梨園の貴公子

梨園の貴公子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

253

レビュー数
9
得点
49
評価数
14件
平均
3.6 / 5
神率
42.9%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
脚本
佐藤拓
原画・イラスト
円陣闇丸
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

息詰まる愛の駆け引き!美貌で性悪の危険な男、「色悪」。彼こそが、歌舞伎界の名門御曹司で華も実力も備えた常磐宗七郎だ。カメラマン尾上浅葱は、強引に持ち込まれた写真集の企画に反発を抱く。「二週間で絶対に引き受けさせる」という傲慢な態度。だがファインダ-を通して観た常磐はゾクゾクするほど艶っぽく、高慢な浅葱のプライドと恋心まで刺激して…!?

表題作 梨園の貴公子

常盤宗七郎 → 森川智之

尾上浅葱 → 井上和彦

あて馬
千石 → 堀内賢雄
その他キャラ
常盤紫川[飛田展男]/ 長田[花輪英司]/ 藤村虎之助[安元洋貴]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

はじめてかったBLCD

井上和彦さんの受けはほんと好みです

0

誰が何と言おうと

久しぶりに聴きたくなって・・・。

私の中の神、井上和彦さんの初受けにして最後の(今の所ですが)受けの作品。
原作は既読です。大好きな作品で定期的に聴いてます。
私の大好きな年下攻めで、井上和彦さんが受けなんです。攻めは帝王の森川智之さんです。
これはもう誰が何と言おうと神作品なのです。

写真家の尾上浅葱(受け)と歌舞伎役者、常盤宗七郎(攻め)のお話です。

井上和彦さんの男らしく受けて立つのがかっこいいんです。受けなんですけどね。
何だろう・・・。そこはかとなく、色っぽいんですよね~。
続編あるんですがもう出ないだろうな。

千石役の堀内賢雄さんのいやらしさが際立っていました。さすがですね。

紫川主役のお話も出ないんだろうな~。

1

贅沢だなぁ…

井上さんの初受けってだけでぐぁっとテンション上がるんですが
森川さんの年下敬語攻め!!!
満身創痍な冒頭から、酔って素を曝け出すシーン、
井上さん演じる浅葱に夢中になり、ワンコっぽくなるとか
色んな帝王を堪能出来ます♪
シーン4の酔ってるところ、本当にそんな口調で惚れ惚れ~!!!
決してわざとらしくないんです!
介抱したくなる……。

紫川の兄さん役・飛田さん、うまいっ!!!
声と話し方が、かなり女形を演じる方のそれっぽい!!!
少ししか出番無かったですが唸りました!プロだなぁ…。

父を超えられない、誰も自分を唯一無二と思ってくれないと
嘆く宗七郎に同情せざるを得ませんでした。
過去の事件も含めて…。
それに絆される浅葱、綺麗系のお声とはちょっと違う気がしましたが
大人の男らしさがずぅんとキます!!
森川さんの年下攻めも引き立つ感じ♪

キス音、ものすんごくえっっっっろい!!!
って思ったら、演出・阿部信行さーん!!w
いい仕事してはる……。

堀内賢雄さんの悪役っぷりと、最後のへなちょこ感!
いいなぁ…。
かなり自分のことしか考え続きてないようなところが!(褒め言葉ですよ)

巻末フリートークで賢雄さんに
「それじゃアヒルじゃないですか」森川さんのツッコミ!w
色々笑わせてもらって、
やっぱりフリートーク素晴らしいです……。
足のふくらはぎが攣った痛みですら
喘ぎに混ぜてしまうベテラン井上さんらしいです。
冗談で言った“受け”が本当になるとは…井上さん、自業自得ですよ!w

円陣闇丸さんのイラスト!!!
美しすぎる……。
原作も是非読んでみなければ!!

歌舞伎に重点を置いているわけではないので
歌舞伎ファンには物足りないかもしれませんが
一般的には歌舞伎役者×カメラマンの大人の恋を楽しめると思います♪

知識がない私でも、さすがに“なしえん”とは読みませんでしたよw


1

題材と役者さんはいいんだが…。

久しぶりに再聴してみましたが…やっぱり、どんなにいい役者さん揃いでもダメなものはダメだなと実感してしまった。
かつて能楽・歌舞伎好きだった自分、見つけた時は「帝王・モリモリが歌舞伎役者!うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」と鼻血出そうになったもんです。しかも受けが井上さんかッ!とワクワクした人は要注意な作品です。

考えてみれば、一昔前なら、10になるかならないで色事まみれになるのが当たり前だったといわれる梨園を舞台にしたBLがあってもいいんですが、なぜか梨園モノってあんまりないよなー。
歌舞伎に詳しい作家さんが原作を作ってくれればもっと面白い展開になったかもしれないけど。
ストーリーそのものはウルトラ面白くないです。
んー。宗七郎が色気まみれの歌舞伎役者にしちゃ、ココロの線が細いっちゅうかウブいというかw
そもそもこの展開で、歌舞伎役者を主人公にする必然性はなかったんじゃないか。

モリモリ×井上さんのほかに飛田さんや堀内さんといった豪華なメンバーなのに凡作。

というか、上記の豪華メンバーで、しかも、帝王攻めの井上さん受けという珍しいパターンだったから、「凡作」で済んでい続きるのかもしれません。
ほかの方々が書かれているように、「助六」の触りぐらいしか特筆するところがナイんだな。
FTも心なしかテンション低かったw
珍しい井上さん受け&飛田さん森川さんがちょこっと歌舞伎やってるよ、という珍作コレクションの一つに加えておこう・・・。

0

歌舞伎のセリフも聞けますよ♪

歌舞伎、好きでたまに見に行ったりしているので、
どんなもんかと聴いてみました。

美形カメラマンの
尾上浅葱(受:井上和彦さん)と

歌舞伎界の名門御曹司で傲慢な
尾上浅葱(攻:森川智之さん)のお話。

カメラマン尾上に対して強引に、写真集の企画をもちかける常磐。
その態度と強引さに反発を抱く尾上だったが……。
というような始まりで、ストーリーの展開は
特に新しさがあるわけでもなく、至って王道的でした。
なので、人によっては退屈になるかもしれないけど、

堀内賢雄さんもでていて、
ベテラン3人組みの色気,演技は迫力満点でした。
H度は記載どおり標準的かな。

私としては、歌舞伎の科白が聴けて嬉しかったです。
飛田展男さん (常磐紫川) も森川さんもなかなかでございました。

0

しっとりとした、大人の受です。

若手歌舞伎俳優(傲慢な年下攻・森川さん)とカメラマン(受・井上さん)
+カメラマンの師匠&元愛人(堀内さん)、と言う設定。
まず、梨園って設定をドラマCD化しようって言う心意気がすごいなと。
ちゃんと歌舞伎のシーンもあるので、大変だったろうなぁ。


その手のシーン、井上さんが壮絶に色っぽいです・・・。
激しくはないんですよ。穏やかなんだけど、生々しいって言う・・・。
音がね・・・想像を掻き立てられるというか。
擬音もそうなんですが、衣擦れの音とかね、リアルなのなんか!
聞いてるこっちが恥ずかしい・・・
無駄に喘いでないのもいいですね。
きゃんきゃんした受けはあまり好きでないので。こっちのが全然いい。
井上さん(浅葱ね)が、イった(と思われる・笑)後の吐息なんて、もう!
はぁぁあぁぁぁ~~~~(うっとり)
いつもの、低音の井上さんなんだけど、お相手も森川さんですからね、
その辺が絶妙なバランスなのかな?
意外と"ガチ"な感じはしなくって(笑)、ナチュラルで、よいのです

宗七郎は、傲慢・・・って感じもしなかったかな。
むしろ、最中に本名で呼んで欲続きしい、とか可愛いじゃないですかv
(名前ネタ好きなもんで。)
浅葱も宗七郎に惹かれてるんだけど、まだちょっと意地を張って?
酒の勢いにしておいてくれ、とか逃げ場を作っちゃう辺りが大人ですね。
その辺の心理描写も良かったです。
堀内さんの千石の嫌なやつっぷりも良かった(笑)

フリートークで「恥ずかしさは全く無い」と言った井上さんに
プロを感じました!(笑)

2

なまなましい息遣いに耳が湿り気を帯びるようなv

「梨園の貴公子」というタイトルそのままに
歌舞伎界のプリンス宗七郎(森川)のお話。
歌舞伎役者の虎之介(安元)の写真集を撮影するはずだった
浅葱(井上)は、マスコミ嫌いで写真嫌いの宗七郎(森川)の
写真集を出してほしいと頼まれる。
2週間という期日を決めて宗七郎(森川)の稽古場に通い
宗七郎(森川)を被写体として見極める浅葱(井上)・・・

その先にあるのは、ベタな恋愛劇と愛憎劇ではあるのですが
梨園という世界を音でしっかり伝える演出は
さすが阿部信行!といった感じ。
歌舞伎特有の唄っていうんですか?節っていうんですか?
ほんの少しではありますが、森川さんと飛田さんの演技に驚愕します。
些細な部分の作りこみを手抜きしていないので
大変贅沢な1枚に感じました。

絡みは、なまなましい息遣いに耳が湿り気を帯びるようなv
和彦さんの初受け。
これは好みがわかれそうな受けではありますね。
若手の受けボイスばかり聴いてると、ちょっと生っぽくてへビィかも。

最後に・・・
安元洋貴ファンのわたしには虎之助役でている
安元さんのボイスの軽さというか若さに続きニヤニヤ。
脇ならではの安元さんだなぁと。
「~っス」口調なのも、ほほえましかったv

フリト(井上、森川、堀内)
和彦さんと賢雄さんは、おやじギャグが大変お好きな方なので
もりもりおつかれさまvと、いった感じでした。

1

井上和彦さんの初受け作品

原作未読の状態でCDを購入。
井上さんの「受」だけを聴きたくて買ったので、
あまり内容は期待していなかったのですが……面白かったです!
アダルティーなCDでした!

梨園が舞台ということで、
劇中劇で歌舞伎をちょこっと披露する声優さん達。
技術はそりゃ~本職には劣ります(当たり前だ)。
しかし!歌舞伎っぽさというか、雰囲気はよく出ていました。
森川さん演じる常磐は御曹司オーラがバシバシ出ていて、良かったです!

特にときめいたのは、紫川役の飛田さん!!
こういう女方、実際にいそうです!
劇中劇も頑張っていたけれど、
常磐の楽屋に訪ねてきた時の素の喋り方が、
まさに女方だなぁ~という感じで。ステキでした。
出番が少なすぎるのが残念。

あらすじ・イラスト・登場シーンから、
常磐(森川智之)は一筋縄ではいかない
「色悪」タイプなのかと思っていたのですが。
とっても真面目で素直な可愛い年下くんでした!

そんな可愛い年下くんを受け止め、
甘やかしてくれる年上美人・浅葱(井上和彦)。
包容力がある大人の受けでうっとり。

この作品で井上さん続きは「初受け」だったらしいですが。
濡れ場でも声が高くならなくて、
低く甘い声で呻くように喘いでいるのがイイ!
控え目に喘いでいるのが初々しくて色っぽくて。
大人の男という感じです。
井上さんの声は普通の雑談をしているだけでも甘くて、
エロいから困ります。

1

森川さん、飛田さんの歌舞伎演技がすごい!

原作未読ですが
森川さんが和彦さんを攻めている!って事で聴いてみました。

お話としては、かなり王道で
歌舞伎界のプリンスである宗七郎が
以前、父の取材に来ていたカメラマンの千石のアシスタントだった浅葱のことを気に入って
自分の写真集を浅葱に撮らせようとかなり強引な方法に出るが
宗七郎の舞台を見た浅葱の方がすっかり宗一郎に魅力に見せられてしまって。。。
という流れで
途中、すべてを兼ね備えたような宗七郎の抱える苦悩が見え隠れしたり
浅葱が自分の過去が、宗七郎に相応しくない、と悩んだりするものの
全体に二人の気持ちの動きがわかりづらく
声優さんの声の魅力のみで乗り切った、という印象の作品でした。

それでも萌評価にしたのは
森川さんと飛田さんがほんの少しだけ演じてくれた歌舞伎の一節が素晴らしかったから。
これは、聴いてみる価値あり!
あと、ベテラン2人の絡みは
森川攻め・井上受けでは初対決とは思えない程息も合ってて
なによりもねちっこいw
好き嫌いはあるかもしれませんが、これもなかなか良かったですw

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ