迷子の彼とクマのお願い

迷子の彼とクマのお願い
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
49
評価数
13件
平均
3.8 / 5
神率
23.1%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344820654

あらすじ

争いによって故郷を失った孤独の青年・ロネは、ある夜、家の前で男達に乱暴されかかっている少年・ベアを救うのだが少年の正体は!?
(出版社より)

表題作迷子の彼とクマのお願い

元西の森の住人 ロネ
ロネの兄カロが作ったぬいぐるみ ベア

その他の収録作品

  • 優しい彼とクマのお家
  • ベアの奮闘記
  • 小さい彼とクマのぬいぐるみ
  • ベアの日記
  • ソリエとクマのお家①
  • ソリエとクマのお家②
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

奇跡のような出会い

故郷を失った孤独な運び屋のロネとぬいぐるみのベアとの、心温まるラブストーリーです。

外が騒がしくて出てみれば、男たちに乱暴されそうなベアを見付けます。助けたベアから言われたのは、「ディンブラの森に行きたい」の一言でした。その森はロネの故郷で、ロネ以外の人達は、殺された森だったのです。

ロネの子供時代の事件に、胸が痛かったです。ロネの兄とベアとの関係や、ベアとロネの出会い。もう一度訪れた故郷の森。明らかになっていく謎に、ドキドキしながら読み進めました。そして、ベアの可愛さにキュンとなります。人間の時もちょっとずれてて可愛いし、ぬいぐるみの時はクマで、文句なく可愛いです。「ロネの子供が欲しい」と言った時には、ニヤニヤしました。

大好きなお兄さんはいないけど、孤独だったロネに家族ができて、幸せそうな様子に胸がホッコリと温かくなりました。

3

ベア可愛い(((o(*゚▽゚*)o)))

ファンタジーで児童書っぽい雰囲気でした。
…ってかジ○リのナウ○カを彷彿とさせられました。

ベア可愛い(*´Д`*)
天然で純粋無垢なベアは癒し。
特にぬいぐるみ姿なんてもう…だっこしたい。
ぎゅーって抱っこしたい。
ベアが良い子だからこそ…そんなベアを作ったカロがこの世にいないことが余計に切ない。
4人揃って一緒に暮らせたら…どんなに良かったことか(´・ω・`)

個人的に…最後の方にあるアレなシーンは無くても良いかと…。

それにしてもソリエはバイオレンスwww

描き下ろしは約20ページヾ(≧∇≦)
カバー下も楽しいオマケ有り。

1

くまさん


大丈夫ですかね?心配です。見た目は人間でも元はくまのぬいぐるみ。挿入中にくまに戻ったら、やっぱり避けちゃうんですかね?綿がぶはって飛び散るんですかね。

元がくまだから、ベアの天然さが可愛いく見える。名前がベアってあれだと思うけど。

ロネのお兄さんがめっちゃタイプ。(受けとして)
でも、ソリエという彼女がいてノーマルだった。

最後まで楽しめた。子供が欲しいと言ったベアだけど、子供が欲しいならぬいぐるみから作れそうじゃない?ベアみたく。

1

何だコレ何だコレ可愛いぞ!!!ベアがカワユすぎる!!!

まず世界観が私好みでした。ナウシカ(漫画)とかもののけ姫みたいな感じ?ふわふわした感じじゃなくてわりとこってり詰まった感じ(世界観がちょっと凝ってて「西暦××××年」「説明しよう」みたいなノリ)のファンタジー。「地獄めぐり」を読んだところ個人的には萌えツボ作品じゃなかったんですがお話や絵が良くできてるな~と思った作家さんだったのでまた買ってみました。しかしこれは買って良かった!地獄めぐりが好きな方が多いようですが、私はこちらの作品の方が完全に萌えツボでした。絵はちょっとクセがある感じなんですが、技術がちゃんとしていてきちんと勉強されているような印象(BLでよくありがちな身体のバランスが悪く、キャラの動きがギクシャクしてるなんてことはない)で上手いです。空白も少なく丁寧に描き込まれていて作品の完成度が高い。個人的には受の性格や設定がすごい萌えでハマりました(最近ボブな髪型のフェミニンな受に弱いわたし。洋服もかわいい!)。わたしは完成度が低いBLはえろがいっぱいないと読まないんですが(笑)充分な完成度と萌えがちりばめられた良作(しかも短いですが作品の品性を損なわない程度のわりと濃厚なまじわ続きり描写もある!)。難を言えば、前半からほぼ攻視点なのでベアは可愛く描かれてるんですが、攻の格好良さが今イチかな。少年ジャン○の熱血主人公みたいな(結構いい年してるんでついていけないんだな 涙)。ストーリーの構成上、仕方ないかなとも思うんですが、後半はベア視点なんでちょっと格好良くなってましたけど。あと良かったのはソリエの描き方が上手かった。キャラが立っててツンデレで可愛かったです。BLで女の子を上手く描くのは気使いますよね。ベアが攻の兄に似てるのでちょっと弟×兄を妄想させるところも良いです。パッとわかり易い萌え感の作品ではないかもしれませんが、何度も読むとじわじわきゅんきゅん☆くるカワユいお話になってます。この手のファンタジーBLに目がない方はハマる一冊ではないかなと思います。是非お見逃しなく!!!

2

意外に面白いw

発売当初に既に手に入れてたのですが最近までちゃんと読んだことはありませんでした。しかし、何気なく手にとって読んでみるとおおハマり。これホントに面白かった!

とにかく、ベアが純粋って言うか、天然って言うか、とにかくかわいいんですよ。笑顔にずっと癒されっぱなしです。お話もファンタジーってことで楽しめるし、ちょっと切ないシーンやロネの苦しい過去もあり読み応え十分です!

ベアの主人であり、ロネの兄の恋人であったソリアもかなり好きなキャラでした。

個人的にファンタジー系って苦手なんですが、これを機にいろいろ挑戦していかなきゃなw

1

クマさん

これはカワイイ(*´∀`*)q

失われた森の一族。
今、その森には呪いがかけられ、そこの住人と一緒でなければ入ることはかなわない。
森に一緒に行って欲しいと現れたのは
なんと熊のぬいぐるみ!?少年をかたどったまだ幼さの残る少年と・・!?
なお話。なんだろう・・・ちょくちょく、あのコロンとした熊の画が浮かびまして、熊に突っ込んでる攻の絵が脳裏をよぎる
ついに来たかぬいぐるみ受!!なんてちょっとハシャいでしまいました。
すみません。
全体的には、ちょっと受が幼いというか・・天然というか・・な
ところが苦手かな~と思いつつ
シリアスな過去と、今と、甘い生活となバランスがカワイイ作品でした。
幼い頃の思い出。
自分のものにしたい、家族になりたいと願ったことが
本人たちの知らないところでかなうというつくりは面白いとおもいました。

0

かわいらしいファンタジーv

シリアスとファンタジーが上手い具合に融合されて、バランスよくミックスされている。
不思議な力を持つ森の住人と、クマのぬいぐるみ。
もう!クマのぬいぐるみが人になってラブってしまうって、どんだけかわいいんだ!とその無茶ファンタジーぶりが嫌味でないところが、決して甘さだけでないところが、いいのですね~♪

森の住人と街の住人との確執と争い、そんな設定はある種の自然破壊への警鐘もふくまれているのかもしれません。
元森の住人のロネが、森の出身であることを隠し街に住んでいて、自分の森の人々を滅ぼしてしまった街の人々に密かに復讐を企てている。
そんな彼が拾ったのが、ベアという少年。
彼は何とぬいぐるみ!
ベアはニルギリの森から主人のソリエに必要な物を取りにやってきたのだと言います。
果たしてそれとは・・・?

ベアの元ぬいぐるみだけに天然で疑うことを知らない一途な素直さ(ある種の天然)と主人を思う気持ち。
ロネの一見突っ張っていそうで、本当は優しいという、素直でないツンデレ。
一緒に森に来てほしいというベアに、オレをイかせて見せろと襲うロネ。
怖いけどギューっと固まって続き「イクっていうのできた?」って聞くベアがかわいくて、、激カワイイw
結局ベアの一途さに折れて、一緒に森に行くことになったロネとベア。
そこで明かされる亡くなったロネの兄の想い。
一人ぼっちになってしまったロネが家族の温かさをもう一度手に入れるというお話だったのだと思います。
その温かい気持ちを呼び起こしてくれたのが、兄達の想いがつまって作られたベアだったという。
ちょっと悲しくて切ないけれど、暖かいものが根底にあるんですね。

ベアの主人のソリエという女性は、ロネの兄の恋人だったんですが、何だか小姑っていうか、お姑さんっぽいぞww
そんな部分もちょっと微笑ましかったです。

本編以外の描き下ろしの小ネタは、この本編を補足するのにとても役立ちます。
カバーをはずした本体表紙にも・・・爆笑!!

0

九重シャムさんお得意の、ファンタジーBLです!

九重シャムさんの描かれるファンタジーは本当に秀逸ですね。
前回のコミックス『青い傷と毒のリンゴと』は個人的に好みではなかったのですが、今回は大当たりかな。
ファンタジー系ゲームが好きな方にはオススメかもです。

街で“運び屋”として生活するロネ。“運び屋”とは名目だけで、やってる仕事は“殺し”。
そんなロネの前に現れた一人の少年・ベア。
彼はロネの故郷である森に行くために、ロネに道案内を頼みます。
ベアの正体は実はぬいぐるみだったんですが、そんなものはまだまだ序の口。
これからどんどん謎の種明かしが始まるんです。
九重シャムさんはこういう話の展開がお上手ですよね。
先が読めない(私がバカだからか?)。
だからグイグイ引き込まれます。

ロネが街を去ったのには理由があって、それはロネの心の傷に関係していました。
ベアと出会って、ようやくそれと対面できたロネ。
そしてベアを故郷の森に連れて行ったからこそ、ようやくロネの新たな道が始まったんだですよね。
二人が出会ったからこそ二人の物語が始まるっていうか、二人は出会うべくして出会ったっていうか…
こういう運命続きの出会いってヤツは無条件で萌えますね。
運命の相手がお互い男だっただけ、ってことですよね。
うおおおおお…萌える………!!

また、この独特の世界観がまた絶妙で、ロネの兄・カロや、その恋人・ソニアのように“森を守って生きていく”者の、森に対する強い思いや時には苦しみが、痛いほど伝わってくるようでした。
地面に射す木漏れ日とか、澄み切った青空とか、対する夜の暗黒とか、
自分もその世界に飛び込んだようにイメージできるってのはすごいですよね。
この世界観にまんまとハマってしまいそうです。

ほのぼのとした中に、カロ、ソリアを含めた家族愛もあり、メインのロネとベアの恋物語も楽しめます。
ぬいぐるみのベアにとってはこれが最初で最後の恋かもしれませんね。
ちゃんと無事エッチもできたのでめでたしめでたし♪
幸せそうな二人をみていると、こっちまで頬が緩んでしまいそうになりますww
ほろっときて癒される、そんなBLをお求めの方にオススメの一冊です!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ