貴方はどちらかというとSですかMですか?

愛があれば大丈夫

ai ga areba daijoubu

愛があれば大丈夫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537128024

あらすじ

「採用職種 社長」という、怪しげな求人票に応募することになった、就職浪人1年目の瑞羽。
クールで意味深な笑みを浮かべた秘書だという佐武に面接を受ける。
ところが質問内容は「どちらかと聞かれたら貴方はSですか?Mですか?」と胡散臭さいっぱい。
適当に答えてしまった瑞羽だが、なぜか一発で合格してしまう。
いきなり社長業、扱う商品はアダルトグッズ、そして謎めいた秘書から強引なご奉仕…。
貞操と引き替えに瑞羽に与えられた社長の椅子。
佐武に預けてしまった瑞羽の人生は、果たして…!?

(出版社より)

表題作愛があれば大丈夫

アダルトグッズ会社の社長秘書 佐武
求人募集で社長になった就職浪人 楽田瑞羽

その他の収録作品

  • 追われるうちが恋じゃない
  • 愛がなくても大丈夫
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

話がバラバラ

話がバラバラでいまいち面白くなかったです。
受けがいきなり社長になったのも意味不明だし、どんな会社なのか、この不思議な導入部でいったいなにをしたかったのか意味不明。
秘書の攻めがセクハラするのもつじつまがよく分からない。
受けの家庭の事情もゲイだったというのも、唐突すぎるような。伏線がない。
写真家の男もよく分からない。BLによくある襲わせ要因の脇キャラなんだろうなとは思いましたが。なんでいきなり押し倒すんだろう。
肝心の主役二人の恋もよく分からなかったです。影ながら見つめててずっと好きだったとか言われてもなァ…

『追われるうちが恋じゃない』
この話もよく解んなかったです。
追いかけっこな設定はいいんだけど、なんかその使い方が下手な気が…。

2

セクハラ秘書にやられっぱなしの社長

「貴方はどちらかというとSですかMですか?」という帯に興味をそそられた口です(汗)
面白いといえば面白い。。。けど不思議な感覚?
普通、キャラの性格やストーリー設定など、要素を円で表わすらなら、それぞれの円が交わった集合で表わされるのが作品だと思うのですが、
この話の場合攻めの要素は微妙にかする程度の円の集合で、受けを表わす円に至っては、攻めの円の集合と交わるというより、離れた場所にあってかろうじて線で結ばれている程度。
確かに、攻めはS気はあるかもしれないけど、唐突すぎて、アレ?
受けはMじゃないです。
それにゲイと言う設定も唐突に出てきてアレ?
図で解説できないのがもどかしいですが、そんな一体感がないのに、話として成立しているという摩訶不思議なお話(?)の印象

就職浪人1年の主人公瑞羽が、”社長募集”の求人に、疑心暗鬼ながら応募すると、面接の通知が。
そこで出てきた秘書という佐武にいきなり「貴方はSですかMですか」と聞かれ、「Sです」と答えると即、社長採用に!?

その会社は、男のロマンを売る会社(?)いわゆるオナホとかのアダルトグッズ会社なのかな?
続きは、秘密は冒頭に主人公が見ている求人票に隠されています。
ある個所を見ると一目瞭然!!何で主人公気が付かないか(笑)
しかも会社というのに、社員が誰も出てきませんw
仕事といっても何もしてません。
ただ、佐竹が瑞羽を弄ってますw
もう辞めると言えば、その晩いきなり佐武から電話がかかってきてオナホテレフォンオナニー???
で、引きとめられて社長は継続だし。
次はいきなり写真を撮ると、元同級生の有名カメラマンのところへ連れて行って、それにヤキモチを妬いて襲ってしまう佐武とか。。。
その、ボツ、ボツ、、とでてくる事象、事象を線で繋げたら話になったというわけがわかんない(笑)
だから愛があれば大丈夫なの?ってwww
しかし、不思議なんですよね~統一感がなくてただ主人公が一緒なだけの短編集みたいなのに、何となく面白いんです、、、
多分、きっと佐武のキャラが面白いんだと思います。
しれっとした顔で、実は瑞羽をずっとずっと見続けて見守って、ずっとスキだったっていう、そんな一途がありながら、おくびにも出さずにセクハラプレイばっかりしてるから♪

もう一本は、仕事で自棄になって初めて男を誘うという行為をしたゲイのリーマンが、その男は初めてという相手に迫られ、逃げて、でも仕事で再会してしまって、、、という受けが一人でグルグルするお話。

全体を見渡すと、だまし絵をみせられたような気分に近いものがあるのかも、と今になって思うのでした。
あ、それは、騙された~!という悔しさとかじゃなくて、一本とられたな、ハハハ、、、みたいな気分ですw

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ