高3限定・Ⅱ

高3限定・Ⅱ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック(同人)
サークル
血と、<サークル>
ジャンル
発売日
ISBN
ページ数
116ページ
版型
A5

あらすじ

※18禁
高三に進級した小野耕平は、現国教師のイケダが学年から一人、愛人を選んでいる事を知る。
小野はイケダに訊ねた。
【高3限定】の条件-。

表題作高3限定・Ⅱ

私立一貫校の高校3年生 小野耕平
現国の教師 イケダ

その他の収録作品

  • 後編・第一話
  • 後編・第二話
  • 後編・第三話
  • 第二巻描き下ろしオマケ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

高3限定の意味って?

この巻で、うっすらとイケダに何があったのか見えてきます。
夏休みはイケダと一緒にいられるとはしゃぐ小野に、イケダは身体のメンテに行かなくてはならないと言う。
しかし、小野はずっと側にいるよと言うとイケダは実に幸せを感じるのだ。
ツチヤ・・・
小野はツチヤになるのだろうか?
多分、ボロボロになったイケダの救いになっていなくなった男。
高3限定の意味は、とても深く、ただのガセではなく、実はとんでもない意味があるのではないだろうか?

何だかコワイ。
イケダは元々壊れているとは思うが、小野が真摯にイケダをゆさぶるから、その感情の起伏が怖い。
激情が、何だか理由もよくわからないままに、背筋が凍るほどの怖さを伝えてくる。
イケダは”贄だ”イケニエだ。
小野はオニになってイケダを救うというのだろうか?
言葉のひとつひとつ、どれをとっても、何か意味が隠されているようで、その表現のひとつも洩らせない。

結末の訪れる日が怖い気もする。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ