ヤりたいお年頃の濃密な関係

yaritai otoshigoro no noumitsu na kankei

ヤりたいお年頃の濃密な関係
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
55
評価数
18件
平均
3.3 / 5
神率
5.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799712542

あらすじ

木崎了太17歳。童貞・処女。なのに男専用肉×器なんて噂が一人歩きし、感じやすい体だともっぱらの評判。
そんなある日、後輩の藤村 誠16歳から「先輩、好きです。ヤらせて下さい! 」と迫られる!
逆に怖気づかせてやれと思い「いぃよ」と言うと、彼はすっかりその気になってしまう(汗)。
「俺、先輩の初めて全部欲しい。俺だけのものになってください」
年下の男に熱い言葉を放たれて、挿れられて、擦られて、イかせれて…俺コイツのものになっちゃうの?
電子書籍生まれの人気作品、描き下ろしを加えてコミックス化!

(出版社より)

表題作ヤりたいお年頃の濃密な関係

藤村誠 高校1年 16歳
木崎了太 男限定肉●器の噂アリ 高校2年 17歳

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

先輩のハジメテ

木崎は男専用肉便器なんて噂が流れてるが実は処女。
後輩の誠が「ヤらせてください」と告白するところから始まります。

木崎は処女&童貞で男専用と勝手な噂が流れてるが、男同士は無理なんだとか。
誠は経験豊富で女子にもモテモテなんだとか。

誠が潔いよい。
男同士だからと言う木崎に「じゃあ、性転換します」
と言った誠には感心しました。
これは、男前って言って良いのかな。

木崎はセックスが気持ちよすぎて別れられないっぽいです。

18歳ママの1巻を先に読んだんだけど、どちらも背景が貧しいです……。
雑さは前より目立ちません。

萌えは所々ありまして可愛い話です。

木崎のハジメテ、処女はもう奪われましたが……童貞はいつなるんでしょう。最後の最後っていつでしょうか。
その時はやっぱり、誠が受けでリバになるんですかね。
誠がリードしてそうだから、攻めなのは変わらないかも。

2

好きな作家さんですが、

「那波18歳♂ママになりました」にもちょこちょこ脇キャラとして登場している、宙くんのお友だちの〔了太〕と藤村医院の息子〔誠〕の馴れ初めです。
二人のお話自体はこの一冊で完結していますので、「那波~」未読でも問題なく楽しめます。
如何にも電子発らしいエロ多めのラブコメです。

誠のキャラがあちらを読んで勝手に抱いてたイメージと全然違っていて、こんなヤツだったのかと(笑)
もっとクールな男なのかと思ってたよ…
押しの強い忠犬…ってソレ忠犬なのか?と冷静に考えるとよく分からない比喩な気もしますけど、例えるならば【押しの強い忠犬】です、超ワンコです。若干ストーカー入ってます。
口開けば了太に「好き好き大好き」連発してて可愛いっちゃあ可愛いけど、暑苦しいっちゃ暑苦しい(笑)
相手から積極的に来られると途端に弱くなっちゃうのは可愛かった。
了太はイメージ通りの乙女ちゃんでした。

一二三もげぞうさんは好きな作家さんなんですが、ラブコメがあまり好きじゃないせいか、これはあまりハマることもなく、さらっと読み終わってしまいました。
エロは多いけど、超・超・超純愛なので、ラブコメ&続きハピエンがお好きな方には安心して読めるお話だと思います。

「那波~」の2巻で了太が付けてる首輪が何なのか気になってたんで、付けることになった経緯が分かってスッキリしました。

1

後輩くんの溺愛振りが好き

とにかく、後輩くんの溺愛振りが堪能できる1冊です。誠の「ヤらせてください」と驚きの告白から始まります。

告白されたのは、フェロモンダダ漏れで男専用肉●器と噂されてる了太です。でも、本当はバージンで。諦めさせようと挑発すると、誠は喜んで挑発に乗ってきます。後悔しても時すでに遅しで。

その時から、誠のイケメンぶりと甘いセリフと好き好き攻撃に翻弄される日々が始まるのです。了太とやった人がいるか、全校生徒に聞いて回ったり。了太に言い寄る人間を排除したり、了太にプレゼントしまくったり。忠犬のような誠の行動にキュンキュンします。

誠を好きだと自覚してからの了太も、可愛くて萌えます。確かに変なフェロモン出してます(笑)お姉ちゃんに啖呵を切ったところではカッコイイし。

どんどんバカップルになっていくのが面白くて、もっと読みたいぐらいです。

4

こっちが好き

「那奈18歳♂ママになりました」も好きだけど、こっちの方が好きです。受のフェロモンがだだ漏れで、周りの男たちを惑わしちゃってます。でも、こんだくフェロモンだだ漏れなら17年間の中で1,2回は陵辱されちゃっててもおかしくないような気が・・・。これからは攻が受のこと守っちゃってください。攻と受は、那奈18歳♂ママになりましたで出てくるキャラで那奈の2巻?でも受がストーカーに襲われる話があるので、この話好きな人は、そっちも読んでね。

1

なんだかんだ言って楽しんだw

「・・・好きです、ヤらせてください!」
一番最初のセリフがコレで、おお~~~?と思っていたら、
言われた主人公もあっさりと「いいよ」
しかも主人公の子は身体をすり寄せて、シャツをワザとはだけて見せて、
「言っとくけど、中途半端なセックスしたらシバくぞ」と。

この主人公、昔から男に言い寄られ(何故だ?ここが最後までちょっと疑問だったよ~)、
今までの経験上、押しの強いタイプには、あえて自分も押すことで撃退し処女を守ってきたらしい☆
でも今度ばかりはうまくいかない!!
手を握られて、
「俺の家でもいいですか!?
 マニアックなプレイがお好きですか? 家に色々あります!」
なんて色々言われて言いくるめられて、逃げられなくなってしまうw

この言い寄ってきた子(攻め、高1で主人公のいっこ下)の、
そのワンコぶりと、主人公への執着ぶりがハンパない!
「男限定の肉●器」という噂の真相を探るべく、全校生徒に聞いて回ったというし、
男同士・・・を指摘して主人公が自分を諦めさせようとすると、アッサリ、
「じゃあ俺、性転換しますね! 親は医者なんで!」と言っちゃう!!続き
(実際に性転換するような展開にはなりませんww)

こんな感じで最初は面白いんですが、
最初からガッツリやってしまううえに、その後もガッツリ続きなので、ちょっと単調かも・・・?
「体目当てじゃない」
「待ちます、好きになってもらえるようにもっと頑張ります」
と攻めは言うけれど、やることはやっている、というかヤりまくっているのでw、
え~~?と思いながら読み進めてしまいました。
でも、
実際に受けが気持ちを伝えるシーンはなかなかよかったのですが♪

本の表紙で受けの子の髪の毛の一部がなんだか変な色で「ん~?」と思っていたら、
(そこは普通疑問に思うところじゃないのかな?)
受けの好きなミュージシャンがその髪型で、受けは真似をしているということが分かって、
そして、そのライブのチケットを巡って~のお話もあって、で、納得☆

なんだかんだ言って、そのうち一二三さんの初コミックも買いそう~
この本のふたりのその後が、ちょっと見れるみたいなので♪

3

本当はハジメテの恋

子連れモノ『那波18歳♂ママになりました』がエロいのにどんどん引き込まれる物語で、絵もヘタウマみたいな感じなのに、意表をつく良さで、しかもペンネームが(笑)とっても注目した作家さんの2冊目ですが、デビュー作品なんだそうです。
面白いですね、デビュー作のほうが絵がそこそこきれいな線で描かれているのに、後のほうが簡略化したせいか稚拙にみえるという(驚)
それにしても、一見薄いのにその読み応えはその倍はあるくらいの満足度でした。
内容も、先に出た那波と同じで、最初はエッチから始まるのに、だんだんと盛り上がって気持ちを魅せる、またエッチもちゃんと並行してついていって、いいじゃん♪ってすっかり好きになっている。
本当は好みが分かれる作家さんなんでしょうが、でも、絶対いいです!
最初は電子だったそうですが紙化してよかったです。
またイチモツの修正も、少し前の作品なんでわりときっちり書かれたモノを修正していて今時ありがたい(w)

小さい頃から男にモテるので、自らビッチを装って”男限定の肉●器”なんて呼ばれてる了太が、年下後輩の誠に「好きです、ヤらせてください」って言われて、いつもの続き通りあしらうつもりが、向こうがドン引くところか積極的に出てしまいあっという間に襲われて、童貞なんですがバックバージンを奪われるという始まり。
この誠の執着がとても激しく、その気持ちはマジ本気。
その本気を態度で言葉でエッチで示すから了太は流されているんだけど、そこに疑問を覚えて、嫉妬を感じて、そして自分も好きになっていることに気がついて・・・
晴れて両思いという、大まかな流れはシンプルなのだが、
そこに挿入されるエピソードがいい♪

この誠、ただのヤりたい盛の性欲魔人かと思うがかなり本気。
その執着は引いてみると結構怖いです!まるで番犬のように了太に近寄るモノを廃除しますし、強引にエッチで服従させるし、とっても傲慢だと思うんだけど、でも何か憎めないんですよね。
それには、彼がずっと以前から欲しいものはなんでも与えられてきて、欲しいと思ったのは了太が初めてだ。というそのこだわりが理由なのです。
このなんでも与えられてきたというのが、のち了太の心を乱すのですが
それはとてもショックだと思います。
しかし、それがあったから初めて誠に対する独占欲を自覚するというのですから、
話がススムにつれて奥が深くなって読み応えも増すというものです。
この了太も恋をしたことがなかったから(なんといっても童貞ですしw)身体が先走ってしまった関係に心がついていくのが遅くてって、よくわかります。
結構、このキャラたち嫌いじゃないです。

描き下ろしは、最近書かれたモノらしく、絵柄が違うのできっとびっくりするかもwww
しかし、エロも読み応えも両立してる作品というのは自分的に高評価に結びつくプラスポイントです☆☆

3

男専用肉×器?・・・実は真っ新童貞処女~

男専用肉×器なんて噂されてる受け様に、年下後輩の攻め様が告白?&ヤラせて下さい発言。
ウザい噂にまたかと思いながらまっさらなクセに満足させるテクがあるなら
1度だけ相手にしてやるなんて強気発言して、相手が引くまで強気で押していた受け様、
しかし、そんな強気な発言にも怯まない後輩にお持ち帰りされちゃう。

後悔先に立たずなんだけど、なんと攻め様は噂なんて違うと初めから知っていたみたいで、
受け様美味しく初めてを頂かれてしまうのです。
ワンコのくせに強引で受け様あれよと言う間に流されるのですが、この攻め様かなり
実はアブナイ程受け様が好きで執着してる。
イケメンモテ男で頭脳明晰文武両道、自分をお買い得だと言い切る強気発言。
身体から始まった関係だけど受け様は攻め様に絆され気味。

このワンコ執着だけにとどまらず、意外に策士で腹黒だったりするんです。
受け様を手に入れる為なら何でもしそうだし、受け様に近づくものは全て排除!
そんな攻め様に溺愛執着されながら、恋を自覚していく初心な受け様。
見かけはビッチだけど、ホントはピュアな受け様との執着ラブでした。
個人的続きにはこの執着とエロのコンボは大好き(笑)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ