真夏の被害者 2

真夏の被害者 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日
価格
¥2,572(税抜)  ¥2,778(税込)

あらすじ

【 キャスト 】
森川智之(大倉隆一)/石田彰(中里正志)
真殿光昭(橋本優)/渋谷茂(砂神悦郎)/岡野浩介(中里直志)
中田和宏(大倉雄一)/橋本涼子(女将)/うすいたかやす(男1)
栗田圭(男2)/小原雅一(男3)/太田勝弘(男4)

【 あらすじ 】
親友の優に犯された正志は、心に深い傷を負い、悦郎の元へ。そこで悦郎によって、天国の様な初体験をし、癒されるのであった。そんな正志を待っていたのは、彼のことを自分のモノの様に扱うリュウであった。正志はリュウに反発しつつも、意識せずにはいられない。
一方、開き直った優は、正志のことを諦めないと宣言。二人に狙われる正志。そんな中、再び夏がやって来た。正志、リュウ、そして優の三角関係に終止符は打たれるのか。ボーナストラックには声優フリートークを収録!
ブックレットにはオリジナルサイドストーリも収録されています。

表題作 真夏の被害者 2

大倉隆一 → 森川智之

中里正志 → 石田彰

橋本優 → 真殿光昭

中里正志 → 石田彰

中里正志 → 石田彰

砂神悦郎 → 渋谷茂

大倉雄一 → 中田和宏(現:中多和宏)

砂神悦郎 → 渋谷茂

その他キャラ
中里直志[岡野浩介]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

石田さん攻が!

原作既読なのでストーリーには驚かないつもりだったんですが、やっぱ音声ドラマになると破壊力増しますな!
この辺りからトンチキのかほりが漂い始めます。

ともかく石田さんが頑張ります。
あ、この作品は一瞬ですが石田さん攻がありますのでそこ要チェック!
優役の真殿さんは変態役輝いてるなー、正志をめぐってリュウと対立するんですがまあ最初から勝負は付いちゃってるので気の毒。
一応シリアスなんですが、かなりギャグと紙一重のとこまで来てます。
石田さんが頑張ってますが、主役の正志に感情移入するのは相当難しいかと。
まあ登場人物のほとんどが理解出来ない人達ばっかですが。
聞き終えてこれは何だったんだ……と妙な充実感が。
内容は良くも悪くも濃いです。

ドラマCDは2作目で終ってますが原作的にはここがいい区切りかも。
尤もエロ中にオゥ~、イェーィとか外人モードになる森川さんはちょっと聞きたかった気がします(※原作では3巻からリュウが主にエロ時、外人モードになるので)

1

ちょwwwww

↑何回こういう感情に襲われたか。
もう笑うしかないです。すごいです。
昔の作品って、たまに斜め上すぎて目を白黒させるしかないのってあるんだよね。ある意味、今の作品よりもフリーダムでインモラルだったりして。
こんなお話もアリなのかと思いながら聴きました。

とにかくエロエロです。
しかもやたらと真面目にエロエロ。
前作では二人の男に愛されてレイプされた受けの石田さんですが、今回はいきなり攻めにまわり、年上の男とエッチしちゃってました。

ちょwww
なんでそーなるwww

今ならこの展開、編集さんがNOを突きつけるんじゃないでしょうか。
で、やたら真面目なモノローグがくっついて、その行為を文学的というか詩的に解説してしまうのだ。
物語の最後までそんな感じで、「なんでやねん」「どないやねん」と突っ込みを入れつつ聴きました。
エセ臭漂いまくりのあやしいセックスセラピー万歳。

面白かったです。
趣味の分かれる作品だとは思います。
作者さん、どこまで計算して書いたのかなァ。このあたりは原作を読んでみなきゃ分かんないな。
いずれにせよ、真面目に聴いちゃダメw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ