セカンド・ターゲット

セカンド・ターゲット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
光文社
シリーズ
Kobunsha BLコミックシリーズ(光文社BLコミックシリーズ・光文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784334807832

あらすじ

国を守るため、男たちが集まる特殊訓練施設で
生活を共にすることになった与大介と雨宮貢。
生活費を稼ぐために離島から入隊した与と、
奔放に振る舞う魔性の男、雨宮。
雨宮は、周囲(男)からの面倒な求愛を避けるため、
与と偽の恋人関係になるが……。
九州男児が贈るミリタリー好き腐女子必見のBLコメディ!!


著者紹介九州男児(きゅうしゅうだんじ)
A型/蠍座/J隊内人口を占める割合が多い鹿児島県在住。
お隣の国の男子がいちばん話したい話題、女子がいちばん聞きたくない話題が「軍隊の話」だそうで、聞かせてもらえるものなら、ぜひ聞きたいと思うのですが……。

(出版社より)

表題作セカンド・ターゲット

特殊機関の新人隊員 与大介 
ルームメイト 雨宮貢

評価・レビューする

レビュー投稿数2

某特殊施設のほも事情

某国の某特殊機関(自○隊とも言うw)をモデルにした機関を舞台にした作品。
九州男児さんらしく、そこにまつわるホモネタだったりなかったり、そんなネタを落としながら、ユーモアの裏側にあるシリアスを、この作家さんならではの絶妙なバランスで展開させている。
素直にカラカラと笑って済まされないのがいいところ。
本当にいつも思うのだが、背中合わせの紙一重のところを突くんですよね。
今回は、それが割とわかりやすく表現されていたんではないだろうか?

男ばかりの施設の中で誰かが擬似セックスシンボルにならざるを得ない状況があるわけで。
そこに君臨して誰もが抱きたいと思い(実際に襲ってしまっているが)それを楽しんでいる淫乱が雨宮。
もうひとり、この施設に入り何も考えずにいれば侵食と報酬を与えられるから入った、たんに経済的理由だけで来た男・与。
誰か決まった人がいれば、輪されることがないからと与と偽装カップルが成立する。

与は真面目でこの人は多分ごくごくノーマルで煩悩にまみれていなくて、本当に純粋な人。
雨宮によって汚れていくかと思えば全くそんなことはなく。
雨宮は偽装カプをして続き守ってもらっているといいながら、男を誘うことをやめられない。
これは雨宮の与を自分のところまで堕とそうとする作戦なのか、
それとも単純に淫乱なのか、
ただただ病んでいるとしか思えないのだが。

いや、そこまで深く考えなくていいのだろうか?
淫乱を満足させるために施設に入った雨宮と、生きていくために入った与だから、この施設は彼等を満足させるパラダイスなのかもしれない。
ただそれだけでいいのかもしれない。
だけど、何か考えさせるものがある。
コメィディとシリアスの紙一重はこの作者さんの魅力なのです。

1

愛とは

九州男児さんらしい作品でした。
最終的に愛を育む順番の話をしているのに
思わず「お前が言うかっ!」とツッコミを入れてしまった
自分が憎い(笑´∀`)ヶラヶラ

お話。
生活のため、生きるために、男ばかりの軍隊に入った攻。
そこで出会った雨宮くん。よもや貞操の危機!
なんとかかわそうとするが、雨宮くんの危機を知り、身を挺して・・・・だがしかしっ・・・
なんにせよ、雨宮さまさまなお話なわけで。
そこに愛があるのかといえば、ないこともないという(笑

繰り広げられるめくるめく。
男を発情させてしまう受。受け止める受。
攻の前であろうと、なんであろうと。
画策陰謀、そして淫行。
はちゃめちゃですが、こういうものとして読めば十分面白い作品かなと思います。

というか、九州男児さんの作品の受で
男を興奮させないのは、ネコ侍くらいなのかな・・・

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ