ちびトラさんの大冒険

chibitorasan no daibouken

ちびトラさんの大冒険
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
6件
平均
4.5 / 5
神率
66.7%
著者
作品演出・監督
本山哲 
音楽
デルファイサウンド
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
春野アヒル
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
アニメイト限定特典:おしゃべりCD
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

ヤンチャな狼さんが一目惚れした仔猫の正体は 猛獣ベンガル虎のちびトラさんでした!
ちっちゃいけれど賢いちびトラさんは狼さんに本当は「虎」だとバレないよう気を付けつつ狼さんを傷付けた敵を屠(ほふ)ったりと大忙し!

すべては大好きな狼さんを「嫁」にするため虎視眈々と狙っているからなのです★

大人気「トラさんと狼さん」シリーズの「読者リクエスト1位」ちびトラさん編が遂にドラマCD化!!!!!!

ちょっぴり腹黒のトラさん×俺様なツンデレ狼さん&素直クールなワンコさん×不器用なトラ兄さんの他に、
新カップル・狼パパと黒羊メリーのお話も収録!
どきどき異獣ラブシリーズのドラマCD化第4弾!

表題作 ちびトラさんの大冒険

トラさん → 遊佐浩二

狼さん → 鳥海浩輔

ワンコさん → 羽多野渉

トラ兄さん → 森川智之

メリー → 鈴木千尋

狼パパ → 置鮎龍太郎

その他キャラ
ちびトラさん[宮田幸季]/ 獣医[高橋英則]/ 牧場主[林大地]/ 狼さんの仲間[比留間俊哉]/ 狼さんの仲間[青山耕平]/ 狼さんの仲間[伊東健人]/ リス[谷口夢奈]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

評価に悩む

原作既読。
このシリーズ、可愛い中にちょっと切ない要素が詰まってる、何とも不思議な味のするお話なんですが、今回は切ない成分が多めになっていて、シリーズを通して何度か触れられてきた寿命問題がメイン。

構成はちびトラさん(宮田さん)と狼さん(鳥海さん)。トラさん(遊佐さん)と狼さん。
そしてトラ兄さん(森川さん)とワンコさん(羽多野さん)。メリーさん(鈴木さん)と狼パパ(置鮎さん)の4つ。
ちょっとずつ色んな味を楽しみたい、という人にはオススメですが、私のようにがっつり1CPを楽しみたい、またはちびトラさんを満喫したい人にはちょっと物足りないかもしれません。

基本的に、受はアホの子なので、なごみ系の作りになってます。
死ネタですが、とても死ネタとは思えないほど緩くって笑える。
でも何だかちょっとホロリと来る……。
結局は天国でみんな幸せ(はぁと)、な話ではあるんですが、コミックの限定CDの方があまりにもツボだったので、やっぱり少し物足りなかったです。

このあたりまで来ると、皆さん演技も凄く安定していて聴いてて不安要素はありませんでした。
宮田さんのちびトラさ続きんは、相変わらず悶死レベルの可愛さですし、鳥海さんの「アォーン」も絶妙なタイミングで聴くことができます。
シリーズの総集編、みたいな感じで楽しむにはいいのではないのでしょうか。

メリーさんとパパのアホさが本当に可愛くて、ツボに嵌ります。

0

ちびトラさん可愛すぎ

今回もまた、宮田さんのちびトラさんがとにかく可愛い♪
キャストトークでもお話していましたが、ここまで可愛い声を出すには
それなりにご苦労もあるようですね。
収録が終わって「やっと自分の声に戻れた・・・」とおっしゃっていましたが
私からすると、あんまり変わらない気が・・・(笑)

今回は・・・
『ちびトラさん&狼さん』
『トラさん&狼さん』
『トラ兄さん&ワンコさん』
『狼パパ&黒羊メリー』
この4CP(正しくは3CP)のお話です。
コメディタッチないつものノリに加え今回のテーマは「最期の時」
トラさんと狼さんの別れそしてトラ兄さんとワンコさんの別れ。
ちょっとシリアスで泣けるのですが、
あっという間に笑いに引き込まれてしまいます。
そして、新キャラ「狼パパと黒羊のメリー」こちらは時系列から言うと
早い時期なのですが、今回初めての登場です。
そして、相変らずちょい強面なトラ兄さんですが、人生の最期はあっけなく
人間の車にはねられ、あっという間にワンコさんを追いかけるように
天国へ行ってしまうんですね。
ツンデレなトラ兄さんをベテラン森川さんが、そ続きしてその森川さんを
黙らせてしまうワンコさんを羽多野さんの低音ボイスがイイ感じに攻めています。

最期にみんなが天国に召されてあの世に行ってからのお話も聴き逃せません。
みんな天国に行ってるんだけどタイトルが「天国だよ★全員集合!」
ふざけてませんかぁ~?
もっとシリアスな感じかと思いきや、ここでも狼さんの「ワウォ~ン」が健在。
鳥海さんの「ワウォ~ン」がないとやっぱりこのお話聴いた気がしませんね~♪

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ