毒舌御曹司の恋愛

dokuzetsuonzoushi no renai

毒舌御曹司の恋愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
26
評価数
10件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288102

あらすじ

巨大グループ企業・葛城コーポーレーション。

御曹司・亜留人の初仕事は
万年赤字の玩具部門を
がっつりリストラするコト!

ところが、そこで働く
ちょ~美形オタク人形師・成宮に
猛烈プロポーズされちゃって!?

ツンデレ御曹司が
美形オタからクドかれまくる、
ときめき受難ラブコメ★

(出版社より)

表題作毒舌御曹司の恋愛

成宮創史 系列玩具工場の工場長でオタク人形師?
葛城亜留人 葛城コーポーレーション御曹司

その他の収録作品

  • 御曹司たちの日常(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

毒舌はどっち?

美しいセレブ二人と言うだけで幸せです。
毒舌と言うタイトルですが毒舌部分はカットされていて、私が思っていたツンデレとはずいぶん違いました。その分、受けの亜留人がなかなかのツンツンで、あれこっちが毒舌?
ともかく最初は変態人形師?と見えた成宮さんが実は…という王子さま展開で、ある意味王道な話なんですが小さいときから亜留人が好きな成宮さんの一途な感じがよかったですね。

0

自分だけの正義の味方

いきなりCEOになった御曹司と謎の美形オタクとの、ハイテンションラブコメです。

御曹司の亜留人がCEOに就任してから初めての仕事は、赤字が続いている玩具部門をリストラすることでした。
その話をしにエンジェルファクトリーに行くと、そこに居たのは美形のオタク人形師の成宮で。おまけに、自分が子供の時の顔と同じ人形が何体もいて…。それだけじゃなくて、ずっと好きだったと、その成宮が言ってくるのです。
気持ち悪いと突っぱねるも、なぜか成宮と一緒に居るとドキドキして…。

とにかく、成宮のしつこいぐらいの大好きアプローチが良かったです。それに、本当の正体と、亜留人にとってだけ正義の味方になるところもキュンキュンします。昔から亜留人と結婚したかったから、努力したというのも萌えます。
予想できる、最後のどんでん返しな展開も面白かったし。

たまには、こういう王子様のようなヒーローな攻めもいいなと思える、甘々なお話です。

1

チビキャラかわいい

御曹司の言葉から想像した
イメージとはかなり異なったお話でしたが
チビキャラも可愛く
ドールになっている御曹司も可愛く

全体的に可愛いお話でした
ツッコミどころは満載ですが
そんなことは気にせず
読めばきっと大丈夫

切なくもなく、苦しくもない
blも時々読みたいです

2人が何歳なのかとか
よくわからないことが多いですが
知らなくても良い感じです

おもちゃ工場、ドール
ファンタジー???
コメディ??

2人に幸せになってもらえれば
それで良いかなと思いました


0

目力漫画だと思います。

若くしてCEOに就任した葛城が不採算といわれている工場を清算するため訪れたら
そこには自分の小さいころの人形がこれでもかと飾られていてドン引き。
さらに人形の生モデルに逢えたと涙だばだば流して感動する工場長の成宮は
正直言って「気持ち悪いヲタク」にしか見えない。

こんなところから普通フラグが建つわけないのですが、
ここからこの成宮がちょっとずつ美形らしき真の姿をポロポロとこぼしながら
もう全身全霊の愛をぶつけてくるのにほだされてしまう葛城。
その背後には「自分はどうにも認められてない子」と思い込んでるコンプレックスなんかあったりして、ほほぉ、こうやってフラグって立てるのかぁ・・・と感心。

そしてこの成宮が最後の最後まで見せなかった最後の姿を見せた時、
葛城を回るすべての陰謀がきれいに片付いてしまうというオチ。
(いや、途中からそうなんじゃないかな・・・とうすうす感づいてたけど)
単なる工場長ではなかった。でもそれ以上に度を超えた変態的愛情だとも思うわけ。

なんにせよ少々変態でもスケールでかすぎるメタモルフォーゼされても「許せる!」と思えてしまうのはや続きはり、帯にもある通り「美形」である事なんじゃないかなーと。
特に目力。目をどういう風に書いたら美人さんになるのか!に物凄く労力を注いで書いている気がする。それでいて目の書き方に迷いがないのも。

そこかな、桃季さんの絵の魅力って。
ストーリー的には一歩間違えると「力技の無理やり王道」という残念なのですが、やっぱり絵のきれいなのは説得力になっちゃうんだよねぇ。

0

オタク人形師は一途な策略家?

厳しかった祖父が亡くなり大企業のCEOになった受け様は企業内で万年赤字で
採算のとれていないオモチャ部門の工場の視察に出向いた先で、とんでもない人物と
遭遇してしまう、それは、唯一のおもちゃ工場社員で、工場長の攻め様。
一見すると工場に見えないその屋敷には、何故か等身大のような同じ顔をした人形が
沢山おいてあったのですが、その人形は、全て受け様の顔と同じで悪寒を感じた
受け様は帰ろうとするが、そこに人形を作ったと思われる攻め様が現れ、
高テンションで受け様に天使だと言いながら近づき、初恋の相手だと迫ってくる。
その態度にアブナイ恐怖を感じながら逃げようとしたときに、危なく噴水に落ちそうに
なったところを攻め様に抱きしめられるように助けられ、何故かドキドキが止まらない。
ツンデレで意地っ張りな受け様と受け様を守ると宣言して結婚を迫る攻め様との
ハイテンションラブで、ラストはどんでん返しの展開が待ってるストーリーでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ