山田パピコ先生、初花音コミックス!

不器用だけど大好きさ

bukiyou dakedo daisukisa

不器用だけど大好きさ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌13
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
79
評価数
26件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288881

あらすじ

すげー苦手だと思っていたクラスメートの鳥越(とりごえ)と、
2人で文化祭実行委員をやることになってしまった俺。

スカした態度の鳥越とはノリも合わないし、
キレイな顔立ちと頭の良さで俺より女子にモテるし、
仲良くするつもりなんてなかった。

…でも本当は一生懸命で可愛い鳥越によろめいてしまったら、
もう突き進むしかないだろ!?

直情型ムードメーカー・飯田
×無愛想美人・鳥越の不器用ラブストーリー★

鳥越の幼馴染み・村上×真編も収録。
描き下ろし付き★

表題作不器用だけど大好きさ

飯田,高2,17才
鳥越,高2,17才

同時収録作品不器用だけど大好きさ 村上×真編

村上,高2
真,高2

その他の収録作品

  • 不器用だけど愛したい(村上×真編描き下ろし10p)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ぎこちなさが良かったです

この作家さんの作品を読んだのはこれが2冊目です。
絵柄は綺麗で割と好きなタイプの絵です。台詞も少な目で読みやすいと思います。
表題作とそれにリンクする作品が収録されていて、合計2組の高校生カップルのお話でした。
表題作の方はどちらかというと苦手意識があった相手とのお話、リンク作の方は仲はいいけどずっと片思いしているという状況です。
少しタイプの違う2組のカップルですが、受け様がどちらも可愛かったな~という印象でした。
攻め様は真っ直ぐでちょっとワンコタイプと、強気でちょっと自信家タイプでした。
受け様があまり経験がなさそうで、ぎこちないところが良かったかなと思います。

0

お互いを想い合う気持ちが伝わってくる

鳥越くんはずっと前から飯田くんのことが好きで、同じ文化祭実行委員になって2人が仲良くなるにつれて飯田くんも鳥越くんを好きになる。でもタイトル通り鳥越くんは不器用だから気持ちをなかなか伝えられず、すれ違いも多々あります。そんな時の飯田くんの一生懸命な想いにきゅんとします。やっぱり2人ともちゃんと想い合ってるなぁって感じました。
気持ちが繋がった時にすぐキスするのではなく、ぎゅっと抱きしめるのも私的にすごくいいなと思いました。
鳥越くんと飯田くんの性格が対照的なのも読んでいて面白かったです。
いいお話だったので本編が少し短いのが残念でした。

0

展開が早すぎたかなと…

<メイン作>
とにかく展開早い!と感じました。
連載的に仕方がないのかな…?個人的に番外編(村上×真)の尺を本編じっくり載せてほしかったかなと思いました。

<番外編>
本編で番外編の攻め(村上)が飯田と鳥越の邪魔をしてきていたので
なんだか突然乗り換えたように見えてしまいました…
えっ、もうそっち(鳥越)はいいの!!?みたいな
うまく言えない…すいません


パピコさんの絵とキャラクターちゃん達はとても可愛かったので
今回は中立評価で…!!

1

不器用なふたりの恋のお話


不器用なふたりが不器用ながらも愛を伝える。そんなお話です。

まず、代題作について、
心なしか話の展開が速く感じました。
ふたりが仲良くなった過程が詳しく書かれておらず、どうして好きになったのかがわかりずらかったです。
なので、気持ちがついていかず、置いてけぼりという感じでした。
当て馬の扱いが雑で、受けの幼馴染の村上くんにはもう少し活躍して欲しかったです。
Hシーンはさすが山田パピコ先生。とても色っぽくて息遣いを感じるような絵でした。

同時収録について、
代題作に登場した村上くんと、そのお友達の真くんのお話です。
個人的に代題作よりも好きなお話でした。
受けの真くんが健気でとてもかわいらしくいじらしい男の子で、村上くんが本当に好きなんだなと感じました。
村上くんも真くんを大切に思っていて、ふたりの気持ちが暖かくも甘酸っぱくて、もっとふたりを見ていたいと思わせてくれました。
描き下ろしもこのふたりなのですが、真くんがエロくてかわいくて、すごくどきどきしました。

本当は中立にしようと思ったのですが、同時収録のお話が個人的にとてもよかったので萌にさせ続きていただきました。
マイナスなことも書きましたが、絵も綺麗ですし、萌もたくさん詰まっている素敵な作品だと思います( ´ ω ` )

1

ホント不器用

高校生のお話ですが、タイトル通りホント不器用です。

文化祭の実行員をきっかけに仲良くなり、気付けば飯田くんは鳥越くんに恋心を抱いていました。鳥越くんは高1の時から飯田くんのコトが好きだった。

「友達ってことは、飯田に彼女が出来たりしても何でもないフリをしなきゃいけないんだって気づいたんだ…」
このセリフはちょっと切なかったです…。
飯田くんはもともとノンケだし、実際今まで彼女もいたし、鳥越くんがそう思っても仕方がないのかなと…でも、ちゃんと気持ちを伝えた時には飯田くんも鳥越くんが好きになってたので、鳥越くんの思いが報われて嬉しかったです^ ^

エッチ中の鳥越くんがなかなか色っぽかったです。
このエッチをするまでも、鳥越くんの思いと飯田くんの思いが違って、もーホント不器用だわぁ!と思わされました(笑)

当て馬の村上くんの登場は必要だったのかと!?ちょっと思いましたが、同時収録では村上君のお話だったので、この為の登場だと思うようにしました(笑)
どうせなら表題作で、もう少し掻き回してほしかったですがね^ ^;

0

友達って何でもないフリしてなきゃいけないんだ

 ずっと飯田に片想いしていた無愛想美人な鳥越と、苦手に思っていた鳥越に惹かれて行く飯田。少しずつ気持ちを確かめあい、身体を確かめあう2人。
 
 好みの絵柄と設定でしたが、元彼&幼馴染みなどの当て馬群の絡みが雑な印象でもわんとしながらの萌えでした。台詞で全部説明しながらトントン進んでいく感じだったので、もう少し間が欲しかったです。2人の距離がせつな甘く縮まって行く展開は良かったです!

◆不器用だけど愛したい
 鳥越に片想いをしていた面倒見が良くモテモテの村上×村上に片想いの真。仲が良すぎる幼馴染みへの片想いが甘酸っぱくて胸きゅん。表題作よりこちらの2人に萌えました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ