までだめなやつだったな~

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ