俎上の鯉は二度跳ねる1

俎上の鯉は二度跳ねる1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
119
評価数
27件
平均
4.4 / 5
神率
70.4%
著者
作品演出・監督
亀山俊樹
音楽
中川孝
脚本
原円音
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ランティス
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

Tiara大人気の「窮鼠はチーズの夢を見る」の続編が登場!
しかも二か月連続のリリース決定!
欲望を素直に感情をあらわにしぶつけ合う二人の想いが、時には抉るような言葉でつづられ心理描写を細かに描いた作品です。
(発売会社より)

妻と離婚した恭一。だが、今ヶ瀬との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。今ヶ瀬に抱かれることに慣らされてゆく日々。ところげ、恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が二人の関係を大きく揺るがし始め…!?(ブックレットより転記)

表題作 俎上の鯉は二度跳ねる

今ヶ瀬渉 → 遊佐浩二

大伴恭一 → 中村悠一

リバ有
その他キャラ
岡村たまき[斎藤千和]/ 野上美奈子[日笠陽子]/ 柳田常務[高岡瓶々]/ 恭一の父[金光宣明]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

遊佐さんの演技に感服

すごく評価に迷ったけど、「そう何度もリピートする作品か?」(否、本編は辛すぎて私にはムリだ、、)という所と、笑えるシーンが前作のノリと比べてしまうとあと一歩だったということで、1点減らしました。

この一枚は遊佐さんの独壇場。凄いよ。
とんでもないヤツなのに、すごく可愛いんだ。そして気持ちが同調できてしまう。
私ははっきりいってすぐ泣いちゃう人物はあまり好きではないです。
でも原作でも不思議なくらい今ヶ瀬はイヤじゃなかった。
このCDでもぜんぜんイヤじゃなかった。むしろ彼のキツさ、恭一への思いの深さを思って、原作以上に気持ちが彼に向いてしまいました。

端から見てしまえば、ノンケをゲイの世界に引きずり込んだ挙句、辛くなったから逃げたことになるけれど、性癖ってそう易々変われるものじゃないことを、今ヶ瀬は身に染みて解っていたのだと思う。
いつ捨てられるか解からない関係なんて、キツイものでしかない。
よくぞ半年持ったというべきか。
泣きながらの恭一を抱いている今ヶ瀬が、切なくて切なくて。

そして最後の最後の、やっと今ヶ瀬に対する想いを認められた恭一にも。
この作続き品では割合中村さんは大人しい演技だったと思います。でも、最後にやられた。

彼らの関係って「今ヶ瀬を重い」と思わない恭一だからこそなんだと思うんですよ。
非常にキィとなるシーンがここにあると思います。


BGMは前作より格段に良くなっていると思いますし、煩さも減ったと思います。
これでもし『鼠、袋小路で考える』を入れてくれたりしたら、完璧だったんですけどね。『黒猫、あくびをする』だけでも、とことん笑えるのだが!!!
どうせなら恭一と今ヶ瀬の脳内思考を対にして入れてくれたら、、と心残りに思いました。

2

ゆ…遊佐さん…!!!

もう勘弁してくださいよー!!!
今ヶ瀬=遊佐さんでしかない!って改めて思いました!!

今ヶ瀬の妄想トラック、可愛いかった…。
結婚したら週一でも最低三時間は愛して欲しいとかw
あのテンションの高さが良かったなぁ。
シリアス気味の原作なので、こういう面が効いてくるというか。

そしてこのCDで最高なのがリバ!!!!!
もう、全然違和感ないんですよ。
今ヶ瀬が恭一に実はそっちも意識的に仕込んでいたっていうのが激ツボ!!w

恭一の携帯のロックが今ヶ瀬の誕生日で、
それにキレる今ヶ瀬、愛おしいな…。
だって、恭一がたまきのメールをそれで隠すなんて、
喜んでいいのか悪いのか、ですもん。
でもそこで今ヶ瀬は潮時だなんて言っちゃって…ぐああああ、しんどい!!

ここでもやはり恭一に感情移入は出来ず…。
なんで今ヶ瀬はそこまで夢中に!?という感想です。

あーんど、やはりたまきは……。
すみません。腐ってるもんで、「ごぁぁぁぁ!」になっちゃいました。
だから原作コミックスも今まで読み返せなかったんだな…。

なにはともあれ、遊佐さんが最高!!!!で続きした。


2

え、え、えー!?そうか「調教」の賜物か…。

最近のBLで何が嫌かって、やっぱり世間的にはよろしくない同性愛と自分の社会的地位の間で葛藤するキャラが少ないってことなんです、ワタクシ的には!

これはそういうワタクシにはうってつけのドラマCDでございました。
原作未読です。
で、腐友からのプレゼントです。
最初はよくありがちな押しかけゲイ女房と、フラフラ流されてしまうノンケの物語かと思っていたら、ゲイ女房は期限付きで離れようとする、そして失ってからわかる愛に打ちひしがれるノンケ、うわっ、わかっちゃいるけどヤラれるんだな、こういうの…。

最初は年下の攻×年上の流され侍受でエッチも進行していくわけですが、
圧巻はその立場が逆になるリバシーンですね。
え、なんだこれ?変に萌えるぞこのリバシーン!
そうか、受身の立場を味あわせることで攻めさせるとw 計算づくだったわけですね。
このリバがありえないぐらい自然で、気負いがない――んで、異様にエロい(笑)。

もう一つはBLには珍しいヘテロセックスシーンですね。
いやー、ワタクシはたまきが大好きです。かわいくてかわいくてしょうがない!…って、あれ?たまきって女の子だ続きろ、BLドラマで女の子に惚れてどうする!?と自己ツッコミしたくなったが、なぜか一番共感できるキャラです。
☆三つにしたのは、この続編でどうスライドしていくか、見届けたいから。
続編がなんだかなぁーってパターン、よくありがちですから。

2

文句なく神です

数あるBLの中で一番好きな作品です。
この作品、色んな角度から味わい、味わうたびに見方も変わっていくわけですが、そのたび強くなるのは、

恭一が好きだ…!!

という気持ち。
すごい私のタイプだ。
最初に結婚したのが元嫁タイプの女じゃなくてたまきだったら、きっと彼はいい夫になったしいいパパになったと思うんだ。元嫁はキャラとしてはかなり好きなんだけど、恭一とは合わなかったなと思うし。
恭一は流され侍だけど、根本的には誠実だと思う。そして、今ヶ瀬も言ってたけど、本当に優しい。今ヶ瀬はさ、大学の頃はただカッコいいだけで恭一を好きだったんだろうけど、再会して深く付き合うようになって、彼のこの底流にある優しさにメロメロになったんだろうなと思います。
恭一の優しさはリアルだし、なにより柔軟なのだ。
柔軟さのないストレートな優しさを持つ男が好まれるBL界であったりもするけど(リバーシブルだけど、ポジション的には攻めだと思う)、彼の優しさにはリアリティがある。情がある。
それに比べると今ヶ瀬の愛情は独りよがりだし柔軟さに欠けるんだよね。
ただ今ヶ瀬は頭がいいので、そんな自分自身を十二分に自覚してて、計続き算して柔軟さを演出することならできるのだ。
できるんだけど、それは理性の部分でやってることだから、日々の暮らしのなかで少しずつ磨り減っていってしまう。
たまきのメールの件はきっかけに過ぎないというの、まさにその通りだと思った。
唐突のように見える別れだけど、それ以前の穏やかな半同棲生活のなかで、すでに今ヶ瀬はギリギリまですり減ってたんだよなぁと。
今ヶ瀬の必死さ、なんでこんなに可愛くて愛しいんだろ。
水城せとなさんのキャラづくり、上手すぎるよ。

あと、CD化に当たって一番気になってたのはたまきの声なんですが、可愛くて良かったです。
申し訳ないけど『窮鼠~』の唯一にして最強の不満が、当て馬の女性の声がオバチャンにしか聴こえなかった部分だったもんで、たまきが可愛かったことがホントに嬉しかったw
さらに言うと私、この作品を読めば読むほど(聴けば聴くほど)たまきが好きになってきちゃった。
目の前で惚れた男が弱ったところを見せて泣いてたら、そりゃあつけこむさ。
好きだからといってたまきを応援するわけじゃないんだけど。ふつうに「チッ、邪魔なんだよ、たまきよぅ」と思っちゃうわけなんだけど。
だって、やっぱ私、腐女子ですからw

2に続く。

3

ようやく聴けました(ノД`)・゜・。
やっぱり心臓に悪いよ。第一声から胸がキューキューいっちゃったよ。
お話は、甘い同棲生活から別れまでを描いたところですね。
思い入れのある作品ってやっぱりどうしても思い入れがあるわけで。
アニメだとかCDだとかになると、どうしてもイメージが違う!
ってなっちゃったりするんだけど、今回は素直に聞けました。
凄いね。凄いよ。
原作で先を知っていてもドキドキしてしまうこの気持ちがやるせない。
カップルな二人。
自分の気持ちが「好き」なのかはっきり言葉にできない恭一。
でも、今の自分を普通じゃないとわかっていながらも、今ヶ瀬といる自分が心地よいと感じ、今ヶ瀬を可愛いと思う。
今ヶ瀬と同じくらい愛せてやれるのか。そんな葛藤が見えたのがすごく良かった。聴き終わったいま、コミックスが読み返したくてしょうがない衝動まんまんであります。
ですけど、その甘い空間もあっというま。
今ヶ瀬もこうしてみると、突然のわかれ話~に見えるな~とちょっとかんじました。やっぱり画に見えない部分がそうさせてるのかな~と。
間のもっていきかたにもう少し工夫があ続きってもよかったかも。
や、不満というわけではなく・・・・

離れてから、ようやく自分の気持ちに気づく恭一。
このシーン凄く好きだった。
泣きのシーン。
ん~。。
というわけで、次回に続き。です。
やっぱり1・2そろってから聴いたのは正解ですね。
もやもやしてショーがない

2

期待通り

流され侍・恭一(CV.中村悠一)と強気なのにヘタレな今ヶ瀬(CV.遊佐浩二)のその後のお話。

もう、言うことなしですよ。
「窮鼠は~」も神評価だったと思うのですが、とにかくキャスティングがいい。
主人公二人ははまり役だし、今回新登場のたまきちゃん(CV.齋藤千和)もしっかりしながら可愛くて、全く違和感がありませんでした。

水城さんのコメントにもありますが、私も今ヶ瀬はとんでもない奴だと思います。
ビョーキ入っちゃっている感じですもん。
でも、そのグルグルも遊佐さんの今ヶ瀬は哀しさ寂しさを引き出していて、ただの腹黒いやな奴ではなくなっているんです。
自分ではどうにもできないジレンマを感じるのです。

そして、ゆうきゃんの恭一はきちんと物事を考えられるからこそ優柔不断になってしまうという、黒かったり白かったりグレーだったりするところが醍醐味でしょう。

原作のとおり、二人は別れて次巻へつづく・・・

5

うううう~生殺しです、早く次を聞かせてくれー!

名作「俎上の鯉は二度跳ねる」のCD、二枚に別れて発売ということで、二枚目が出たら一緒に聞こうと思っていたのですが、つい魔が差して聞いてしましました。
涙さえ誘う、身を捩る終わりに薬が切れた人みたいに喘いでしまいました。

それにしても、ドラマCDを聞くことで自分で消化できていたと思っていた内容がリアルに、もっと深く入ってくることに驚きました。
それは他のCDもそうなのですが、モノローグの大変多い本作だけに、感情移入して話されるから余計にそうなんですね。
また「俎上~」はリバがあるので、遊佐さんと中村さんの起用がピタリとはまって一層のリアル感が増すのです。

そしてわかったのは、一番グタグダしていたのはやはり今ケ瀬だったということ。
一見、恭一がノーマルにこだわっているようでいて、本当は今ヶ瀬が一番こだわっているのだ。
自分は物分かりの良い人ですよーと散々アピールしながらも、実は予防線を幾重にも幾重にも張り巡らして、相手を傷つけないように、自分さえも納得させようと、理屈をこねて解説する。
でもそれがいたたまれなくて、切なくて。

恭一だって、本当は女の子と同じよう続きに今ヶ瀬を扱っているつもりでも、それよりもどれだけ楽で、気持ちが通じているのか、本当はわかっているのに、ノーマルであることと対比しすぎて(前作よりはこだわりはないが)本当の気持ちが見えなくなっている。

それが見事に演じられているのを聞くのは、爽快であると共に、主人公達の気持ちに入ることをとても容易にしている。

中村さん=恭一の攻め喘ぎが色っぽい!
今ヶ瀬=遊佐さんの受けも好きだー!
リバなので両方楽しめるのが何と言ってもおいしいのだが、
「黒猫、あくびをする」まで丁寧にドラマとして入っていて、今ヶ瀬の妄想さく裂が笑いを誘うのです。

最後のトークで「たまきのバッシングはやめてください」って念押しで二回も何回も言うあたり、、予防線?
笑っちゃいましたよ。
ああ~早く続きが・・・・・・・聞きたい!!

8

史上最強粘着男・今ヶ瀬@遊佐wwネチネチっぷりが酷いw

大好きな作品で大好きな声優陣でとっても嬉しいのですが
とっても苦しいところで終わっているので…この一カ月どうやって過ごせばいいのやら…

もうね、今ヶ瀬@遊佐さんが、酷い男すぎるw
というか、女すぎる!!w
原作を読んでいるときは今ヶ瀬の幸せだけを祈って読んでいましたが
改めて音として聞いてみると、ダメなのは恭一ではなくて今ヶ瀬ではないかw
恭一のことを好きすぎるから、一人で勝手に爆発して、パニック起こして勝手に離れていく。
恭一は恭一なりに誠実だったよね?
たまきにグラっとはしてたけど、今ヶ瀬と関係を持ち始めてからは誰とも関係を持ってないし。
今ヶ瀬を抱く側に回ってからは、ちゃんと今ヶ瀬のことを愛していたと思いますし。

恭一@中村さんは…ほんと、恭一のいい男っぷりを表現してくれていると思います。
窮鼠のときは見事な流され侍だったけど、俎上では本当にいい男でした。
黒と白とグレーの恭一が登場しますが、ちゃんとそれぞれ使い分けてるしw
鬼畜モードON!のときもかっこええ…!!

それに対し今ヶ瀬@遊佐さんは、もーネチネチ凄い!怖い!!
でもその裏側で続き、いつも恭一に捨てられるのを怖がりながら過ごしてて
恭一に対して時々甘えるような声を出したりして、もー可愛い!!
そして彼のそんなところがすっごく切ないんですけど。
もう、今ヶ瀬という男は遊佐さんにしか演じられないと思います。
ネチネチしたと思ったらコロっとしおらしくなったり、
強気なこと言ってるけど、本当はすっごく弱くて…
遊佐さんの演技に泣きました。
切なすぎるよ!
梟の最後の、今ヶ瀬の語り。
恭一への思いがあふれすぎてて…!
あ、それと恭一の最後のエレベーター前での涙のシーンもね!
ここは・・・あかん!
恭一の愛は結局今ヶ瀬の愛より大きかったのではないかと思わされるシーンですな。
かっこいいっす!
そして最後に叫ぶとしたら…たまきコラーーーー!!ということでしょうかw
バッシングはダメって言われても、全国の腐女子にかわっここは叫ばないとダメでしょ?
たまきの喘ぎはいいから今ヶ瀬の喘ぎを聞かせろーーーーー!!

この後「俎上の鯉は二度跳ねる2」に続くわけですが…
ドロッドロの展開が待っているわけですね!!
さらにネチネチボロボロの今ヶ瀬と、鬼畜モードだけど慈悲深い恭一と、
こんなにいい子なのにすんごい邪魔なたまきが頑張る回ですねw

エッチについては・・・
遊佐さんや中村さんが喘いでくれてる上を彼らのモノローグが流れるので
ちょ、邪魔!!とか思ってますw
そこのモノローグがすっごい大切なんですが、2回目以降はエロのみで聞きたいよ!
そして中村さんの攻め喘ぎにラブ!!ハァハァ

フリトはおもろすぎるwハードボイルドw

9

ゥア────。゚(゚´Д`゚)゚。────ン!! 非常に・・・辛いところで終わってます。

『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編CD

今ヶ瀬(遊佐)に、とうとうつかまってしまった恭一(中村)
かいがいしく恭一(中村)の世話を焼く今ヶ瀬(遊佐)に
つかの間の幸せが訪れます。

長い間、待って待って、奪って
やっと手に入れた恭一(中村)のカラダ。
流され侍の恭一(中村)も、なんだかんだと観念したかに見えたのに・・・
今ヶ瀬(遊佐)には“終わり”がくることがわかっていて・・・

ゥア────。゚(゚´Д`゚)゚。────ン!!
泣いた泣いた泣いたっ!
ぐしゃぐしゃに泣きました。

本当に不幸体質の今ヶ瀬(遊佐)の恋愛論には
どーしようもないなぁと思いつつ・・・それが恋だよねーっ!

どんなに傷ついてもボロボロになっても
それだけ執着できる恋を見つけた今ヶ瀬(遊佐)は
幸せなのかもしれない。

自分でもどうしたらいいのかわからないところまで
恋情を募らせた先はどす黒くって、醜く歪んで・・・
でも美しいと思いました。

遊佐さんは巧い!ほんとに巧い!二度書きましたw
遊佐さんのセリフどれもこれも胸に突き刺さって痛かった。

恭一(続き中村)の男性像が、またリアル
ヒドイなぁと思うけど憎めない・・・母性本能をくすぐるというか
庇護欲をくすぐる感じを中村さんが上手に演じてました。
だらだらっとして、ゆるゆるでだらしない恭一(中村)の雰囲気が
私はどことなく中村さんのイメージと重なるのですがw
本当にぴったりでしたねぇ。

リバという設定。
ここにきて、配役が、遊佐さんと中村さんだったということに
またひとつ納得!
お二方とも、受けも攻めも巧い声優さんですからねぇ
無理なく聴けました。

『俎上の鯉は二度跳ねる 前編』ですからね・・・
原作では一気読みできたラストまではCDでは聴けないです。
CD2枚揃えてからのほうがいいかも
だって非常に・・・辛いところで終わってます。
原作本を読んでいるので、筋はわかっているけど
ずーーーーっとハラハラしながら聴きました。
心臓どっくんどっくんしますよ。
へビィなCDです。

誰もが、たまき(斎藤千和)に対してイラっとするはずw
もぉー!ほんとに!たまき(斎藤千和)がいい子でイラっとするwww

フリトはナシですが、キャストロール(約2分)として
ひと言コメントは聴けます。
「たまきに対するバッシングはやめてください」との注意がありましたのでw
バッシングはしない方向でwww
通常、BLCDのフリトに女性声優はいらないと思うのだけど
千和さんのコメントでちょっとたまきに対してのイライラが緩和されました☆

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ