エロティックM

エロティックM
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832286429

あらすじ

電設工の永森(ながもり)は、 工事先のスタジオで出会った大物音楽プロデューサーの長谷部(はせべ)に隠れたサド気質を見いだされ逆調教されることに!? セレブで王様で奴隷な男に翻弄され魅かれてゆく表題3作に教師×サラリーマン大人ラブ読切り+大量描き下ろしつき♪
出版社より

表題作エロティックM

永森 電気工・S見習い
長谷部 音楽プロデューサー・M

その他の収録作品

  • エロティックM
  • カラダのカンケイ
  • あとがき
  • エロティックに同棲

評価・レビューする

レビュー投稿数3

女王様のようなM

数ある作品の中でもこちらはちょうどいいアブノーマル感とエロ。
いつもなら行き過ぎた変態ぶりに笑ってしまったり、ストーリーそっちのけでキャラの性癖のほうが気になってしまったり、してしまうのですが。
ほのぼの風味で緊迫感がないのに、エロになるとしっかり悩ましげな表情。
煽り上手な長谷部の手のひらで転がされるノーマルな永森が、M属性の底なしの性癖を無自覚で刺激してしまう快楽のループ。
うっかり巻き込まれ、その魔性ぶりに引き込まれて深みに嵌っていく。
契約的な関係から、恋人、そして同棲へと体も心も近づいていく過程を楽しく読み進めていきました。

0

Mっ気で攻める

逆調教!!!
というより、このドMのプロデューサー・長谷部さんがどこかほかの漫画で見たような気がして気になって仕方なかったっていうのが現状ww
お話としては、ドMさんが見初めたノンケをドSに調教!?
がテーマになった本作。
ただ、どこまでがドSなのかというのがいまいちわかりにくかったかな~と思います。見出しで期待いだいてよんじゃうとガックリするかも。。
見られて興奮する。
はぁはぁしちゃうのは変態くさくていいw
他の男に襲われて~の展開もいい。
ただ、煽りすぎて「あ~この程度か」と思ってしまった口なので個人的にはちょっと残念でした。神崎先生の作品自体はどれも好きなので今後に期待。
するっと読むのにはよいです。
ただ、「なに!?調教!?Sに調教なのwwはぁはぁ」って思って読むと失敗するかなと_| ̄|○

☆カラダノカンケイ
ちょっと前にでている単行本「熱いカラダ」「恋するカラダ」に出てきまして、見事ふられてしまっためがね君が攻です。
なかなか傲慢なキャラというイメージありますが、一人すごく好きでいてくれる相手がいるとかわるとおもうのです。幸せになっていただき続きたいですね。

0

MがSを育てるって新鮮

Mの調教といえば割とあると思うのですが、Sの調教って本当にできるの?
興味を惹かれて購入してみました。
さて、上手くいったのでしょうか?

ということで、売れっ子の音楽プロデューサーの長谷部が目をつけたのが、スタジオに点検に来た電気工の永森。
彼を見下ろす目が気に入ったようなんですが、要は一目ぼれですよね。
最初、永森は見られながらの自慰をする長谷部にあきれているのですが、キスからその先へと進んでしまうのに対して、長谷部へ怒りをぶつけたり。
プライドもないと責める永森に「そうすると感じるから」という長谷部。
結局のところ長谷部にほだされる形の永森。
長谷部は多少M気質はあるでしょうけれど、永森はノン気でしょうからゲイの気持ちがわからないと突っぱねる気持ちを上手く利用して、誘って巻き込んだという、作戦勝ちな感じがしますよね。
長谷部は永森にメロメロで「君もSの良さがわかってきた?」なんて聞いてますが、これってSじゃないよ~!
ただ常識で永森が怒ったり、発言したりしてるだけだと思うんだけど。
ひょっとすると、長谷部ってすごいナルちゃんかもしれないって思ったのです。
続き
長谷部がエロいせいで、セキュリティ会社の人間が家に入り込んだり危険な目にあったりもしたので、この二人は最後同棲するところまでいきます。
永森はS調教とかいいつつ、長谷部のイヌとして飼育されているようなきがしますよ。

「カラダのカンケイ」
”熱いカラダ 恋するカラダ”に出ているカプ藤森×関原
振られた藤森にお祝いとシャンペンを差し入れた隣に住む関原に、怒りにまかせて抱いてしまう藤森。
本当は関原は藤森が好きだったから、こんな風にしか誘えなかったんだよね。

作者さん曰く、本当は「エロティッススS」に出てきたアイドルが出てくる話が一本入る予定だったらしいですが、前編”大人”にまとめたそうです。
どっちがよかったかといえば、きっとアイドルが入ってきた方がよかったような気もするな~
少し落ち着いていて地味な感じがしましたよ。
SMスキーの自分としては、M気質の女王様受けがワンコ攻めを翻弄(調教ともいう)するお話、としたほうがいいかな~と思いました。
SM苦手の方もビヒらずに安心して読めます。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ