明日は、きっと

明日は、きっと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044387013

あらすじ

一人っ子で甘えん坊の十和田凛は、デパートの屋上で特撮ヒーローショーのアルバイトをしていた、同級生の野村憲吾に声をかけられた。
憲吾は以前から気になっていた凛と仲良くなりたかったという。
凛をじっと見つめるまっすぐな視線。
それは思春期の少年らしい照れをみせながらも、しっかりとした意志のある視線で優しく凛に注がれる。
凛は心地よさを与えてくれる憲吾を急速に意識していく…。
凛と憲吾の純粋なラブ・ストーリー。

表題作明日は、きっと

野村警吾・高校三年生
十和田凛・高校三年生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

古臭い

なにもかもが古臭かったです。
「古さがむしろ新鮮」というお話なら大歓迎なのですが、このお話はそうじゃなかった。
高校生二人が恋して付き合ってエッチして…という中に、いまいちドラマがない。
爽やかピュアラブ路線だろうなとは思うんですが、それにしてもなァ…。
受けが乙女で、「僕とバイトのどっちが大事なの?」みたいな不満を持つのも耐え難かった。

あと、変態教師に攻めが絵の具プレイされるんだけど、ストーリーの中で完全に浮いてました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ