不器用なサイレント 2

不器用なサイレント 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
24
評価数
7件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
小川信寛
音楽
佐藤和郎
脚本
堀井明子
原画・イラスト
高永ひなこ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレット
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

大好きな憧れの田宮とラブラブになったけど、いまだになかなか感情を顔に出せない遠野。合宿中の田宮に大事なキモチを伝えたいと夜中の学校に潜入しようとするが……。

表題作 不器用なサイレント

田宮啓吾 → 高橋広樹

遠野智 → 宮田幸季

その他キャラ
加賀美隆仁[杉田智和]/ 相良裕司[遊佐浩二]/ 遠野の父[鈴木琢磨]/ 中堅手[青木強]/ 遊撃手[佐藤雄大]/ 捕手[井口祐一]/ 三塁手[真仲恵吾]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

続きがほしい

加賀見さん(CV:杉田さん)登場回です。好きなキャラなので、出てきてテンション上がりました。
ちょっと、加賀見さんと田宮くんの声が似ているかとは、思いますが、
この二人は直接絡むことが無いので、あまり気にはなりませんでした。
高校生とは思えない演技の加賀見さんですが、元々、『こいつ、本当に高校生か?』と思うようなキャラなので(同作者の『暴君』にでてくる森永君(大学院生)の方が幼い顔立ち……)、
むしろ、こんな演技の方が個人的には良いんじゃないかなとおもいます。

三巻以降もドラマCD化してほしいです。
加賀見さんとゆうちゃんの絡みください!!

0

上には上が…

原作既読です。
コミックと比べると、2巻の「first voice」以外のエピソードが丸々収録されています。
前作より登場人物が増えて、内容もコメディ度が上がっていると思います。
原作漫画の方でもそうなんですが、私は1巻で主役だった田宮x遠野カプの方が今回新たに加わった加賀美x相良カプより好きなので、前半の方が楽しめたです。
加賀美先輩役を演じられた杉田さんは、高校生とは思えないほどの落ち着きぶり&大人な声でした。なんでも相良よりポジション的には上なので、そういう風に演じるよう指示が出たとか。
それについてのフリートークが面白かったです。もし先生が出てきたらどうするんだ?とか。ふざけておじいさんの声を出してるのを聞いて笑ってしまいました。
ちょっとフケすぎな生徒会長かな?とは思いましたが、杉田さんの大人なお声は好きなので、私的にはOKです!^^
他にいい味出してたのは遠野君のお母さんかなぁ~。遠野君みたいに無表情なんですが、これは漫画を見ながら聞いた方が更に楽しめるかもです。
メインのお二人のことが最後になったのですが、こちらは相変わらずラブラブです。
宮田さんのHの続き時の声が前作よりピッチが上がったかな?と思ったのは気のせいかしら?
今回は野外Hがありますからね~そのせいかな~?w

0

すっげぇかわいぃ~

【高橋広樹/田宮啓吾・野球部×宮田幸季/遠野智・美術部員】
【杉田智和/加賀見隆仁・生徒会長&遊佐浩二/相良裕司・書記】

<ユーレイが現れた!?>
遠野のパパ・ママ初登場!やっぱイイ味出してるな~

ここでの聴きどころは、初のアオカン!!
「ちゅってしたから・・・」とか「声、おおきい」とか。萌える~~!
宮田さん(遠野)は吐息や鼻息、全部が色っぽくて、
高橋さん(田宮)もさわやかにエロいんだよね~
うん、この2人のカラミ最高♪

<ラブラブ大作戦▼>
加賀見と相良をくっつけよう!ってことで、田宮と遠野が恋のキューピッドに。いろんな作戦を立てて実行するんだけど、失敗ばかり。
この辺が聴きどころ!
2人は必死なんだけどおもしろいんだよね~
遊佐さん(相良)が作戦をバッサバッサ切り捨てるとことか。
杉田さん(加賀見)のキラキラ王子様ボイスと腹黒ボイスの二面性とか。   もう、さいこー
相良は腹黒かな?って思ってたけど、加賀見が相手じゃ敵わないよなぁ・・・逆に相良が可愛く思えた(笑)
今回はキスだけだから、この2人の喘ぎも聴きたいな。

田宮と遠野の続きHシーンはどっちの話も原作より激しい(照)
挿入時の宮田さんの喘ぎは超絶エロい! 神です!!

<TALK>
遊佐さんは、杉田さん登場でビビったって。
確かに、相良は攻と思ってたら、受だからね。
次作では、ぜひヤられちゃって下さい(笑)

ブックレットのイラストがまたイイ!
各キャラのイメージで4人がコスプレしてて。
田宮もエロ可愛いし、相良のスカートは必見☆

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ