飢えるほどの……快楽

禁断症状

禁断症状
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
20
評価数
9件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784877249809

あらすじ

大学生の御厨智史は、いとこで保護者の同居人・聖也への恋心を自覚して以来、淫夢にうなされて苦しんでいる。這うような音が頭に響き、蛇のような触手の化け物に身体を弄ばれるのだ――。智史は欲求不満が夢になったのかと不安を覚える。しかし毎夜毎夜おぞましい悦楽に翻弄され続ける智史。ある日、聖也に淫猥な夢に高ぶり乱れた体躯を見られてしまう。その冷淡な瞳で見下されるかと思えば、普段とは違う熱っぽい表情で智史を抱いてくれたのだが……?
出版社より

表題作禁断症状

聖也
大学生 御厨智史

評価・レビューする

レビュー投稿数6

触手小説

主人公の智史は毎晩謎の触手に犯される夢に悩まされる、という不思議系のお話です。
内容は触手に犯されるシーンと、同居中の年上の従兄弟、聖也とのベッドシーンが交互に繰り広げられて、ストーリーよりえろメインな作品でした。

同居中の聖也はゲイで、淫夢に悩まされ憔悴する智史を救おうとしてくれますが、この夢の原因を知ってるようなそぶりを見せます。
くっつくのがわりと早くて、お互いがお互いをすごく大事にしているように見える、恋愛部分には大きな障害はないように見えました。
私は従兄弟という設定が好きなので基本は楽しんで読めたのですが、ストーリーそのものはちょっと説明不足に思える部分が多かったです。

智史は病弱で大人しい印象のキャラクターですが、淫夢の影響か、何回もあるベッドシーンではとても積極的です。
わりとえろえろな部分はどっぷり濃い感じで好みでしたが、智史が女の子ぽい喘ぎ方をするので苦手な方もいるかも。

カップリングは好みだったんですが、肝心な淫夢の真相はふわっとしていてお話の中核にもってくるにはなんだか、ふわふわしているような…。「禁断症状」というタイトルもそれにそった続きお話かというと、違うような気もします。

聖也が謎の触手の原因を知ってるようなそぶりを見せるのに、実際解決しようと動くのがかなり最後のほうで、触手か聖也とのえろシーンがずっと続くのでストーリーは薄いです。

ここから先はネタバレになりますが、結局触手の正体や、何故こんなことになったのか、とか、最後は結局智史は悪夢から解放されたのか?というのも非常~に曖昧で終わっています。
作者さんはあとがきて「こういう小説なので正体をハッキリさせるのもどうかな、と思った」そうですが、読み手としてはこれをハッキリさせないと、未完成な小説かオチを考えられなかった小説みたいな印象を持ってしまうと感じました。

ストーリーを期待せず、「触手」という特色設定がBLだとあんまりとありませんので、触手萌えしたい!という方向けの小説だと思います。

1

淫夢 DE 触手☆

淫夢+触手。
もう想像だけでエロエロ確定!

そのへんの期待は裏切らない作品。触手好き垂涎♪

こんなにエロエロなのになぜだか淡白な世界観。受サマ&攻サマのそこはかとなく漂うストイックさのせいか?
あるいは梨とりこ先生の美麗繊細な挿絵のなせる技か。

こんなにエロ描写三昧でありながら話の根底にあるものは純愛。触手にエログロに犯され、ただ快楽を貪るだけの虚しい行為が、従兄への純粋な想いをよりいっそう引き立て、強く感じさせる。

自分は深読みしてしまう質なので(^_^;)
結局触手ってなんだったの!?とか、淫夢の意味は??なんて思ったけども。
そーゆぅかんじの話ではないので(^w^)気にせず触手と攻サマのエロテクを楽しむのがイイかと。

自分としては触手好きというほどでもないけどさらりと楽しく読めた。
攻サマのステキな裸体と、その攻サマとの成り行き的な初Hは胸キュン♪萌評価(*^^*)

1

触手はよかったですが

触手が出てくるの初めて読みました
ちょっと抵抗があったっていうか勝手に苦手意識を持っていたのですが、全然大丈夫でした”(ノ><)ノ
得体の知れないものというだけでどうしてこんなに興奮度が増すのでしょうw
攻の言葉攻めよりも萌えましたww

でも触手以外はあまりよかったとは言えませんでした
読んでいて飽きちゃったんですよね
最後まで読むのにひと苦労
読み終えた後もなんかいまいちすっきりしない
そんな感じでした

他の触手も読んでみようかな~

0

触手いーね!!

最近触手エッチもいいなと思い、どこかのサイトですすめられて買ったこの作品。
とってもエロくてよかったです。(●^o^●)

大学生の智史(受け)は、いとこの聖也(攻め)と同居中。
ただ一つ悩みというと夜な夜な触手の化け物に犯される夢をみること。
睡眠時間を減らしたり声を出さないようにして聖也に隠しているのだがやがて知られてしまいます。
淫夢を見続ける智史を気にかけながらも好きな気持ちを伝え、智史もその気持ちに応え、好きな人とのセックスにおぼれていきます。
しかしそれでもやまない淫夢に原因を突き止めるため昔遊んだ池にいくのですがそこで会ったものとは・・・。

おすすめはやはり触手とのエッチ♪♪夢の中とはいえ何回やられてんの!?ってぐらい攻められまくっています。
強いて言うなら、触手の気持ちというか愛みたいな感情を表現してもらえればさらに良かったと・・・。
それでも、少ない触手Hの作品では個人的に1.2を争うものかなと思います♪♪

エッチ:★★★★☆  触手とのH→聖也とのH→触手→聖也・・・とひたすらいじられる智史。夢でも現実でも、なんて智史の体は大丈夫なんだ続きろうか
と心配になりました 笑







2

触手のみ

梨とりこさんの絵が好きなので表紙買いいたしました。
梨とりこさんの描く人物は少し陰欝な感じがあって魅力的です。今後も挿絵買いしたいと思ってるレーターさんです。
肝心の小説の中身なのですが、ほとんどが触手エロといった感じで内容があまりありません。
話の核になるであろう受けの過去に何があったかという部分もなんだかぼんやりさらっと描かれていて消化不良でした。
また、主人公達の心情をもっと緻密に書いていただきたかったです。

触手エロをどっぷり堪能したい方にはおすすめです。

1

触手バンザイ☆

主人公の智史が同居人の聖也への恋心を自覚したことから、
以前から悩まされていた夢で謎の触手に犯されはじめ、それをきっかけに・・・
という感じの話。

話の大半が触手に犯されているand主カプのエロシーンだったような・・・。
でも、呼んでいてそこまでエロ過ぎることもなく、さらさらよめました。
主人公がかなりネガティブなので、私的には少しイライラいてしまう部分もありましたが、健気でかわいい子でした。

昔の記憶を思い出すシーンはシリアスな雰囲気ではあったのですが
もう少し詳しくじっくり描いて欲しかった気が・・・
あまりにもサラサラ進みすぎてちょっと物足りなかったですね。
でもやはし触手攻とは萌えるものですね!
受がエロく誘うシーンはもう・・・(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ