オオカミ彼氏は聞きわけない

ookamikareshi wa kikiwakenai

オオカミ彼氏は聞きわけない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
52
評価数
14件
平均
3.8 / 5
神率
21.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758074872

あらすじ

いやいやいや、待て待て待て。
俺の名前は、小野寺雅和。サラリーマンでゲイのバリタチだ。
愛する恋人との旅行のために休暇をもぎ取った直後にフラれ
どん底に突き落とされた俺は、行きつけのバーで酒を浴びるように飲んでいた。
そこに絡んできたのは、毎度のように口説いてくる男・三葉だった。
うっとうしいから店を出たところに知らない男二人組が現れて…
そうしたら追いかけてきた三葉が猫に!? なぜか男からキス!?
ダメだ、ワケが分からん――っ!!

猫、オオカミ、ヘビ、たぬき…ケモノがいっぱい現代ファンタジー★
オオカミの恋はピュアで強引、あまくてやさしい。

表題作オオカミ彼氏は聞きわけない

琥珀、人界で仲間と「なんでも屋」を営む狼
小野寺雅和、琥珀との出会いで妖界に関わる会社員

評価・レビューする

レビュー投稿数2

もうちょっと編集さん考えて…

人狼?×人間。
恋人に去られ、バーで傷心を癒していた受けは、前々から言い寄ってきていた男に襲われそうになる。自分はバリタチだから、と断っても妙な力で身体の自由を奪われ、万事休すのところを琥珀という男(攻め)に助けられる。しかしなぜか琥珀にキスをされ、思わず嚙みつく。
その後自宅へ戻ったものの、唇についた琥珀の血の匂いを追って、またも人外の敵が現れ…という展開。

犬耳…じゃなくオオカミ耳と尻尾のついた大柄な攻めと、小柄ながら戦闘能力の高い受けです。受けが何の仕事をしているんだかわからないけど、やたらとケンカ慣れしているようで、人外の敵にもかなり善戦してくれるのがかっこよかった。攻めも人獣界では大物らしいのですが、受けの前だと典型的なワンコでなかなか可愛かった。

絵は綺麗だし、バリタチだったのに受けに回る展開もいいし、端々に面白い気配はあるんだけど、いかんせん圧倒的に説明が足りてない。あとがきを読むと、同人誌か何かのスピンオフ作が別にいろいろあるそうで、だからか…と思いました。シリーズ前作のコミック単行本があるというならともかく、同人誌や電子書籍で連載しているシリーズの一部続きを切り取ってコミックス化するのはやめてほしい。読者がみんな同人誌や電子書籍から追いかけてきてるわけじゃないですよ…。

4

狼耳カレシ万歳

元々はpixivで追っかけていた話でした。更新が楽しみで楽しみで単行本になると決まった時はまー嬉しかった。
とはいえ元々(?)小説を書いてる作家様とはいざ知らず。
他の作品を読む楽しみ増えました。

私の好物の不憫受け。それも不憫に屈するタイプじゃなくて案外受け入れて馴染んで強くなるタイプ。大好物です。そして命に関わらない程度の怪我をするのもとても好きな展開。
続きとても希望します。攻めが人外でヤっちゃうと絶対気持ち良いって反則ですよね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ