恋の雫

恋の雫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
40
評価数
14件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ランティス
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

大学で知り合った成沢と肌を重ねるようになった麻耶。
カラダの関係が自分だけ深く、熱くなってしまうことに焦燥を感じた麻耶はーー...?
好きだからうまくいかない。恋に悩む青年たちの、甘くて苦しい3つの青春ラブストーリー。(メーカーより)

表題作 恋の雫

成沢亘 → 羽多野渉

柴崎麻耶 → 近藤隆

同時収録作 シェイク

宮守直人 → 杉田智和

菊水一 → 神谷浩史

同時収録作 抱きしめたい

高瀬玲司 → 平川大輔

練馬奏良 → 代永翼

評価・レビューする

レビュー投稿数8

キャスト好きの方にオススメ!

原作から「恋の雫」「シェイク」「抱きしめたい」の
3つのストーリーが収録されています。
オムニバスで話自体が短いので
深く味わう作品ではありませんが、
どれも今後を期待させてくれるほんわかしたストーリーです。

★「恋の雫」
羽多野くんも近藤さんも安定のカッコ可愛い声ですが、
エッチばっかりで内容的にはちょっと薄い気が。。。
でも、キャスト好きの方ならOKだと思います!

★「シェイク」
神谷も杉田も大好きなので、大大大満足!
神谷はちょっと男っぽさ漂うイケ声で、
杉田は物腰柔らかな落ち着いた大人のイイ声です。
電車のシーンでの「どれ?」という囁きに悶えました!!
もっとこの2人のお話を聴きたい!!

★「抱きしめたい」
平川さんも代永くんも、メチャクチャ可愛いです!
それぞれのキャラの可愛さがしっかり出ていて
とても癒されました!!ストーリー的には一番好き!

0

話の深さは感じないけれど

波多野さん目当てで聞きました。
原作既読です。
原作漫画では4組のカップルのお話が収録されていますが、ドラマCDでは「きみの声が届く距離」以外の3組のカップルのお話が収録されています。
加えて漫画ではなかった「シェイク」のその後のお話(?)が追加されて、漫画では最後までいってなかった2人がちゃんと結ばれてます(笑)。
漫画より台詞が随分追加されて分かりやすくなっていると思います。
3つの短いお話の中にきっちりHシーンは入っているので、どちらかというとストーリー性よりもH重視な仕上がりかなと思うのですが、主演されている声優さんのファンの方なら聞いてもいいかなと思います。
私も波多野さんの若めの軽い感じの声が聞けてよかったかなと思いました。

0

コンパクトにかわいく。

『恋の雫』
恋人同士の柴崎と成沢。
自分の方ばかり好きなようでどこか面白くない柴崎だが…。
オムニバスなので短いお話なのに、そのわりにはえちが何回もあってちょっとビックリでした。
デキあがってる恋人たちのお話なのでイチャイチャになっちゃうのかな。
近ちゃん(近藤くん)の柴崎はぶっきらぼうのようなツンデレのような?
甘えたくないわけじゃないけど、つい突き放しちゃうようなところがあったり。
一方の羽多野くんの成沢はワンコっぽくもあり好き好きオーラ全開というか。
どこか自分が許されることを知っていて押してるような感じもしました。
すぐえちになだれ込んじゃうような気もしたけど、そのえちシーンも素敵だったのでいっかw

『シェイク』
カフェ店員の菊水はある客のオーダーを取りに行った際に手に触れられた。
それからも店に通ってくるようになった客・宮守は菊水が好きだと言って…。
なんというか、神谷くんの菊水は控えめな感じで落ち着いたトーンが聞きやすくて好き。
それなのに、色気があるんだよなー。
もちろん、えちシーンでも。
杉田くんの宮守はサラリーマン役だけどがちがちの続き堅い感じじゃなくソフトな感じ。
でも、なんか裏がありそうな優しさにも聞こえる(笑)

『抱きしめたい』
目が合ったら気になった。
気になって見ていたら好きになって触れたくなって…。
高校生のかわいい恋のお話。
自分の気持ちをセーブしなきゃって思う気持ちと走り出す衝動と。
練馬役の代永くんはフリトでわりと抑えたみたいなこと言ってたけど、それでも標準から比べればフツーにお元気少年の部類だと思う。
ちょっと落ち着いてるところあったけど。
高瀬役の平川さんはフツーに落ち着いてる高校生。
実際はいろいろな感情がひしめき合ってたりするんですが。
かわいいお話のまま終わるのかと思ったら一気に最後えちまでなだれ込んでちょっとびっくりしました。
あ、あと羽多野くんと神谷くんが生徒役で出てました。

3話ともがっつりえちアリ。
短いのでその分、ポンポンお話が進む感じかな。

フリトは近ちゃん、羽多野くん、神谷くん、杉田くん、代永くん、平川さん、丹沢さん、あと女性キャストが1人。
杉田くんだけもしかしたら別録りかも?
ほかは全部一緒だったっぽい。
いろいろツッコミが入ってたので。
亘(わたる)役の渉くんの話。
神谷くんがいい先輩だという話(杉田くん、若干、それはモノマネですか?)
代永くんにしてはお元気すぎない少年役。
イイ声で演じたのにリテイクをくらった丹沢さん。

0

キャスト目当てで聞くCD

近藤さんの初受けと、豪華なキャストばかりなので
深く考えずに、好きな声優目当てで聴くと楽しめる。
ファンなら買ってもいいんじゃないかな。

お話は短編が三つ、全体的に落ち着かない感じがしたものの
、軽くて可愛らしい印象。+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

細かく心理描写があるような、丁寧に作り込まれた
CDを聞きたい時は、物足りない。

個人的には、リピートすることはない。
私には、合わないので手放すタイプのCDです。

0

神谷×杉田カプに惹かれた

お題目どおりです。
波多野くんも平川さんも大好きですが……。

やっぱり神谷受の杉田攻は神じゃぁ!!

「恋の雫」は、アタシが常日頃から不満に思っている事がなんか出てた。
Hのときも苗字で呼ぶって気に入らないんですよ、アタシゃ。

「シェイク」は大人の恋です。
神谷さんの声はいつ聞いても、何で聞いても、どんなキャラでも神谷さんだなぁ。大人の男性なのに、ちょっとやんちゃ入ってましたね。
杉田さんは年下なのに飄々としてるキャラで、なりきり型です。
けして○魂のアホ声でもなく、尊大な悪い人でもなく、某BLCDの俺様モデルでもなく大人な素敵声。
「何処?」って耳元でささやかれたらその瞬間「うあぁぁ」って落ちまっせ。

「抱きしめたい」ですが。
いきなり平川さんのナレーションから入ってびっくり。
高校生の可愛い可愛いお話です。
可愛いミニワンコが相手の気も知らずに振り回してKO寸前。
はてさて一体何回攻は「可愛い」を連呼したのでしょう?

このお話の裏テーマは「遠くからみつめる」ですね。

BL初心者向けかと思ったけど、ちゃんとHシーンあったからなぁ。続き
初心者は一回深呼吸して聞く感じではなかりけり?

またまたお買い得CD、ゲットだぜ!

0

3つの恋の味

原作既読。オムニバス式というか短編集で、三組のCPを一枚のCDにまとめる形としては、完成度は高い。
原作にはもう一つ別の話が入ってたような…これも音で聞いてみたかったです。
恋人たち(既になっている、これからなるを含め)の日常の一コマを切り取ったような作品。三作ともテイストの違った恋を描いている。

▼恋の雫
二人とも初々しくて可愛らしい。
羽多野さんは思ったよりも低い声だった。短い中でこれだけ濡れ場を入れながら、ストーリーもちゃんと進めてくれている。

▼シェイク
色気たっぷりの大人の恋。
個人的にはこの話が一番好き。菊水って、綺麗な名前ですね。
シェイクというタイトル通り、かき混ぜられるというか、主に菊水さんがぐるぐるしていて可愛い。神谷さんは美人声で、所作の美しい素敵なウェイターさんと思いきや、なキャラ設定に凄く萌えた。
電車のシーン、耳元で囁かれる杉田さんの声にノックアウト。

▼抱きしめたい
これから恋が始まるという話。爽やかで後味が良い。
抱きしめたい、もそうだけど、三作あわせてキャストがぴったりだなあという印象。
代永さんが演じていた奏良続きが可愛くて、まさに『抱きしめたい』。

この短さなら納得の出来。シェイクの二人はもっと聞きたいなと思った。

1

乙女ー!

短編が三つ入ってます。
声優陣は豪華!
ただ、ストーリーが乙女ちっくで、三つ目の短編を除くと私には合わなかったのが残念でした。
ストーリーが合わないけどエッチは多かったので、それはかなり嬉しかったです。

『恋の雫』
波多野さん×近藤さん。
エロにはじまりエロに終わる感じ。
「下の名前で呼ぶこと」を重視しているお話。下の名前で呼ぶことに萌えを感じないんだよね、私。

『シェイク』
杉田さん×神谷さん。
おふたりともイイ声ー。
キャストロールでの神谷さんと杉田さんの仲良しバトンタッチに萌えました。

『抱きしめたい』
平川さん×代永さん
平川さんの攻め声に萌えました。
ストーリー的には、これがいちばん好みだったかな。

1

甘いBLCDのエッセンス

大学生カプ「恋の雫」柴崎麻耶:近藤 隆、成沢 亘:羽多野 渉
社会人カプ「シェイク」菊水 一:神谷浩史、宮守直人:杉田智和、
高校生カプ「抱きしめたい」練馬奏良:代永 翼、高瀬玲司:平川大輔

の順に収録。

どれも、可愛らしいお話で、それぞれ、約25分、20分、15分と短いなりに、ちゃんとやることは、、、

そして、どのカプの、どの攻めクンも、
ベタ惚れの、ベタ甘
甘甘ラブオーラが雫になって滴っている。

オムニバスなのに、3編分、キャストさん、みんな集めて一気録りしたようで、ヒロC達が高校生でガヤしてたりするのも楽しい。


それにしても翼くんの高校生って、かわいすぎて,体育倉庫で啼かされたりしてると、いかがわしいというか、いけないこと感5割り増しだ。


最終トラックのキャストコメントも、この位の分量の、この位の内容のご挨拶が入っているのが、ちょうどよくって好き。

別CDで、カオスな、ヒロC曰く「割れ!」なトークCDが付いてくるのも好きだけど、本編の最後に付くなら、この位の感じがいいな

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ