あの伝説のストリート系BLが描き下ろし&大幅加筆してついに完結!!

暴君彼氏

boukun kareshi

暴君彼氏
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
67
評価数
16件
平均
4.2 / 5
神率
31.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864520652

あらすじ

激しすぎる男の狂気の愛か?
優しすぎる男の純愛か?
揺れ動く男が安らぐ場所は…
凶暴でオレ様なチーマーのボス・ハイジの元から逃げ出した景吾は、
独りで生きていこうと新しい街で生活を始める。そこへホストクラブオーナー・恭一郎が現れる。
恭一郎は突然姿を消した景吾のことをずっと探していたのだった。
そんな恭一郎の優しさの中に自分の居場所を見つけた景吾だったが、
ハイジに調教された体はまだ疼いていて…。

(出版社より)

表題作暴君彼氏

ホストクラブ経営 鏡恭一郎 /元恋人 ハイジ
彼等から逃げた施設育ちの成年 景吾

評価・レビューする

レビュー投稿数6

あらすじは的外れ、名作です!

 『6 UNDER GROUND』の続編。景吾が街を去ってからが描かれています。
 工事現場の住み込みで働き始めた景吾。景吾は素直で可愛いので現場のオッサン達にも可愛がられていて、朝陽(景吾の世話を焼く友人)とは交流が続いているようで、まずは一安心。朝陽の景吾への優しさはなんだろう?友人以上、兄のようなつもりかな?それ以上にも感じるけれど、景吾の幸せを願っているのは手に取るようにわかります。
 朝陽の計らいで恭一郎は景吾と再会出来たのですが、ここからの恭一郎と景吾のシーンが、萌えまくりです!私は景吾の可愛さを「萌え」とか「可愛い」としか表現できなかったのですが、恭一郎がとても的確な言葉で景吾を表現しています。「見ていてくすぐったくなるような子がいるんです」と…。まさにこれです!なんて景吾にぴったりなんだろう。景吾の可愛らしさは「可愛い」でも「萌え」でもなく「くすぐったくなるような子」なんです!あ~岩清水先生すごいや。ドキドキしちゃった。これに続く恭一郎の台詞がまた素敵なので是非読んでほしいです。
 花火を一緒に見に行く恭一郎と景吾。遅れて届く花火の音を聞きながら逃げてきたハイジの続きこと、隣にいる恭一郎のことを考える景吾。恭一郎に心が傾いてキスをします。そして二人は結ばれるのですが、この20Pほどの花火のくだりが本当に素敵です。台詞、モノローグ、表情、すべてがいい。
 前巻ではハイジの景吾へ執着は愛ゆえのように描かれていたけど、いつどこに惹かれたのかがわからなかったのです。だけどこの巻でわかった気がします。何でも手に入れることが出来る恵まれたハイジと、それこそ何も持っていない景吾。正反対だから惹かれあったのかな。
 本当はあのまま恭一郎と一緒にいたほうが幸せだったんじゃないの?と恭一郎派の私は思うのですが、死にそうになってるのに「景吾以外なんもいらねェ」なんて言われたら絆されちゃうよね。ハイジのことを怖いと思っていた景吾が、ハイジが隣にいることが「安心すること」に変わったのだから、私も恭一郎みたいにこれからも景吾を見守っていきたいと思いました。
 お別れのシーンで恭一郎がまた景吾のことを的確に表したモノローグがあります。「あなたは本当にかわいい人だったなあ」と…。景吾にもらったストラップをそっとポケットに仕舞う恭一郎。最後まで穏やかないい男でした。やっぱり恭一郎とつきあ…モゴモゴ…

 ところで前作といいこちらといい、書かれているあらすじが的外れな気がします。前作「危険なエロティクス・ラブ!!」こちら「調教された体はまだ疼いていて」。なんか違うよね。たしかにエロは豊富だし、調教といえばそうかもだけど、あらすじにひるまず読んでほしい、心を扱った名作です。

 

2

恭一郎派です!

「6 UNDER GROUND」第二部&待ってましたの恭一郎ターン。
恭一郎×景吾のイチャイチャに萌え萌えなのです。

ハイジの元を逃げ出した景吾は、ヤクの売人から足を洗ってガテン系仕事をしている。景吾の居場所を唯一知る朝陽の図らいで恭一郎と再会した景吾はその優しさに再び惹かれ、恭一郎と付き合い始める。一方、ハイジは景吾を失った喪失感を埋めようと身代わりの男を抱くが、満たされない。ハイジを崇拝するチーマー、アキは覇気のないハイジに見切りをつけ、自ら2代目ハイジを名乗り、街を荒らし回る。

ハイジに対するアキの感情が恋愛感情だったら嫌だなーと思っていたんですが、歪んだ敬慕でした。ハイジを刺して憑き物が落ちた模様。ヨカッターε-(´∀`; )

私は恭一郎派です!
敬語のおっさん萌え!
当て馬だから活きるその魅力!
年下の男の子との恋に浮かれるおじさま攻が可愛すぎました。振られる時も何気にキープされる恭一郎(笑)
これからも景吾にとって「都合のいい男」であってほしいものです。

2

きっと何度も読み返す

あらすじの最後に「ハイジに調教された体はまだ疼いていて…」とありますが、ちがうよー、ラブじゃんー!と、思ってしまいました。
そんな書き方したら、ただの淫乱みたいじゃないか!

そんなことを書きたくなってしまうほど、エロ以外の部分でよい作品でした。

確かにそういう描写もあって、そこももちろんよいのですけど、私は気持ちの部分がとてもよかったなぁと思います。

ハイジも景吾もなかなか素直になれなかったのが、やっと気持ちが通じた時には心底ほっとしました。
印象深いシーンもたくさんあって、コマの一つ一つまでじっくりと読んでしまいました。

前巻と合わせて何度も読み返してしまうと思います。
岩清水さんは、暴力的だったり、アンダーグラウンドな世界の中ですごくきれいな気持ちを描くのがほんとに上手だと思います。
クセになる空気感で、大好きです。


2

ようやく出ましたね(ノ∀`)
なんか、恐ろしく前から出るよーの予約で名前はリストに入ってたのだけれど
いつ出るのよ・・で待ち続けていた作品。
正直、前作読んでるはずだけどまったく記憶がありませんでした。
ボンヤリな記憶でもちゃんと読めちゃうので、案外こっからスタートでも悪くないかもしれません。
ただただ鬼畜にエロエロで買われていた受が逃げ出して
ようやく手に入れた自立。なんとか自立を=なところからのお話でしたね。

恭一郎とのアレコレ有り
ハイジの云々ありで
3角関係としては、まずまずどちらも美味しいところをつまめるという点ではいいのかもしません。
ただ、結局のところ、受であるケーゴがよくわからなかったのが敗因
読み込みが足らないだけかしら。

逆に、束縛し、ケーゴを囲っていたハイジ
なんでももっていて、なんでもできるハズのハイジが
ケーゴを失って、、、からのくだり。好きでした。
冗談言うようになったんだ。。。からの変化。
変わっていく二人がなんだか初々しくて好き。
人間らしくなっていく、大人になっていくってこういうことなんだろうか。
もう一度し続きっかり読み返したい

0

ほんとに暴君!

ヤンデレ暴君攻め様、ここにあり!って感じのモロ作品。
シリーズ2作目だってことなんだけど、実は前作読んでいないですよぉー
それでも、意外にハマって読んでしまいましたね。
この攻め様の、怒りや屈折した愛や、ままならない若さの暴発みたいなエネルギー、
周りを巻き込んでしまうようなカリスマ性、でもたった一人の執着してしまった事から
全てが変わっていくようになる。

ままならない気持ちを抱え込んで悩める攻め様と受け様、離れてしまったはずだったのに
忘れる事が出来ない、消え去る事が出来な相手への思いが心に伝わる作品。
ある意味DVものかと思えるような攻め様のヤンデレ。
でも逃げたはずの受け様は、そんな攻め様にやっぱり捕らわれていて、
安らぎのような相手が側にいるのに、結局はヤンデレ攻め様の元へ帰っていく。
タイトル通りの作品なのですが、ラストにこれも愛なのだと思えるのが不思議。
登場キャラ一人一人の痛さや愚かさなんかも描かれていてこの1冊でも十分読める内容です。

1

待望の2巻!!

「6UNDER GROUND」から5年。
雑誌掲載は07~09年分なのにやっとやっと続きが出ましたーーー!!
嬉しい、嬉しい(号泣)
それにしても、この題名ひどい!最近好んでじゅねっとがつけてる愛玩と同じように、なんでこんな題名にしたか。
そりゃハイジは暴君だけどさー暴君にしてしまうとなんと薄っぺらい響きになってしまうことか。
しかも帯も「俺たちはSEXで愛を知る」って安易だよ。そんな一筋縄な物語じゃないんだよ。
何も知らなくて買った人がえっ!?これ続きものなの?って1巻も買えよって感じの陽動作戦なんですねwはたまた、編集担当にセンスがないアホなのかwww
ま、さておき「6UNDER GROUND」の続編なのは間違いないので!

前の巻ではチームの仲間でもない景吾に執着するハイジから、そして優しくしてくれるホストオーナーの恭一郎から景吾が逃げたところで終わっていました。
それから景吾は、中華料理店で働く旭だけには所在を明らかにして、誰とも連絡を断ち、現場の肉体労働で頑張って真面目に働いているところから始まります。
しかし、旭を恭一郎も知っていることから、スパイダー続きマンのお揃いのストラップから景吾の居所が恭一郎にわかってしまうのです。
相変わらずの優しさに、とうとう景吾は恭一郎と関係を持ちます。
穏やかな日々は、二人でいるところをハイジに見つかったことで、景吾をめぐる激しい争いに!
ハイジをカリスマと崇め、勝手に神格化して盲信しているアキのジレンマに、ハイジの彼女が煽ったことで、アキがハイジを名乗り残酷な暴力の限りを尽くします。
このハイジと恭一郎の争いにアキが加わり壮絶な修羅場が繰り広げられ、果たして結末は・・・

冒頭、いきなり失禁シーン・・・ハイジの暴力的ないたぶりから始まる場面はショックでしたが、彼の景吾を無くした荒れ様がわかるようです。
もうね、1巻のときから恭一郎でもいいけど、景吾には等身代の旭が一番お似合いだよ、彼とくっつくのが一番幸せなのに!
ってずっとずっと思ってたんだけど、旭はノンケ設定なのかな?
どうして景吾は苦しい方を選んじゃうんだろう(涙)
恭一郎と付き合うのも彼のハイジからの逃げのような捉え方をしてるんです。
苦しいよーー。
そして、ハイジはハイジで一体彼はどうしたいんだろう?
内に持つ2面性。本当の顔を隠して親の敷いたレールには乗るという、ひょっとしてそれが彼の歪みを引き起こしているのは多分間違いないんだけど、彼は自分で自分に足かせをつけてないのか?
彼が景吾の代わりに見つけた犬は景吾に外見がただ似ているだけの男。
てひどく扱うけど、やはり景吾とは違うんです。
そして、アキ。
彼はハイジを崇めているけど、そのハイジの上っ面と暴力的な面しか見てない。
だからそれをいくら真似たって、ハイジを名乗ったって一時の憂さ晴らしのような暴力行為は快感でも、誰もついてきてくれないんだ。
彼もまた哀れな人だよね。
一番の曲者は、ハイジの彼女!たしかいいとこのお嬢さんだよね。
彼女が煽るのが原因。(メス豚にされてしまえ!とかって思ったよw)
彼女を比較すると、男たちのほうが純粋なんです!その表現や方法がどうであれ!

一応、景吾の選択で結末を見ましたが、まだまだ足りない部分がいっぱい!
ハイジはどうするんだろう?景吾の心を傷つけた施設の先輩ダイの存在は、もうあれっきりになるんだろうか?
これが第二部と銘打ってあるってことは、いつか待てば3部もあると期待していいのかな?

非常に痛くて暴力的なシーンが出てきますが、やはり何かに囚われてしまった人々が繰り広げる人間ドラマは見ごたえが十分にあります。
苦しさも理不尽さも、全部含めて考えながら彼等の世界を見守っていく、そんなハラハラする関係はとても引き込まれる魅力があり、痛さもまたスパイスとなります。
読んでみて、苦しい!
でも、きっとここで終わりじゃないと思うから、彼等の未来を信じたいと思うのです。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ