YELLOW/R 1

YELLOW/R 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047271913

あらすじ

ゴウ&タキ、危険な美獣が帰ってきた――!! 
サンドフィッシュの魔の手から逃れたゴウとタキ。束の間のハネムーンを楽しんだ彼らは、“横取り屋”から足を洗って、平穏な幸せを満喫していた。だが、事件が二人を放っておくわけがなくて――!? 立野真琴のBL最大ヒット作の完全最新作がついに登場!!
.(出版社より)

表題作YELLOW/R 1

麻薬横取り屋 ゴウ 24歳
麻薬横取り屋 タキ 24歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

再始動!『YELLOW』を読んだ方にはぜひ

『YELLOW』続編。
出版社も、ジャケットイメージも変わっています。『YELLOW』の4巻はとてもよい終わり方をしていると思ったんですが、今作は番外編に近い感じ。その後のふたりだけでなく「実はあのとき…」エピソードが収録されており、また新たに明らかになることもあるので満足でした。タイトルの「R」は "Return" やR-18の意味を含んでいるそう(あとがきより)。

大きく3話、各話の扉絵はカラー口絵としても入っています。
1話:『YELLOW ④』のエンディングで海外に旅立ったふたり。日本に戻りごく普通に暮らしているのだが、そこへまた危険な依頼が…。
2話:『YELLOW』では描かれていなかった、ふたりがお互いを意識したのは一体いつ?という話。主にゴウがタキに惚れたときのことです。過去を振り返るが新エピソード。
3話:とうとうゴウの母親の話。育ての親である師匠たちもそうですが、なによりタキがほんとカッコイイなぁ。大きな愛を感じます。

そういえば触れていなかったのですが、このシリーズのHシーンはどれもステキなんですよね。時間も気持ちも共有し、互いの愛を感じる描写だ続きと思います。しなやかな筋肉が美しいぃ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ