欲望のしずく

yokubou no shizuku

欲望のしずく
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
23
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862636805

あらすじ

「俺がお前を、快楽の底に沈めてやるよ――」危険なカリスマ性を持つ美貌の保健医・黒曜に身体を奪われてしまった譲は、黒曜から与えられる快楽に抗えず、逃れるすべもないままに溺れていく。「嫌だ」と思いながらも、黒曜が時折見せる小さな温かさに触れるにつれて、譲はどうしようもなく心魅かれてしまい…!? 描き下ろしの後日譚&白銀×岡本編も収録!!
出版社より

表題作欲望のしずく

黒曜 保険医・魔の者
相原護 高校1年生

その他の収録作品

  • 白銀×岡本「嫉妬編」
  • 白銀×岡本「求愛編」

評価・レビューする

レビュー投稿数6

人を選ぶかもしれませんが、奥が深くて好きです

内容は皆さんも書かれている通りスプラッター+エロ。

黒曜と白銀は悪魔。(カニバリズムの悪魔であるけども、サキュバス的意味もあるんじゃないかな…?)

白銀は黒曜に執着し、強さの秘訣的なものを暴きに(?)学校に来た。
だから最初保健室で黒曜に犯されていた子が翌日獣姦された(白銀に)遺体で見つかった。

委員長が途中風変わりしたのは、本当の自分を欲望のままさらけ出せ的な効力の魔法…術?暗示?を黒曜にかけられたからかな?
(きっと委員長は、[委員長=優等生じゃないといけない]的な檻から自分を解放することができ、結果大分委員長のイメージから違ったようなチャラい人になったんじゃ…)
と思ったのもつかの間、戻ってきた委員長=白銀じゃないですかこれ(笑)(・∀・)
きっともとの委員長は学校に戻れないような状態で、代わりに白銀が委員長を名乗って学校に来た、と…。

白銀は岡本に目をつけてて(単純にタイプだった?後々ようやく恋心自覚します故…。いえ、自分にあった獲物(いい匂いがするみたい?黒曜は譲に惹かれて、白銀は岡本に惹かれた…のはマッチした匂いを持っていたから=運命))近づ続きこうとするんだけど、他の生徒に邪魔されて(他の生徒に悪意はありません。)それに腹を立ててその生徒や岡本を無理矢理犯そうとした生徒をさばいていく…(←物理的に)
岡本をそれらの生徒に代わって白銀が犯し始め、譲に見つかり、黒曜の獲物だと認識するや否やターゲットを譲に切り替え犯そうとするも、そこで助けに来た黒曜とのバトルに入る。

白銀は黒曜に、人間を殺すのをやめて弱い人間如きに絆されるようにまで落ちぶれたのかと挑発するも、目の前で黒曜と譲のストーリー展開される+限りある命ゆえに人間は美しく強いと黒曜に軽くお説教を受け、興醒めし、もう殺す価値なくなったって言って踵を返します。(そこで見逃しちゃうとこがかわいい)

その後岡本とセクロスの続きをするが、最中に岡本に対して愛情が無自覚にも芽生えたらしく、優しくキスとかしたりして岡本を愛す。今まで無理矢理であったぶん、急に変わる白銀の態度に岡本はちょっと困惑する。
それが終わり、暫く経ってから岡本が狼状態の白銀(本能的に活動する時にはもとの姿に戻る?)の背中で寝てる。私的にここが一番萌えました。今までの猟奇的な行動のままいけば岡本であっても床に転がして置いてもいいのに、ほんとに労る様に背中に乗っけて岡本を起こすことなく休ませてあげてる。
白銀は野蛮だったのがちょっと丸くなったかな?ちょっとだけだけど人間味がでてきた。

白銀と岡本のその後のお話が見たい!!
今更ながら黒曜×譲より白銀×岡本派です。

その他気になった点があって色々妄想してみたのですが、岡本が譲にトイレでイタズラ仕掛けた後に黒曜に何か魔法…?じゅt(略)を頬にキズとしてかけられて、そこから蛆が出てくるという幻覚(これはひぐらしと同じかなと思って実際のことではないと考えました)が起こった。
↑黒曜は岡本が白銀に目をつけられれることを知っていて、今まで譲に酷いことしてきた生徒はさばいてきたが、放っておいても岡本は白銀に殺されるか何かされるだろうから、or相手の獲物を横取りするのは良くないという観念が黒曜にはあったから、岡本には敢えて何もしなかった。黒曜が岡本の頬にキズをつけたあと、虫が出てきたら気をつけろと言った意味は、白銀の邪気的な悪魔的オーラに反応して幻覚を引き起こすようにしていたから。=警報器の役割だったのでは。(実際岡本に幻覚以外に肉体的精神的被害はなかった故)
もしかして白銀が委員長豹変した異常さに岡本が気づけたのもそのせい?委員長の異変は譲と岡本の二人にしか認識できてない=黒曜が二人に施した外部の邪気的な物に対する結界がそれぞれ首・頬にあったおかげ
ではないでしょうか?

この作品はその辺りの描写不足が少しありますが、個人的には逆に想像力をかきたてられて、とても楽しめました。長文失礼しました。

2

死なせすぎ…

鬼畜とかハードなエロモノが読みたくて手にしたのですが…いろいろ予想外でした…。アブノーマルなプレイという意味ではそれなりに楽しめたのですが…、人外キャラの設定や登場人物たちの行動がぶっ飛びすぎていて少々苦手でした…。

悪魔なんだか魔物なんだかよくわかりませんが、とにかく攻めが人外の者で、その非道さを表すためなのか、やたらと生徒が死にます。
あんなに死人を出しときながら、受けが自分の恋愛だけに没頭してるのが意味がわからないです…。。。
そもそも死者を出す必要があったのかも疑問だし、出したら出したで必要最低限の後処理はしてほしいというか……いろいろと非常識すぎてついていけませんでした…。当事者二人がどうして惹かれ合うかもよくわからなかったし…。
エロ重視で読む作品の場合、キャラや設定にはあまりこだわりませんが、ここまで理解不能なキャラだと読みにくくて仕方ないのだということがわかった1冊。

《個人的 好感度》
★・・・・ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★・・・・ :キャラ
★・・・・ :設定/シチュ
★★・・・ :構成

0

グロ注意

人外物です。
流血とかスプラッターとか苦手な方は避けた方がベスト。

涙顔とか感じてる時の顔はとってもエロカワでソソられたー。
そんで、お尻を黒曜が舌でほぐすシーン。
なんと!舌がお腹の中まで届いちゃってるらしいですよ!
ヒーハー!

しかし、疑問がいくつか残ったな。
「10年後」って件(くだり)があったんだけども正直よく分からんかった。
黒曜のつがいとなった譲も人外になって10年後も年をとらず2人の関係もそのままなの?
それとも、譲はこの学校の先生になってんの?
うーん。。。

で!表題作の黒曜×譲のカプよりも
白銀×岡本のカプが好きでした。
岡本、お前は出来る子だと思ってた。
人間なんてただの餌としか思ってない白銀をとりこにしちゃうんだから。
まだまだ、一方的に白銀が犯ってるだけで、
岡本、最中に睨んでたり耐えてるだけだけども
白銀も言ってますが「もっと違った表情も全部」見たいです、アテクシも。
悦くなってる岡本かわいいーだろうな。
続き読みたいです。

このカプにも疑問があって、
「二十日の灯籠が完了した時~」って表現があって、「続き灯籠」って灯りを燈すアレよね。
辞書調べたけどそれ以外にこのお話特有の意味あるんかなー。
「二十日の逗留」なら流れ的に理解できるんだけどな。

白銀は岡本に愛される日が来るのか。
すごく気になります。


0

エロさを求めて・・

東野裕さんと言えば彫刻のような姿とエロエロ!! 思わず、書店で購入してしまいました。
うう~~~ん・・・・触手がくるとは思ってなくて、グロさもあったけど、いつもながらキレイな身体でエロさ盛りだくさん。でも私の心の海綿体はキターーーーーッとまではなかったかな。微妙ってとことで・・。

0

黒曜×譲より白銀×岡本の方が好み♪

白銀は魔族人狼の長で 白銀たち魔物にとって人間はただの餌
そして必ず犯した人間は喰わなければいけない掟。
だけれど
犯した岡本を白銀は喰わないんですよ~(゚д゚)

犯された岡本が白銀に反撃してきて
白銀は
人間は勝てないのに愚かだとまた酷く岡本を犯すんですが
岡本の暴力に屈しない表情や感じている表情を見ているうちに
どんどん惹かれてくんですが、さすが魔物正直に認めません(笑)
生かしておくのはタダの暇つぶしだとか何だかんだと
自分にいいわけしながら生かしておくんです。

犯した後
眠っている岡本に寄り添って見守ってたりするんですよ~
なんかもうそんな白銀がねぇ~愛おしくなっちゃいました♪

描き下ろし 白銀×岡本後日談
嫉妬編 ひたすら岡本に近づく人間に嫉妬し魔物らしく排除します
求愛編 自分の気持ちを認めて岡本を夜這いして伴侶としての
      儀式を勝手にしていく(笑)
白銀視点のお話。

岡本の気持ちは一切わかりませんので岡本視点の話
その後の2人がどうなったのか読みたいっっ~かなり気になります。

黒曜×譲のお話も一緒に続き考えるとほんとうに謎な事が多々あります。
黒曜と白銀の関係とか(二人とも魔物というぐらいしかわからない)
白銀が人間の世界に来た理由とか(ただ、黒曜が犯した譲を殺さない理由を見に来ただけなのかな?)・・・ほんとう謎だらけ。

※グロイ場面が出てくるのでほんと苦手な人は気をつけた方がいいです。

1

るならぶらぶ

茶鬼様
はじめまして~コメ有難うございます\(*T▽T*)/♪
そして、今頃気づいてすいません・・・。

レビュー書いた後に改めて読み返したんですが・・・
第1話の最後って10年後になってましたしたよね。
それなのに第2話は 数日後から始まってる(笑)

元々読みきりで掲載して評判良くて続きを書かれたのでしょうかね??
と言うことを考えると・・・
茶鬼様のおっしゃる通り
白銀×岡本の続編 も期待できますね~(^O^)/ 

岡本も最初嫌な奴だったし譲を苛めてたのは好きだからかな?とか
も思っちゃたんですがそうでもなかったし、
そして黒曜は犯しても人間は食べないんですよね~(譲を食べない理由はわかったんですが、他の生徒も犯してたのに・・・)
う~~んほんとっいっぱい謎です(笑) 
ぜひ謎解き続編読みたいですね♪


茶鬼

るならぶらぶさま
はじめまして。
自分も本編は??だらけで何だかわけがわからなくてエロイということしかわからなかったんですが、白銀×岡本のほうがわかりやすかったですよね。
それに面白そうでしたし、自分もこの続きが見たいと思ってますヨ。
多分、他の作品も続編みたいのが出てる作家さんなので、これも白銀編とかで色々謎解きしてくると期待しています。

ホラーが苦手な人注意

死体、スプラッタ、血、強姦、暴力、それらが苦手な方はご遠慮ください、ですが触手出現のエロエロな作品であります。

家庭に事情があり、人と上手く付き合うことが苦手だけど意識している地味な少年譲が、保健室で保険医の黒曜が学生とエッチしているところを見てしまうところから始まります。
翌日、保健室で見た学生が犬に犯されて殺された死体が発見され、黒曜に怯える譲は、黒曜に犯される。
黒曜は黒い翼を持つ魔の者だったのです。
しかし、譲の持つ暗い感情・劣等感・愛情への欲求を暴いて、黒曜と譲は離れられない関係になる。
譲をかばう立場にいた委員長が、譲の変化に気付き譲を殺そうとするのですが、意味が少しわからないんですね。
先生に嫉妬しているのか?何か理由があるのか?
ここで委員長は、黒曜に呪いをかけられ病院行きになるのですが、3話で顔や性格が変わって登場するのです。
そして、譲を獲物だといって譲にちょっかいをかける輩を次々と殺してしまう。
委員長は白銀という魔族人狼の長だったのです。
しかし一話目に出てきた委員長とは別人でしょ?同一人物だけど呪いのせいで本性を現した?その辺りはうやむ続きやです。
ま、その白銀に襲われそうになった譲を黒曜が守るというお話でしたが、同じ魔物という共通点だけで白銀と黒曜の関係がよくわからないし、どうして執着しているのかも、不明であります。

ただ、エロい!
黒曜ってば、譲を一週間も保健室に監禁してヤリまくりの、自分がいない時は触手に遊ばせてるの、したい放題。
しかも保健室しか知らないらしいので、引っ越した家の中も保健室になっているというお笑いネタ付き。
ま、譲が親の愛が得られない分彼に愛されてお幸せにって具合でちょうどいいんですけどね。

そして白銀は、譲と同じく今までの委員長ではないと見破った岡本が気に入ったようで、書き下ろし二編で不器用な愛をさらしております。

何だか自分も何を書いていいやら、どこをポイントにしていいやら、たくさんツッコミ処がありすぎてとりとめないレビューになってしまいましたが、冒頭に書いた2行につきます。


5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ