時の羅針盤

時の羅針盤
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832281806

あらすじ

未来を見る事が出来る鳥羽一族は代々強欲な橘財閥に囲われていた。
地下に捕らわれ外の世界を知らない一族の最後の末裔・鳥羽暁人。
そして橘財閥に深い恨みを抱き復讐の機会を狙う男・高見沢真。
二人は宿命的に出会い、許されない恋に墜ちるが―――。
【出版社より】

表題作時の羅針盤

高見沢真:ある復讐を期する青年実業家。
鳥羽暁人:未来視を司る一族の最後の一人。

評価・レビューする

レビュー投稿数3

許されない恋

運命的な出会いをした二人が許されない恋に堕ちた、シリアスなお話です。

物心ついた頃から、地下室で暮らしてる暁人。
暁人は、未来が見れる一族の末裔で、橘財閥のために占いをさせられていたのです。

外の世界に憧れる暁人は、こっそり地下室を抜け出します。その時に出会ったのが、橘財閥に恨みを持つ高見沢でした。

その時はすぐ別れたけど、高見沢は、後日占いをしてもらいにやって来るのです。
そして、暁人を外に連れ出します。暁人は好きだから連れて行ってもらえると思ってるのに、高見沢は復讐のためで…。
でも本当は、高見沢も一目見た時から好きになっていたのです。

そんな二人を、もちろん橘財閥が放っておくわけもなくて。暁人は連れ戻されて、高見沢は死んだと伝えられます。
ショックのあまり、未来が見えなくなった暁人に待っていたのは、橘会長の毒牙でした。
この会長が、ホント気持ち悪かったです。

暁人の誕生した秘密にも、驚きます。黒田(暁人の付き人)の暁人への執着も、高見沢の精液を暁人の体からかき出すのがゾクゾクして萌えます。
最後の黒田と高見沢の暁人の取り合いでは、シリアス続きなのを忘れるような微笑ましさで良かったです。

0

シリアスめな作品

未来を予知できるせいで地下に幽閉されてた少年(受け)と、受けを幽閉していたオッサンに恨みを持ってる青年(攻め)のお話。
この攻めよりも、世話役の黒田と結ばれて欲しかったな。

ただ、CJ Michalskiさんのシリアスめなお話は、いまいちピンとこなかったです。
シリアスめなんだけど、登場人物の行動が感情のシンプルさそのものはアホアホ作品とあまり変わらないんですよね。
簡単に好きになるし、簡単にエッチするし。
アホアホ作品では安易だとは感じないのに、この作品ではそれを安易だと感じてしまいました。
セリフ回しも展開もキャラも、陳腐に思えました。
CJ Michalskiさんは、アホアホ作品か可愛い作品かを、コミカルなタッチで描いてる作品のほうがいいなァと思いました。

1

拘束する従者

受と攻の恋愛感情は限りなく普通です。
問題は受に執着する二人の男です。

一人は拘束と所有欲に塗れ、
そしてもう一人は従属と崇拝が嵩じて
所有欲に溺れかける。

後者はやがて多少浄化された様では
ありますが、評者は彼に共感する事は
出来ません。
彼が愛を捧げているのは彼が心の中で
磨き上げた虚像に対してでしょうから。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ