敵陣侵入!! これが最後の道のり!!

SILVER DIAMOND 20

SILVER DIAMOND 20
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち*ラキコミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784864230025

あらすじ

異世界カリスマファンタジー。 破壊の手を加速させる妖芽の皇子VS人心を誘導する 星示御言VS宮処までの最後の道のりを突き進む羅貫達!! 運命を自ら掴み取る為の戦いの行方は!? 描下し4Pは必見☆皆で枕投げ大会!!

表題作SILVER DIAMOND 20

評価・レビューする

レビュー投稿数1

グッとシリアス

真実を知り変わってしまった皇子は見てて凄く痛々しかったですね。
同時に、灯二と金隷の代わりを強要されてるシーンの成重も凄く痛々しかったです。
「死にたい」「殺したい」「会いたい」
どれも成重の極限の願いで。
自分の命を顧みず(いや、この言葉はホントは良くない…ってか合ってないんですけど他の表現方法が見つからないので代用)皇子の血を飲み、最後の望み「会いたい」を実現させようとします。
金隷は自分が操られていると知り、血筋で繋がった自分では足手まといになると思い皇子に自分を拘束するように言います。
このシーンも好きです。
金隷は皇子の為に、皇子は金隷を助ける為に。
お互いがお互いを想ってるからこそのシーン。
ぐっと来ますねー。

羅貫に「我がままがある」と切り出した千艸。
その願いが「自分と羅貫の目の線を繋げたい」でした。
いざというとき、時間のロスを軽減するためにもそうした方がいいと言う千艸。
しかしそれをすると「一生俺と繋がったままになるけど。いいか…?」
この、お互いが信頼し合って望みを言い承諾し羅貫が凄く綺麗に笑うところ。
ここでも涙ぐんでしまいまし続きた。
ちょっと的外れな感想だと、「あ、千艸でこはもういいんだ」とか「これってプロポーズ!?」とか変なこと考えちゃいました;

ホシミノコトの策略のせいで何をしても彼の手柄(?)になってしまうという現実。
見てて凄く悔しかったです。
そして、当然と言えば当然なんだろうけど、人々の心境の変化に胸が痛みました。
大衆は「善いもの」は崇めるけど「悪いもの」は徹底的に排除しようとする。
しかも、自分で善悪を見極めるのではなく、皆が言うから、っていうのが主なところですよね。
一瞬前まで皇子&金隷を崇め奉ってたのに、神が出現してそれを悪と言ったらすぐに手のひら返して「皇子と金隷を始末しろ」とか言い出すんですからね。
人間って怖いわーと思いながら読んでました。
でも自分もそういう状況に置かれたら同じことになりそうで、そういう意味でも怖いんですけどね;
どんどんシリアスになっていって、ドキドキする展開でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ