HUG キス あくしゅ

HUG キス あくしゅ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌17
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
112
評価数
35件
平均
3.3 / 5
神率
17.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862637628

あらすじ

兄ちゃんから頼まれ、美術教師の上諏訪先生に英語を教えることになった一幸。どうやら先生は兄ちゃんの事が好きみたい。…もやもやするこの気持ちは何なんだろう? ……そもそも、好き、とは何ぞや? 言葉の前に体が動く?先生&生徒のモジモジピュアラブ。お兄ちゃんの恋のはなしはちょっとアダルトv その後描き下ろしも。
(出版社より)

表題作HUG キス あくしゅ

上諏訪先生 美術教師
青柳一幸 高校二年生

その他の収録作品

  • エピローグ (書き下ろし)
  • 愛のしるし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

先生あのね

やっぱ元ハルコさんのやらかい絵の描写が好きだなーと思った作品。
高校を舞台にした淡いお話でした。
正直、読み始めの人物設定?立場設定?がちょっとわかりずらくて
理解するのに少々時間がかかった。

先生×生徒でしたね。
先生が好きなのは生徒くんの兄。
なにか理由をつけて~と英語を教えてほしいと頼むのだが
現れたのは弟君。
あれれ?こんなはずでは・・・から始まった二人の放課後。
ふたりの距離はいつしかーという展開。
読み進めると、ターニングポイントがちょっとわかりにくいかなと
感じました。
弟くんが「好きなのかな」と気づくシーンがあるといことは
最初から好きで近づいたわけではないのかな・・とか。
ともあれ、20歳までは我慢!を貫いたのは素晴らしい。
モットヤヨヤレヨと個人的には思うのですが
純愛だから良いのです(*´▽`*)♪♪

何気に兄ちゃんもくっついちゃってる感じですが
こっちはアダルトな匂いがプンプンですね。

たぶんもっとしっかり読めば上記理解できるのだとおもう。
再読しょ

0

手に入らないものたちがある世界

マッチョで長髪の美術教師・上諏訪センセイ。
無精髭もステキ。でも男っぽい見た目に反して、シャイでピュアな大人少年。
上諏訪の美術室に入り浸ってる高校2年生の青柳は、細身で無邪気なかわいいコ♪
恋愛未満の二人の間に、お互いへのほんわかした想いが飛び交ってる感じが、もうカワイイのなんの。
放課後の美術室で、二人で過ごす時間。青柳が無邪気に上諏訪に触ったり、顔を近づけたりするだけで、読んでるほうはドキドキです。

「俺はずっと手に入らない欲しいもんを描いてる気がする」
と言う上諏訪。
うたた寝してる上諏訪のスケッチブックに、ちっちゃく上諏訪の寝顔を描いてみる青柳。
二人の距離が近づいていくゆっくりな速度が、なんとも言えず心地よくて、癒されます。

ところで、上諏訪って最初は青柳の兄で英語教師の青柳センセイが好きだったはず。
でも、気が付けば、上諏訪は青柳弟の気持ちを受け入れていて、青柳兄は前触れもなく弟の同級生・松本と保健室でディープな関係に発展していて。
この辺はちょっとあれれ・・・なんですけど、元ハルワールドには三角関係の嫉妬や軋轢はどうやら存在しないようで。
続き
恋は多くの中から一人を選んでいく引き算のプロセス。だからそこに葛藤はつきものなのですが、この世界では、恋は恋の連鎖を生んで、みんなをハッピーにしていくもの。どうもそういうもんらしいのです。
…てことで、兄と松本のキスを目撃したことが起爆剤になって、弟の恋も叶っちゃう。
みんなハッピー、大団円。
「手に入らない欲しいもんを描いてる」という上諏訪の言葉がかぶってくるような、こうあってほしい夢の展開ですが、もうちょい現実を描いて欲しい…とも思いつつ、この世界もまた心地良くて、なし崩し的に「元ハルワールドはこれでいいのかも?」という気にさせられてしまいました。

そんなわけで、上諏訪×青柳弟と、松本×青柳兄の2カプが登場。
教師×生徒に、生徒×教師。
一粒で二度おいしい構成ですな。お兄ちゃんカプのちょっとだけアダルトな関係にも萌え♪
ただ、何よりもこの作品の魅力に思えるのは、青柳弟クンの超絶キュートな笑顔!
なんだろ、この純度100%な輝きは…読んでる手が止まってしまうほどのオーラは。
手に入らない欲しいもん。そんな笑顔。
絵が描けるってスゴいことですね。
この世にここにしかないようなキラキラの笑顔をペン1本で出現させられる漫画家さんって、ほんとステキなお仕事だと思います。

1

ゆったり空気感が生む不思議な味わい。

可愛いけれど掴みどころがない。

自分の読解力が足りないのか悩むくらい、相手のどこにいつ惚れたのかがわからなかった件←

【HUG キス あくしゅ】
先生×生徒、生徒×先生の2CPです。
4人とも何を考えているのやら…彼らの心情に寄り添えずモヤモヤ読みはじめ。

同僚の英語教師:青柳に片想い中の美術教師:上諏訪。
お近づきになりたくて「英語を教えてほしい」と頼むと、なぜか青柳弟(高校生):一幸が来て…という出逢いです。

上諏訪は自分のエゴにつきあわせている罪悪感から一幸を気にかけるようになりますが、青柳兄のことが大好きだったハズなのに案外、簡単に一幸にヨロめいたなぁ、と(笑)

それは突然訪れた初恋にワタワタする一幸の姿が元ハルコさん独特のゆったりとした間(ま)で描かれているからでしょうか。
戸惑いながら上諏訪に惹かれていく様子が上諏訪にも読み手にもじわじわ浸透してきます。
ズボン脱いだ行動は唐突すぎてビックリしたけど(笑)
まっすぐな一幸の目線に響いた上諏訪が積み重ねる変化が可愛いらしく描かれています。
手の甲にキスって王子様か!
表紙での満面の笑顔でのイチャつきは描き下ろしまで続きおあずけの清~い関係。
表紙と口絵、ホントに眩しい笑顔です。

そんな2人に当てられたのか一幸の同級生:松本が青柳兄に急速アタック…彼は一幸のことを好きなんだと思っていました。
更にわからなかった青柳兄。
保健室でつらそうにしていた理由を筆頭に彼が本当は何を考えて、どうしたかったんだろうと未だに謎です。
なし崩しに始まった(ように見える)関係でエロく乱れるのもいいけれど不親切にならない程度に気持ちの変化を描いて欲しかったです。

【愛あるしるし】
巻末に収録されているリーマン短編。
お堅い見た目のメガネリーマン受が初デートで恥じらいながら出した物は…!
何がどうしてそうなった!?と聞きたいことは沢山ある(笑)
いや、ギャップ好きですけれど!エロカワイイの大好きですけれど!

攻がコミュニケーションにズレを感じつつも自分の気持ちを奮い立たせ挑みかかる姿が健気ですらありました。
ヤリ逃げようとすればできるのに、体だけじゃなく気持ちも欲しがるのは健全でいいなぁ。
まったくピュアというわけじゃなく打算が覗くのもイイ。

お道具使いのヴァージン受(しかも言葉責めに弱いM!)は育て甲斐があることでしょう♪


2

もうちょい・・・

元ハルコさんの絵はふわふわしてるかんじで癒しですね!!

最初は、少し意味が分からなかったというか、「え、どうゆうこと!?」ってなりました。


片思いというか、だんだん惹かれあう・・・っていう感じの話ですね。

ただ、もどかしいというか・・・もうちょっとキスシーンとかそんなかんじのイチャイチャのシーンが欲しかった!!


もうひとつの、松本×お兄ちゃん のCPはすっごい甘くて短かったけどよかったと思います!!


同録作品は、ギャグ・・なのか?という話でした。
でも、受け側の子がかわいくてしょうがない・・!って感じでした^^

1

かーわーいーいー。

すっごいかわいかったvv
かわいかったかわいかったかわいかった。
…ちょっと頭が悪いくらい連呼してみました。
だって、かわいかったから(もうわかったって)

この方のマンガはホントいいなぁ。
なんかホワーンとしててキュンとなってあたたくなるというか。
表情がね、すごく豊かというか絵で見せてる感じがするというか。

最初は、どうくっつくんだろうなーと思ってたんですが、やはりそうでしたか。
そうですか。
それは予想の範囲だったのですが、兄の方が…。
っていうか、松本がいきなり絡んでくるとは思ってなかったよ!
松本一番好きですv(ザ脇役スキー/笑)
兄がなかなか男前というか結構手出してるよね?
いや、いいんですが。
チビキャラとか崩した絵もかわいくていいなぁ。
あと、エピローグの兄CPのラブラブ感がたまらんッ!!!!!

「愛あるしるし」
…こんなに透明感のあるオモチャたち初めて見たよ(笑)
しかも、なかなかのものを使ってらっしゃるようで。
でもオモチャにえろさは感じませんでしたが、えちシーンはなんかすごく色っぽく感じたというか。
ステキでした。

1

う~ん…

お話的にはすごくゆっくり二人の気持ちの変化が表れていてよかったです!!
でも、なんとなく物足りない…
もうちょっと、ラブラブなとこが見たかった(泣)
実はものすごく期待して読んだんですが…自分の好みに合わなかったのかなぁ?
なんかすごく不思議な感覚です。
なんか不に落ちなくて、何回か読み返したら、読めば読む程この物語の良さが伝わってくる気がしました。
よくわからないレビューになってしまいましたが、読めば読む程この作品はきゅんきゅんしることに気がつきましたね。
ただやっぱり最初に書いた通りどこか物足りないので評価は萌かな?
この先生の作品初めて読んだんですが、雰囲気可愛いですねvv
他の作品も手にとってみたくなりました!!

2

キュンキュンキュンキュンずーっとしてました

高校の美術教師が思いを寄せている人は、英語の教師で・・・
英語を教わるのを口実にお近づきになろうとしたものの、やってきたのは高校生の弟の方で・・・

何がいいって、ゆっくりとした展開でそれぞれの気持ちが少しずつ変化していく様子にキュンキュンするところです。
特に、一番年上と思われる美術教師が一番シャイでもどかしいところが最高です。
で、自分の気持ちに気付いたら暴走してしまう高校生も超絶可愛いし、それに流されない大人な先生は好感度を更にアップしてくれました。

まさかのお兄ちゃんカップルも誕生し、美味しさ2倍。
だれもかれもが可愛くて、だれもかれもが情けなくて陰ながら応援したくなる展開なのでした。
めでたしめでたし。

【愛あるしるし】
こちらはガラッと変わってエロエロです。
マゾ眼鏡です。
いい人にめぐり合えてよかったねぇ、でございます。
ただのエロではありませんでした。あっぱれ。

で、絵が好きだー、普通のもいいけれど、コケた姿は秀逸です。
(そういえば、みんなコケてるんじゃない?)
さらに3頭身が可愛くて最高です。

2

もどかしさがいい

主人公の一幸と上諏訪先生が、あまりにも見た目好みCPだったので購入させていただきました。
上諏訪先生は一幸の兄、青柳先生が好きです。
それは一幸も知っていて、最初は特に何も感じず、上諏訪先生に英語を教えます。(上諏訪先生は、本当は青柳先生に教えてもらいたかった。)
この時点で、すでにちょっと切ないです。
一幸の中で、どんどん先生の存在が大きくなってくると、更に切なくなってきます。
最初は自分の感情が分からなかった一幸も、気づいてしまうと先生の一挙一同が気になってしまうし、期待してしまう。
でも、先生は兄が好き。
切ない…。
上諏訪先生は、最初は本当に青柳先生が好きー!でした。
でも、一幸と一緒に過ごす時間を重ねて行くうちに、一幸のことがいつの間にか大切な存在に。
先生は言葉には出しませんが、態度で一幸のことを思ってるのが丸分かりです。
それなのになかなか上手くいかなくて「ごわーッ!もどかしい!!」ってなりました。(w)
ええ、帯とあらすじにも書いてありましたが「モジモジピュアラブ」に、してやられましたよ!年甲斐にも無く、キュンキュンしましたよ!
一幸が素直で、続き表情がころころ変わってとても可愛いです。
先生は、ちゃんと大人で我慢できる人です。
でも、もうちょっとイチャイチャして欲しかった…のが本音。
この二人にエチーは無いので、エチーが欲しかった!のも更に本音です。(オイ)
一幸の兄・青柳先生と、一幸の友人・松本の話は、松本があまりにも良い男で困りました。
男同士だし、生徒と教師だし、と青柳先生は混乱&困惑ですが、松本のストレートな発言に陥落ですw
二人のフォロー役に、一幸と上諏訪先生が入るのが何だか微笑ましかったです。
こちらは、少しアダルトでした。
でも青柳先生、何で上諏訪先生が嫌いだったんだろう…?
描き下ろしは、一幸と上諏訪先生が堪らなく幸せそうで、読んでいるこっちも幸せになりましたよ!
3年待った先生も、一幸も、偉い!!

愛あるしるしは、すごい話でした…。
何がすごいかと言いますと、月江さんの性癖なのですが、これはさすがに最初引くだろう…という感じですw
一度引いた片柴さんですが、好きなら色々許せて、興味もある訳です。
いやーしかし、月江さんは色っぽかった。
こちらは、とてもアダルトでしたw

2

Someday my prince will come…

恋をしている人の視線のリアルさ、それを強く感じる作品だなと思いました。だんだん強くなる視線、見ている場所、笑顔の角度…。 上諏訪先生の中で何かが変わっていく様子や、一幸の中で何かが生まれていく様子が、そうと書かれていないのに感じられました。以前、恋の3大条件は3S (Smile・Sight・Skinship) だとなにかの本で読んだのですが、そのSIGHTを強く意識させらました。

「好き」 や 「愛してる」 や、触れること…そういう分かりやすいことが無いのに一幸の気持ちを限りなく自然に感じられるのが不思議です…。言葉にしないし、モノローグでの 「好き」 も無い、なのに分かるんですよ!
一幸が見ている上諏訪先生というものをすごく感じられるんですよね。もちろん逆も然りです。一幸が見つめてる先生の横顔があったり、先生が見ている一幸の笑顔があったり、そういうので徐々に惹かれているんだな…というのがすごく分かるんです。美術室のある校舎の二階を見上げるだとか、体育の校庭を見下ろすだとか…“あの人を見てる” という、視線の動きがとても感じられるなぁと思いました。
上諏訪先生がいつしか見つめ続きる人を替えていたことも、理由や証がさり気なく散りばめられてました。一幸を 「かわいいな」 「いいな」 って思っているタイミングがすごく分かる。それがたまらないです…ほんとうにね…、私が好きになっちゃいそうでした… ←

上諏訪先生が、一幸がハタチになるまで総てを待ってくれていたのがさりげなくキュンです…。“待ってる” のはよくある展開ですけれど、キスも待っていてくれるなんて王子様すぎると思う!だってもう一幸が可愛いくて仕方ないだろうに…待っていてくれるなんて。しかも書下ろしでは、おそらく留学した一幸のためにわざわざ会いに行って誕生日を祝うんですよ。
そこではじめての、キスをするんです。
一幸の 「お待たせ」 にはね、もうガン泣きですよね。上等です。もう恋愛がだいぶ自由になった昨今、こんなにときめくキスがあっただろうかというくらいです…。
だめだ…、この記事を書いてるとまたジワッと涙が出てきちゃいます……。
私は恋する二人において一番大切なのは手を繋ぐという行為にあると思っているんですけれど、それでもやっぱり、キスっていいなぁ…、と思っちゃいました。

一幸のともだちの松本くん×お兄ちゃんは、あらすじ通りアダルト寄りでした☆
お兄ちゃん…可愛いなぁ可愛いなぁとひたすら感じていたんですけれど、一幸編から通して拝読すると、プチ暴君が恋で可愛くなっちゃった感じ…でしょうか。
もう…松本くんのこと、ずっと考えちゃってるんですよね。
引っ越して会わないようにして、学校でもぎこちなくしてるのに、頭の中は松本くんばかり。けっきょく大好きなのに煮え切らない不器用な先生は、いとしくてキリがなかったです…。悩みに溺れて動けなくなってしまうお兄ちゃんには、やはり松本くんの自由ぶりが必要なんですよね。大人、子供、頼もしかったり甘えたり色んな顔を見せる彼も、すごく素敵です。
書き下ろしでは、すっかり裸の仲になって慣れたような二人が拝読できてニヤニヤしました。 ←

読みきりの 「愛あるしるし」 は最もアダルトでしたね!
Phoenix に掲載だったとはいえ、ハルコ先生がこんなはっちゃけた内容をお描きになるなんて…ッ
「そこで赤面!?」 て、なんどツッコミを入れたことか分かりませんよ?しかも攻の彼の最後の言葉………サラッと衝撃的なことを言ってる……!…うん、とりあえず、ハルコ先生作品の乳首はすごく良いと分かったので今後遭遇するであろう絡みシーンがすごく楽しみになりました!
あと……脚がよかったです。脚の動きがすごく良い…。局部の描写は無いと言って良いくらいですが、ビーチクや脚が淫靡なのでどうしようかと思いました…。

言葉が少ないので、静かな印象です。…けれど感じるものはとても強い作品でした。なにげにお色気シーンや赤面シーンが割りとあるので、あまーい空気がふんだんです♪是非ご賞味ください!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ