可愛くない可愛いキミ

kawaikunai kawaii kimi

可愛くない可愛いキミ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199001444

あらすじ

コイツのどこが可愛いんだ!?みんなが認める学園のアイドル・七海―その可愛さが、美化委員長の迅にはわからない。
可愛い子ぶって掃除をサボるなんてもってのほか!厳しく注意した迅はなぜか七海に気に入られ、毎日つきまとわれることに…。
決して特別扱いしない迅に、可愛くない生意気な素顔を見せるようになる七海。
迅も次第に、そんな七海が可愛くなってきて。

表題作可愛くない可愛いキミ

迅 美化委員長
七海 学園のアイドル

その他の収録作品

  • 可愛くない可愛いコイビト
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

この攻可愛いんじゃないか?

鹿住さんでは好きな作品です。

何より攻一人称だったのでそれだけでも悪くないんですが、作品としても結構好き。←鹿住さんは基本的に受一人称で書かれますが、私はこの受一人称がものすごく苦手なんです。

鹿住さんの高校生攻でよくあるパターンとはちょっと違って、迅(攻)がいかにもなアホで幼稚な俺様じゃなかった(イヤまあ、まったくアホじゃないとは言わないけど)だけでもよかったです。
鹿住さんの高校生攻は、個人的にダメな率エライ高いので(私が『幼稚な攻』も『俺様攻』も大キライだから)。

でも、私は迅は結構好きなんですよ。しっかりしているようでやっぱり若い(青い)ところがまたイイ。

七海(受)は、キャラクターとして好みかと訊かれれば違いますが、可愛い子ぶってるのは別に気にならないし(ちゃんと背景も理由もあって描写されてるので)、ちょっと我儘が鼻につくところはあれど決してキライじゃないですね。

計算して『可愛い自分』を演出してるところ、迅との関係でそれが裏目に出て空回りしてるところ、すべてがいかにも高校生って感じでこの若さがよかったんです。
もちろん、これで七続き海が社会人だったら読むまでもないと思いますが。

正直なところなんとも他愛ないストーリーなんですが、それでもなぜか好きなんです。キャラクターが可愛くて、これぞ高校生もののよさだよな~と感じます。

0

可愛いお話です

学園のみんなのアイドルと、美化委員長の恋。
美化委員長である攻めのほうが主人公です。
カワイイお話でした。
美化委員長の鈍さにはちょっと疲れたけど、私は鈍い攻めはキライじゃないのでok。

唯一自分を特別扱いしない美化委員長に興味を惹かれ、彼につきまとううちに惚れてしまう学園のアイドル、という分かりやすい図式です。
計算高いアイドルですが、計算狂いまくってるのが妙に可愛かった。
王道には王道の良さがあるなァと思いました。
ホモ当たり前な設定にも、つくづく慣れたなァ、私。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ