CHiRAL CAFÉへようこそ

CHiRAL CAFÉへようこそ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
作品演出・監督
音響監督:榎本覚
脚本
宮本夕生
原画・イラスト
山田外朗
オリジナル媒体
ゲーム
CD発売会社
Nitro+ CHiRAL
収録時間
59 分
枚数
1 枚
ふろく
ニトロプラスオンラインショップ特典「CHiRAL CAFÉ BOOK」
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

CHiRAL CAFÉでバイトをすることになったアキラとコノエと蓉司。
初日から遅刻しそうになりながら、急いで店に入るとそこには個性豊かな先輩バイトの面々が…。
そんな先輩たちを頼りに思いつつもちょっと不安になる3人。
さらには、ほとんど現れないがたまに現れると問題を起こすオーナーや、アキラ、コノエ、蓉司を目当てにやってくる困った客たち…。
今日は一体、どんな出来事が起きるのか――!?

【収録内容】
Episode‐1「ドキドキ初出勤、はじめてのCHiRAL CAFÉ」
Episode‐2「ワクワクランチタイム、メニューでドッキリ」
Episode‐3「かなえてオーナー、面接狂想曲」
Episode‐4「ぶっちゃけトーク、ラーメンはハードボイルド」

表題作 CHiRAL CAFEへようこそ

その他キャラ
アキラ[鳥海浩輔]/ コノエ[波多野和俊]/ 崎山蓉司[春野風]/ ケイスケ[杉田智和]/ リン[福山潤]/ 源泉[一条和矢]/ シキ[緑川光]/ アルビトロ[岡野浩介]/ ライ[森川智之]/ アサト[春野風]/ バルド[舞幸運]/ 城沼哲雄[鳩マン軍曹]/ 三田睦[空乃太陽]/ 翁長善弥[緑川光]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ファンのためのCD

原作ゲームプレイ済み。「Lamento」「sweet pool」「咎狗の血」、三作品全てのキャラクターが集合したCD。故に、全部のゲームをプレイしてキャラクターを把握していないとそもそも楽しめない。Nitro+ CHiRALファンのためのCDだなあという感じがした。
原作の薄暗い雰囲気は払拭され、みんなで楽しくがやがやと騒ぎ合うとても賑やかな作品。パラレルワールドの中で別の作品のキャラが入り乱れる様は聞いていてとても楽しかった。
キャラクターに愛着があればあるほど、楽しめると思う。
それぞれのファンをしっかりと意識して、ファンが楽しめることを最優先にシナリオを考えているんだなというのが窺える。
ボリュームはもう少しあれば嬉しかったかなとは思ったけど、また大好きなゲームのキャラクターたちの新しい一面が見れて、大満足でした。

0

お祭りCD

Nitro+ CHiRAL5周年記念ドラマCDです。
ドラマCDというよりお祭りCDかな、登場人物入り乱れのカフェを舞台にしたコメディドタバタ。
多分現時点で一番知名度があるのはアニメ化されてる咎狗の血だと思うんですがそれ一作目当てだとちょっと物足りないと思う。
2作知ってればまあそれなりに、3作知ってれば結構楽しめるんじゃないかな。
何といっても3作のキャラクターが一同に集うのでそれだけで聞いててもっそいカオス。
個人的には3作ゲーム全部好きなので結構楽しめました。
ドラマCDを買うと思うと微妙な値段ですが、例えば全サとかで1作1000円位かけてミニドラマを3作買ったと思えば妥当な値段かなーと。
実際中身もミニドラマを3作まとめたそんな感じです。

台詞量の差はありますが一応全員それなりの出番はあります。
カフェ舞台って事もあってか意外に目立ってたのは食いしん坊の睦。
最高だったのはシキ&翁長善弥の緑川さん。
シキは調理担当なんですが狩りに出てます(狩りって!!)そして新ランチ開発試作で皆がヘルシー食や手間がかからないランチ等色々なランチ試作を披露する中でシキ続きランチは何とマグロ一匹ドーンです、それを刀で鮮やかに切り分けてくれます。
ちなみにうちはカフェだ、魚料理店じゃねえって事でシキランチは却下。
そんな感じの軽いネタで進んできます。
ストーリーとしてはたわいないですが、最初書いた通りお祭りCDでこの3作のキャラ勢揃いっていうカオス状態を楽しむ作品。
ドタバタなので恋愛要素やエロ要素は一切無しです。
お酒飲まれる方ならちょっとホロ酔い加減で聞くのがオススメ。
あ、作中でお酒は出て来ません、ただホロ酔い位の状態が一番楽しく聞ける気がします。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ