YEBISUセレブリティーズ6

YEBISUセレブリティーズ6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 YEBISUセレブリティーズ6

レオン → 乃村健次

高館要 → 伊藤健太郎

同時収録作 ~Memory of Love~

久家有志 → 神奈延年

益永和実 → 千葉進歩

その他キャラ
大城崇[小杉十郎太]/ 藤波はるか[鈴村健一]/ アルベルト[一条和矢]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ええーっ、そこで終わるの!?

(レオン×要編)
乃村さんイトケン(伊藤さん)初対決作品。
要はツンデレなんだけどただのツンデレじゃありませんでした!
いや、なんというか…天の邪鬼?
それがツンデレだっけ?(アレ?)
最初は絆される形で友達のような付き合いからスタートしたようなんだけれど、6年の間にそれはしっかりと育まれていて。
要の中でレオンの存在は大きくなっていて。
ただ。
自分からそれを言うのは癪だし、男としてのプライドとかいろいろなものがあって。
ゲームにかこつけてみたりするんだけども…レオンがヘタレすぎるんだよ!!
基本的に惚れた弱みか主導権は要に握られてて。
ちょっとしたことで落ち込んだりヘコんだり。
ちょっとイラッとするくらいのヘタレで要が怒ってしまうのにも納得というか。
とりあえず、あの夜のことを忘れるとかアリエナイ。
結局、要の方から譲歩するような形で2人の関係は進展することになるんだけども。
イトケンいわく「未挿入」で終わってしまったので、どうせなら「挿入」して欲しかったかな、と(笑)
久しぶりにイトケンの声聞いたけどこういう感じのイトケン好きだなー。
乃村さんは続きおそらく初聞き。
レオンが熊に喩えられてたりするんだが、たしかに乃村さんの演じたレオンも熊っぽかった!
なんか大きくてちょっと暑苦しそうな感じ(爆)
あ、あと。
最初のシーンで英語で会話するシーンがあるんだが、わざわざ英語セリフにキャストがついてて(前で日本語会話があってそれにかぶせてある形なんだが)そのレオンが金丸さんて!
金丸さんが英語上手なのは知ってるけどもこんな使い方ってあるんだなぁ…。

『Memory of Love』(久家×益永編)
こちらは書き下ろしのお話になります。
記憶喪失になっちゃった恋人とのベタな展開。
しかも、最後は夢オチって!!
まぁ、そんなベタベタな展開ではあるのですが、基本的に私、記憶喪失ネタは好きです。
だって、どうしたってせつない展開になるじゃないですか。
益永のことを忘れてしまった久家は益永が病室に行ってもキョトンだし、以前の久家に戻ってしまったわけだからナースたちとワイワイしたり。
それでも。
そんなふうに自分が忘れられてしまっても益永は、自分には久家しかいないと改めて実感してしまって。
ここから先もひっそりと想っていこうと決意してみたり。
記憶がないながらも毎日のように見舞いに来る益永と過ごしているうちに少しずつ久家の中で芽生えるものがあって。
それがやがて大きく動く時があるんだけども。
新しい2人での関係を築き、病院えちだ!
益永が色っぽいス。
そっから、夢オチ展開に進んでいくんだが、寝言で喘いでたら絶対びっくりするよな!
そんな寝言嫌だわー(苦笑)

フリトはみなさんでわきあいあい。
ドラマのハイソな雰囲気はフリトでみんなブチ壊して残念な感じになるとか(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ