ハルと吸血鬼

haru to kyuuketsuki

ハルと吸血鬼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
34
評価数
13
平均
3.1 / 5
神率
23.1%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344835849

あらすじ

漫画家志望のハルが立ち寄った喫茶店マスターはなんと吸血鬼!?お話づくりの参考にしたいと、ハルは店に通うようになるが…。

表題作ハルと吸血鬼

アイザック、夜のみ営業の喫茶店マスター、吸血鬼
春馬、新人漫画家

その他の収録作品

  • ハルと吸血鬼とスイーツ
  • 狼男さんのそのあと

評価・レビューする

レビュー投稿数7

雪融けて春へ

一冊丸ごと表題作です。

主人公は漫画家の春馬(ハル)。
ひょんなことから近所の商店街に人外が暮らしていることを知り、吸血鬼をテーマにマンガを描こう!と吸血鬼がマスターをやっている喫茶店に通う、という展開。
ハルは好奇心旺盛で物怖じしないタイプのようで、その喫茶店「スノードロップ」に集う狼男やかまいたちのお姉さんにも全く屈託無く接しています。
狼男が自分に寄せる恋心や、吸血鬼が心に秘めている過去に全く気付かない鈍感くんのハル。ただ自分がマスターの事もっと知りたい、って気持ちで過去の想い人ユキの事を尋ねる。
マスターは淡々といきさつを答えてくれるけど、段々と死なない吸血鬼と労咳(結核)を患っていたユキの成就しない恋の哀しさに気付き、自分がマスターにどれだけ無神経だったのか、そしてマスターに抱いていた淡い恋心を自覚します……
マスターは言います。
『いつも一人で思い出すばかりで頭の中のユキが退屈そうで可哀想だった』
永く生きる吸血鬼の恋愛観なんですね……一人では寂しい、と感じさせてくれたユキはすでに亡く、長い時を経てハルが目の前に現れた。吸血鬼の恋は単位が長いんですね。
マスターとハルが無事に両思いになるのはともかく、ハルの覚悟がどれ位なのかは分からず、同族になって悠久の時を共に過ごすのかは作中では語られない。生きる時間の異なる2人の切なさはあまり語られず、一応のハッピーエンドで読後感はほのぼの、です。
振られ男の狼男さんにももしかしたら春が来るかも?のエピソードあり。

2

人外が集まるバー

を舞台にした、吸血鬼や狼などが登場するファンタジー物です。
1冊丸々表題作で、悲しい過去を背負った吸血鬼とかけだしの漫画家との、ゆっくりと愛情がそだっていく様子が描かれています。

出てくる人外さんや主人公のハルが、皆イイキャラでホッコリと癒されるところが好きです。
吸血鬼の過去は切なくなるけど、ハルの素直さや健気な姿に胸が温かくなって。

寿命の違いとか気になるところを除けば、可愛いお話で好きなんだけど、気になるのが失恋しちゃった狼男くんです。スピンオフがありそうな気配に、ぜひとも幸せになったところを見たいです。

2

もうひと押し何か欲しい!

吸血鬼や狼と他にもいろいろといそうですが、終始ほのぼのとした感じです。吸血鬼の過去編はありきたりでその時代の人物との別れもありですが、今回の相手は最後まで吸血鬼の方を選んでくれそうですね。 その他もいろんなキャラが出てきましたがいい人(?)ばかりです。 狼も失恋しちゃいましたが最後にアレレなキャラも出てきてどうにかなりそうです。鈍感だからすぐにとはいかないまでも。 それよりこの本で一番気になったのが本当に1コマくらいにしか出てこなかったカマイタチの長男っていう…。

0

狼男とかまいたち弟が気になる件

吸血鬼もの初読みでしたので、吸血鬼デビューとしてはいいものを読めたなと満足しています。

新人漫画家のハルが偶然のきっかけで出会った吸血鬼のマスター。
ひょんなことから吸血鬼と知ってしまい、怖がるどころか漫画のネタにしようとマスターの経営するカフェに通い詰めるお話で、素直で純粋なハルがとっても可愛かったです。
そりゃあ狼男の蒼太も好きになるよなあ‥と思いながら読み進めていました。
途中シリアスなお話があるのですが、長生きしてしまう吸血鬼にはあるあるなお話なんだろうな‥と切なくなりながら読んでました。
ユキがハルにマスターを託すあのシーンは、じーんと感動しました。
結局マスターのアイザックも、ハルに惹かれているのがだいぶ初めから分かっていたので、イライラすることなく気持ちよく読めました。

私には過激なシーンはまだまだ刺激的すぎてキャー!っとなってしまうので、これくらいのほんわかさと少しのエロでだいぶ満足です笑。
初読み作家さんでしたが絵がとても可愛くて好きなので、また違う作品も読んでみたいと思わされる一冊でした。

2

かわいいんですが

個人的に吸血鬼設定は大好きなんですが、この作品、吸血鬼がとても人間くさいです。驚くほど真面目で思考も人間と変わりません。

誰もが魅了されてしまう美貌、冷酷で人間の気持ちなんて考えない、しかし人間とかかわっていくことで不器用にだんだんと変わっていく(定番ですね)そういうのが好きな自分には物足りなかったです・・・

主人公と吸血鬼が惹かれあっていったのも決定的なストーリーがなく、ふわーっとしてました。肝心な主人公が考えてる漫画も終盤に少しだけしか出てこなかったし(考えてた漫画の終わり方がすっごくありがちでそれ本当におもしろい作品に仕上がったのかなとか思ってしまった(汗))吸血鬼設定も現代ではサプリメントでOKと済ませてるなんてせっかくの吸血鬼設定が・・・!と心の中で泣きました(笑)あと個人的に主人公の男の子が結構すぐ泣くので苦手でした。
男の子は簡単に泣かないで欲しい、なんとなく。

イラストはとても可愛いし、読みやすかったですがトータル的には物足りなかったです。

2

あっさり風味の吸血鬼もの

駆け出しの漫画家であるハル(受け)は、夜にだけ営業している喫茶店のマスター・アイザック(攻め)が吸血鬼であることを知り、マンガのモデルにさせてもらうことに。店に通い、話を聞いているうちに、マスターに忘れられない相手がいることを知る。それがなぜか悲しいハルだったが…。


なんていうか、始終あっさりとした話でした。可愛いことは可愛いんですが、受けと攻めがどうして惹かれあったのかいまいちよくわからない。一応惹かれるまでの描写はされているんですけど、吸血鬼の存在がかっこいいから惹かれたの? とか、人間で自分を怖がらない相手であれば誰でもよかったの? とか思ってしまう。そしてどちらもそれほど魅力的なキャラに思えなかった。
受けのことが好きな狼男も出てくるんですけど、そっちじゃなぜダメだったんだろう、とも思いました。ていうか、吸血鬼×狼男でカップルになったほうが萌えられたかも…。

あと吸血鬼×人間というカップリングから考えられる切なさとか問題点がかなりさらっと流されすぎでした。人間である受けにあっさり自分や吸血鬼の正体バラして口止めもしない狼男とか、危機意識なさすぎだと思いました。くっついたあとも受けは「ずっと一緒にいます」とか簡単に言ってたけど、えっ具体的にどうするの? と。血を吸ってもらって不死になるの? じゃあ家族や漫画家の仕事をしたいのはどうなるの? とか色々気になりました。

絵は綺麗です。攻めや狼男の顔はちょっと好みでした。

2

ほっこり

ミステリアスな吸血鬼のマスターと可愛らしい漫画家ハルのお話です。吸血鬼の他にも狼男やかまいたちが住んでるこのはな商店街。狼男のハルへの好き好きアピールが全然通じないのが面白い。
昔の恋人を引きずってる話など吸血鬼ネタとしては定番ですがそれほど重苦しくなく軽く読めてしまうのと悪い人が出てこないのでほっこりした仕上がりです。
狼男とかまいたちの弟の番外編とかあればもっと良かったなぁと思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ