法医学者と刑事の本音 法医学者と刑事の相性2

法医学者と刑事の本音 法医学者と刑事の相性2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
41
評価数
15件
平均
3 / 5
神率
6.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
菅原三穂
音楽
イマジン
脚本
前川陽子
原画・イラスト
高階佑
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
封入特典:キャストサイン+一言コメント+写真付きブックレット
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

あの告白を忘れたとは言わせねえ。いつまで待たせるつもりだよ。
法医学者・冬城の目下の悩みは、警視庁捜査一課の刑事・江夏の告白。
無精髭の冴えない外見に反して仕事熱心な男――惹かれているのに素直になれず、「付き合え」という言葉もなかったフリで逢瀬を続けている。
ところがある日、自宅付近で身元不明の他殺体が発見!!
現場で久々に会った江夏は、なぜか冬城と目も合わせようとしない。
俺に惚れてたのは嘘だったのか…?
動揺する冬城だが!?
無精髭の粗野な刑事・江夏(ヘタレ攻)×毒舌美形の優秀な法医学者・冬城(襲い受)の、相性未知数(!?)カップルが繰り広げる、年齢ちょい高めの大人な「美女と野獣」ラブのドラマCD化第2弾!

表題作 法医学者と刑事の本音 法医学者と刑事の相性2

江夏孝美 → 小西克幸

冬城温史 → 遊佐浩二

その他キャラ
近衛達[羽多野渉]/ 石田祐司[私市淳]/ 柳本孝史[佐藤拓也]/ 鏡花[斎賀みつき]/ 宮田泰江[相田さやか]/ 宮田俊夫[藤田圭宣]

評価・レビューする

レビュー投稿数8

この度はキャスト萌えのみだったな…

『法医学者と刑事の相性』が思いのほか面白かったので
ついつい期待してしまったのですが
それが仇となってしまったのか…;

相変わらず小西さんの江夏は
ムサいおっさんと言われるわりにはカッコ良すぎるし
遊佐さんの冬樹はツンデレお色気全開でしたよ!
当て馬(っぽい?)近衛に羽多野さんなんて嬉しいのに
…なんていうか、さらーっと終わってしまったような…。

事件性があんまりぐいぐい引っ張られないような気がしてしまって。
(原作未読なんですけども)
切なさが前作とベクトルが違うので、尚更そう思ってしまったかもしれません。

江夏はデートに誘おうと思ったのに先約があるからと冬樹に断られ
偶然見かけたら元彼と部屋に入るところ。
それで誤解が生じます。(本当の先約は教授のお供だったのに)
江夏が合コンに行くと勘違いして
女の方がいいんだと鏡花ママの前で泣いてしまう冬樹が
可愛らしかったなぁ…。
ノンケと付き合うとなると、これがいつまでたっても心配だよね…。
でも、泣き潰れた冬樹を江夏が迎えに来てくれて、私もほっとしました。

気まずいから仕事にかこつけて続き連絡をとろうとする冬樹が
また健気だったな…♪
江夏は江夏で冬樹の顔を見られないなんて
年のわりにウブなんだから!もう!

…にしたって、どうでも良いことなのですが、
冬樹の「…サンクス」は前作でも一度言っていたのですが
妙なんですー!w
これ気になるの、私だけ…?
普通に「サンキュ」でいいじゃないすか!(もうこだわるな!)

遊佐さんの泣き声と小西さんの男らしい口説きが聴けただけでも
良しとしておこうかな…。(何その偉そうな口ぶり!?)

2

うーん。

今回も、ストーリーのテンポは良いと思うし、
キャストさんは、べてらんの方がメインで落ち着いて聴けました。
しかし、中身はぺらんぺらん。全体的に、メリハリというか、
パンチが効いてないというか……。平凡すぎて、
あまり盛り上がれませんでした。良い意味で、
とらえれば軽めで聴き易いと感じられるかもしれないけど
BLにサスペンス系の、作品があまり出ていないからで、
サスペンスのお話としては、完成度は低く、BL作品としても、
合わせて考えたとしても、首を傾げてしまう。

1

今回も面白かった・・けど・・

前作がなかなかおもしろかったのでこちらの方も気になって購入しました。

ブレーキランプ点滅!!!愛してるのサインですね??世代が一緒なんで冬城と江夏に親近感www

今回も殺人事件がおきるのですが・・・・今回の事件の真相はなんとなく想像がついてしまって・・・まぁ・・あくまでもBLCDなので、今回の二人の進展が気になっていました、序盤からすれ違う二人が聞いててもどかしい!!!そして初々しい!!!

女の方がやっぱりいいんだ・・・見切られた・・と勘違いしてオイオイ泣く冬城はまさに恋する乙女だよ・・遊佐さんの泣きの演技がかわゆかったwww

濡れ場は2回ですが・・最後の濡れ場はなんか、事件解決して誤解も解けてお互いに好きって言い合ったのに・・・濃いのを期待してたのに!!1回目より薄味
_| ̄|○しかもなんか取ってつけたようなHシーンだった、

サスペンス要素は前回に比べると弱い感じですが、メインの二人の恋の進展に注目のCDです。

1

あれ?

今回も遊佐さんの威勢のいい受けを期待した続編ですが、あれ~?
乗っかるどころかいじいじと足踏みしちゃって……キャラの路線変更?魅力的な襲い受けだっただけにかーなーり肩透かし。
上手くいきそうに思えた二人の仲も、微妙にすれ違っちゃうところからスタートして焦れ焦れ展開のはずなんだけど、これじゃ痴話喧嘩レベルだー。
すれ違うならもっととことんすれ違ってほしいものです。

恋愛面には期待できないなら事件だ!とわくわくしていたんですが、うーん、何だかこちらも中途半端。
事件のトリックを暴いていくカタルシスや、真相に近づいていく緊張感があるわけでもなし、人間ドラマに心揺さぶられるわけでもなし(親子の人情物語はちょっとベタすぎ)で、主役組の犬も食わない恋愛模様と相まって全体的にあっさりと聴けてしまいました。

そうそう、前作であまりに可哀想な扱いだった元彼タカシさん。
再登場で挽回か!?と思いきや、あっさり鎮火。雨降らずに地固まっちゃいましたw
江夏に誤解させるために登場したのがバレバレで、これなら10年付き合った云々のエピソードはいらないんじゃ……それとも今後また絡んでくるんで続きしょうーか??

うーん、これが1作目だったら声優さんへの愛で萌評価なんですが、前作で期待値高かったゆえのごめんなさいの中立なのでした。
とはいえ、小西&遊佐コンビがすっごくいいので、次作も期待しております。
せっかく法医学者と刑事なんだから、立場の違いゆえに衝突とかしてほしいな~。設定を活かしてほしい。

1

じれったーい!

江夏[攻]も冬城[受]もお互い想い合っているのに、不器用&すれ違いでそれぞれにぐるぐるしちゃてるのがじれったーい!!
もう男らしくバシッと言えよ!特に江夏!!!って思うんですが~~~。
それぞれのモノローグで、彼等の気持ちが聞き手に分かるだけにじれったい~!!

何せそんなじれったい彼等の話なので事件が丁度いい感じのスパイスになってます。
でないとずっとお互いのぐるぐるをきかされちゃう所でしたよーー。
結局はバーのママがいなければどんだけぐるぐるしてたんだこいつらは!!!って感じです。
まあ何だかんだ言いつつも、小西さんと遊佐さんの演技は流石。
特に最後の方で江夏を守って後輩に睨みを聞かせるとこなんかはコミカルでなかなかでした。

今作から新登場の近衛はお金持ちでエリートでゲイだけど嫌み無く羽多野さんが演じてます。
いい味出してて自分は気に入りましたー。

しかし作中でやたらもんじゃ焼きを食べてるので聞いてるともっそいもんじゃ食べたくなります!
食べたいなーーー明太餅もんじゃ!

フリトは息のあった小西さんと遊佐さんでかなりフリーダム。

1

失速

萌え寄りの中立評価です。
なんかこのシリーズ、同作家さんの罪シリーズと同じパターンに陥ってるような気が。
主役ふたりがべたべたなメロドラマ的スレ違いをしているせいで、前作にあった軽妙で小気味よいやりとりがなくなってました。とくに、受けの性格が一気に女々しくなっちゃったのが残念で仕方ないです。これじゃ、どこにでもいる普通の受けだよぅ。攻めを翻弄する襲い受けはいずこ。口喧嘩してる姿のほうが萌えるのにな。
事件もショボくなってました。火サスの世界です。ここで描かれる親子愛は感動すべきネタなんだろうけど、そこに体温を感じられないというか。取って付けた感が強すぎるような気がしました。

主役のお二人、小西さんと遊佐さんの演技はばっちりなんですけどね。相性いい。
でもなぁ、ストーリーがなぁ…。

フリトはすごく面白かったです。

1

キャラ属性&キャストがマイベスト!!

私事ですが、一昨日某イベントドS祭に参戦したせいで、遊佐さまボイスがいつもの何倍も浸透しました!!w
大好きなキャスティングな1枚でした★
前作よりも恋愛色が増加♪
このシリーズBGMが雰囲気良くてなかなか好きです☆

イイ声でヘタレ攻めな小西さま★素敵です。ちょっとワイルドな小西ボイスです!(^^)!
遊佐さまは毒舌気味美人★ツンな役作りはお手の物!!すごい合ってます~♪私的にツボすぎる役です!!!\(^o^)/

江夏(CV:小西さま)は、冬城(CV:遊佐さま)への想いをうまく表現できず、ヘタレ全開です。一方冬城も、一線を踏みこえてこようとしない江夏に、保守的な態度になってしまう。

お互いの気持ちはあるのに、すれ違う恋の駆け引きにキュンするCDですw
好きだからこそ、、、できない、言えないことってあります。
臆病すぎだと解っているのに、でも本人目の前にすると……やっぱり無理。
恋愛につき物の当惑は、共感シンクロ率高かったです!

そしてそして、そんな二人を翻弄するごとく、冬城の元彼は登場するわ、江夏の部下がゲイをカミングアウトするわwと、ヤキモキする続きネタ満載です!!!!!(>_<)
江夏にそっけなくされてイジケる冬城がかわいい!普段ツンツンクールなのに、なんというギャップ!!!!!いじらしい泣きべそ遊佐ボイスに萌ーえーたぁーーーーーーーっ(^^♪遊佐さま的にも普段とのギャップに萌え!!

エチシーンは2回。
尺はどちらかというと短めです。
遊佐さまの喘ぎは高めライン。SEはそこそこ入ってます。
小西さまの攻め喘ぎが控えめなのが個人的に淋しい~←いやそれでも入ってるんですがw

鏡花ママ役の斎賀さま!!いい味出してくれてました!!深みのある優しいトーンで説得力ある役作りされてました☆さすがです(*^_^*)

ぎこちないけどイチャコラする幸せなラブ!
印象的な台詞は、小西さまの「甘えてきやがれ」と、遊佐さまの「サンクス!」でした★★★えへ。

【フリト(12分)(遊佐、小西)】
テンション高いお二人!!!w息ぴったりで滑らかにガツガツしゃべるしゃべるwwwそして羽多野さまはいなくてもネタになるという♪
個人的に遊佐さまの引き笑いが大好きなのでwww息吸いながらの笑い声がたくさん聴けて面白かったです(*^_^*)
そして遊佐さまが、「冬城がね!」と言うたびに、某シリーズがチラついてましたwww
はい。お二人ともひたすらツッコミつつ、笑ってるフリトでしたぁ。

0

前作より面白かった!

前回よりも断然面白かったような。
前回では2人の気持ちがはっきりしないまま終わってしまったからかもしれませんが。
今回はそんな2人の関係にはっきり決着がつきます。
擦れ違いラブです。
互いにちょっと問い質せば終わるだけのものです。
けれど、それができないのが恋です。
傷付く答えが返ってくるかもしれないわけで。
それで、互いの気持ちが見えなくなって距離が開いて…。
というか、冬城の気持ち自体が明確に伝えられていないのでこじれているようで。
それで素直に言えるような性格ならいいのですが、冬城はそんなじゃないし。
その上、相手はノンケで合コンに出掛けるというし。
離れている間にどんどん江夏を好きなことを自覚して深く深く想っていることに気付いていく冬城がかわいかった。
しまいには合コンの件で打ちのめされて鏡花ママの前で泣いちゃうし!
ホントにすごく好きなんだなーってせつなくなる。
その後の出来事も最初は夢のように思ってしまうあたり相当。
夢なら素直に「好きだ」と言えるところも非常にかわいく感じられました。
とりあえず、ゆっちー(遊佐さん)がステキでした。
あん続きなに強がってるのに好きで好きで好きで。
泣いちゃうところとかズキュンです。
コニタン(小西さん)の江夏もオッサンではありながら恋に振り回されてるようなところもあって。
無事、2人が纏まってよかったです。
そして、今回初登場のNEWキャラ近衛の羽多野くんはいいヤツ風でした。
あくまで「風」。
だって、絶対、江夏のこと狙ってるって…。
江夏はなんで気付かないんだろ。
ノンケだから?
これからの近衛の活躍に期待(?)
私市くんは石田としてはほんの少ししか登場してません。
近衛より断然出番少ない。
その代わり?フリトでも言われてましたが兼ね役で出てるところもありました。
ちゃんと気付きましたよー!

通販特典フリト。
ゆっちーとコニタンだけなんですが。
印象に残ってる話はといえば、近衛のセリフの「お金ならありますから」的なのがヒジョーに気にかかるコニタン。
そして、増田法医学研究室の増田教授の器が小さいんじゃないか?疑惑のゆっちー。
あとは質問を考えた人に対する2人の見解。
どれも楽しいお話でした(笑)

あ、あと。
友人にはどうでもいいと言われましたが、ブックレットの写真の羽多野くんがかわいかったですv

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ