ジェラテリアスーパーノヴァ

gelateria supernova

ジェラテリアスーパーノヴァ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神74
  • 萌×214
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

13

レビュー数
14
得点
434
評価数
95件
平均
4.6 / 5
神率
77.9%
著者
作品演出・監督
本山哲
音楽
川中ゆかり
脚本
椎名理生
原画・イラスト
キタハラ リイ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
71 分
枚数
1 枚
ふろく
マリン通販:キャストトークCD / アニメイト:描き下ろしペーパーA / コミコミスタジオ:描き下ろしペーパーB
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

――もっと、もっと、ここ…苛めて。
名前も知らない奴と、衝撃的なセックスをするだけの週末を過ごす生活。
出会い系の掲示板で、適当に知り合った間柄。
思春期を使い果たしてこぎつけた初体験は、何も感じなかった…。
互いに距離を詰められぬまま、時間が過ぎていく。
―――大人になりきれない、とある恋の物語。

出会い系で適当に知り合った間柄、
知っているのはお互いのいい加減なハンドルネーム。
いつも、近所にあるジェラート屋『スーパーノヴァ』で
待ち合わせをして、部屋でヤるだけの関係。
…だったはずなのに、少しずつ変化している自分の気持ちに気付く里谷(さとや)。
自分だけが深みにハマっていく不安…でも気付いた気持ちには抗えず―?
ジェラテリアを巡って繰り広げられる苦くて甘い、恋の駆け引き。

表題作 ジェラテリアスーパーノヴァ

kio(政田) → 古川慎

里谷智秋 → 佐藤拓也

その他キャラ
篠山[比留間俊哉]/ 石川[兼政郁人]/ 菅井[藤田茜]/ 店長[大隈健太]/ 友人[浜田洋平]

評価・レビューする

レビュー投稿数14

御二方とも違う面が!

原作既読です。
つい最近逆カプの作品を聴かせていただいたので
なんとなくこそばゆい感じがありましたww

個人的に佐藤さんは結構落ち着いた役どころが多くて
攻めのイメージが強かったので
おお…!!若いコだし喘いで下さってる…!!!と
ついつい顔が赤くなってしまいました。
古川さんは、余裕のある大人のしっとりした役どころが珍しいような…。
(と言いながらそれほど聴けてはいないのですが;)
プロは引き出しが沢山おありで、流石です!

あまりのお洒落さに照れてしまうのは何故なんでしょうか!
スタイリッシュ過ぎて…。
あとあれです、キス音がいやらしくて/////

里谷の友人・篠山の「おにゃのこ達が噂してた」は
原作でもあったし彼のやんちゃな感じを出していたのでしょうけど
音声で聴くと「…うわー…」って…。
「きぃいい!」とか「がるるるる」もなんかね…言わないかなー感が…。
勿論彼に罪はありませんし私だけかもしれませんが;;

Track7~9が甘くて微笑ましくてまた照れちゃうんです!!
なんでだろう、私の心が汚れているからなのか…。
妙に足をバ続きタバタさせたくなる感覚になってしまいました。
自分でもよくわからないまま拝聴後はほわーっと…ww
もしかしたら今はコミカルさを求めているのかな…??

でも聴かせていただけて良かったです。
セフレから始まった恋でもあまりそういう感じじゃなくて
ちょっと年の差の甘い恋的な感じを受けました。
Kioが始終優しいからかなぁ。それ大事…。

2

ドラマCDになるべくしてなった原作

原作既読でしたが、読んだのは随分前だし、このCD自体もずっと埋もれていたので内容はうろ覚え。
原作無しで、いきなりCDだけ聞き始めたら、古川さんも佐藤さんも、お二方ともいいお声ではあるけれど、特別印象的なお声というわけではなく、お二方ともまだBLCDのお仕事でおなじみというわけでもなく、まあ、ぶっちゃけ、最初は全然どっちの台詞か聞き分けられなかったりして、いったん止めて、あらためて原作本発掘してから聞き直し。

内容は原作コミック1冊分をほぼ忠実に音声化。
オマケに新刊刊行時の特典ペーパー3種を、これもそのまま忠実に音声化。
そもそも原作が、メインの二人のほぼ室内の閉塞した世界と里谷の大学性生活との対比がクッキリしていて、冒頭からしっかり絡みシーンもあるし、とってもドラマCD向き。
この原作のドラマCD化が早くから決まっていたのも納得。
原作コミックと照らし合わせながら聞くと、キャストの方々のお声は、原作の絵やお話の雰囲気に良く似合っている。
でも、欲を言えば、メインの二人のお声に、もうちょっと声質の差があったりすると、もっとずっとわかりやすかったかな。

3

大人の恋

原作既読。
こちらのドラマCDは原作が発売された時にドラマCDも発売が決定しましたね。
さとたくさん受けということで首をながーくして待ちました(笑)

いやぁ、エロい( 〃▽〃)
佐藤さん特有の低い声から発せられる喘ぎ声がもう・・・!
いい意味で大学生?な感じでした。
政田役の古川さん。ご本人は政田と年は近いのですが・・・
うーん、27歳?そして政田?と感じました。古川さんの声が独特すぎて政田さんのイメージはかけ離れていました。
もうちょっとやんわりを声を出してくださればイメージに近かったかも・・・。

けれども数少ない絡みの場面は大人の雰囲気が漂っていました。数少ないからこそ物語はしっかりしてるし、里谷の悩みやら葛藤がCDだけで伝わってきます。少し大人の恋すぎて付いていくのがやっとでしたw

大学の友達がわちゃわちゃしてますが(笑)いい箸休めです!菅井ちゃんもいてくれた方がなんだか安心します。

フリートーク聴いていると2人って合うなぁ・・・と。
またお二人が共演できる作品があれば嬉しいです!!

1

佐藤さん受けがエロかわいい!

佐藤さんの受けは初めて聞きました。本当にものすごく良いです!

最初は大丈夫かな?なんて失礼なことを考えて聞いたんですが、見事にハマりました!
なんなんですか?あのかわエロさは!?普段は男前で、かっこいいのに、セックスの時は一段と声を高くして。
確かに少し緑川さんに似ていますね。

古川さんはあまり聞いたことがないんですが、良い攻めさんでした。なんか和風?な感じで、包まれているような声でした。

CDは静かにストーリを進んでいくような感じで丁寧さが伝わります。

この二人の共演作品があったらまた聞きたいですね。


1

丁寧に作ってくれているので満足感に浸れる

原作+αとボリューム感満載の作りになっています。フリトは初回限定盤を買うと付きます。作られた方々の温かい愛を感じます。
刀剣さんの声優さんということで注目され話題になっていましたけど、私もホイホイされた一人です(笑)。
まぁでも予想以上にお二人の演技や声のバランスが良くて交じり合った時の声・キス・吐息・掛け合いがすごく色っぽくて悶えました。感想は↓の方々に同意。原作を丁寧になぞっていてよりリアルにキャラの心情の変化や季節の移り変わり切なさなどが表現されて息づいています。
聴き終わったあと優しくてちょっぴり甘い気持ちに浸れてほんわか幸せな気持ちになります。そして佐藤さんが演じる里谷君がエロくて可愛くてたまらん~~ってまた聴いちゃうやばいです(笑)。
お得感もあり満足感も得られるし作品の完成度も高くて良作です。
是非、原作を読みながら聴いてみて下さい。

フリトは初共演なのに楽しく演じられたことが伝わってくる姿に萌え。原作を読み込んで真摯に取り組んでいるのも微笑ましいです。お二人の共演が増えると良いなぁと思いました。

1

佐藤さんの受けっぷりに度肝を抜かれた

左右逆でも多分成立したけど、これでよかった!

佐藤さんのアンニュイな大学生は、原作のすっきりとした雰囲気にとても合っている。
いや~ヤバイヤバイヤバイ。
濡れ場の落差!!
滅茶苦茶可愛くなる…ここまで高音で女子喘ぎの佐藤さんは初めて聴いた。
こんな声も出るの…。どこまで引き出しがあるの…。

確かに通常とえっちでギャップのある子だとは原作にも描かれているけど、
ここまで思いっきり振ってくるとは思わなかった。
なにこれ…佐藤さんすげえよ…。

古川さんはえっちのときの声がエロオヤジみたいだけど、私はこれくらいはアリだと思う。
リーマン×学生、かなり援交感のある絡みが最高(出会い系で知り合っているけど援交ではない)
「可愛いね…」はエロオヤジというか援交オヤジというか、むしろ井上和彦というか…w
いや大いにアリなのだが。

友人たちのギャハハ系のノリはまあいいとしても、佐藤さんの声より手前に来ないように音量or距離を考慮してほしかった…。
里谷くんが体温の低そうな淡々とした子だから余計に。

原作を読んだときにも思ったけど、19歳の子の人恋しさが愛続きしいなあ…。
不安定で無邪気で危なっかしいけど、可愛い。
でも本人はそれを認められなくて、出会い方も本意ではないだろうから、向こうから「会えなくて悪いね」と言われると、
まるで自分が会いたがっているみたいだから「腹立つ」と思うのが、もう、可愛いなあ。大人からすると。
相手の28歳も、このときキュンときたはず。
佐藤さんの匙加減で、このあたりは伝わってくる。
こういう細かに感情の機微を掬う演技で、二人の揺らぎが見えて、ストーリーに感情移入できる。

不毛なことを繰り返しているようで、不安定な大学生は気持ちを持て余し、28歳の大人はそれも悪くないなあ…と惹かれていく。
なんてまとまりが良いのだ。

原作を読んだときに教科書のようなきれいなBLだと思った。
凄く好きです。

怠惰なセックスの合間に、友達と里谷、kioとsato、男子と女子、大学生と社会人…様々な対比をしながら、二人が意識したり関係性を詰めたりしているのもちゃんとわかる。
ちゃんと話も上手いと思う。

しかしまあ…このCDは、佐藤さんがファンタジスタだわ。
その一言に尽きるわ。
佐藤さんの喘ぎが緑川さんぽいと言われるのはわかる。
ジェラテリアの佐藤さんは(緑川光+鈴木達央)÷2くらいのプロ感があるw

いくのがとまらない表現が最高すぎた…
切れ切れの声を溢す途中で、唾を飲むでしょう?
素晴らしいね…(このくだりの古川さんの台詞の言い方もブラボー)

想いを確かめ合ったあとの、初デートの愛くるしいこと…なにこの子…。
そしておせっせ…。
始まるまでが最高可愛い…なんというピュアラブ…。
始まっても最高可愛い…エロい…。

佐藤さんの受けは絶頂が長引くタイプですね。
女の子みたい…なにそれ可愛い…。
最後の絡みにそういう記述はないけど、キャラ(前述のシーン)を反映させての演技だろうか?
素晴らしいですね…拝んだわ…。

フリトは古川さんの初めて物語w微笑ましいですw
「初めてを捧げた」と言うけどDTのほうだからね?w

二人とも原作をよく読んでいるなあ…。
原作が好きで、続編への意欲もあって、うれしいね。

古川さんは妙なテンションですね。
楽しかったのかな?

ともかく佐藤さんの受けっぷりに度肝を抜かれた1枚。

6

サトタクさんの受け!!素晴らしいすぎて!!

リーマン:政田/kio(古川慎さん)×大学生:里谷/sato(佐藤拓也さん)です。
原作は未読ですが、原作を知らなくても全然問題はありません!!
すごく良作でした!良作なので、原作も購入しようと思います!!

お2人とも某刀剣男士の声優さんだし、なによりも佐藤さん受けだったという理由で購入しましたが、本当に良かったです!!
それゆえにレビューも難しいです。

出会い系で知り合って、一度きりと思っていたけど、何回も会っているという仲で知っているのは適当につけたHNだけというね!
そこから、付き合うまでの話です。里谷がすごーく可愛かったです!!

そして濡れ場シーンでの佐藤さんがまたエロくてエロくて!!ていうか、それしか言葉が出ないです。


本 当 に エ ロ い で す ! ! 


佐藤さんの喘ぎ声でごはん3杯はいけそうですww
古川さんが出演されているBLは今回が初だったんですが、古川さんもまた良くてですね!!ホント、自分の言葉のレパートリーが少ないのに憤りを感じます。

最後の政田と里谷の同僚や友達に恋人ができたことを言った話が可愛くて!!
続き
あと、里谷の友達役で某プロデュースアプリの一番普通の子の中の方で、すごくびっくりしました!

4

今まで買ったBLCDの中でもトップレベル

原作既読済み。
原作のもどかしい気持ちと甘いキス、伝えられない気持ちをせっくすすることでしかぶつけられない空気感が大好きでCDになるとどうなるかなと思い購入に至りました。

正直キャスティングを聞いた時は驚きました。佐藤拓也さんって攻めのイメージがあったのでこの作品の受けである里谷くんの印象と結びつかなかったからです。
普段はあまり多くを語らないような秘密主義だけど最中はすごく淫らでやらしい里谷くん。

聴いてみて度肝抜かれた感じでした。Vanillaパート聴いただけでこのCD買ってよかったと心の底から思いました。いやあ、さとたくさん受けめちゃめちゃえっちですよ。この人なんで攻めばっかやってんのか不思議なくらいやらしかったです。個人的に「もっとここいじめて」で決まるかなと思ってたのでそこ聴いた瞬間しびれました。というかキスがやらしい。政田さん役の古川君の声が低く重く響いてたまらなく政田だーー!と思いました。里谷くん目線で進んでいくので政田さんの何を考えてることがわからない秘密めいた雰囲気とか最中の一言一言がほんっとに大人の色気というかゾクゾクするような感覚ありました。ここ最続き近の古川くんのBLCDの出演数増えてるのめちゃめちゃ納得です。

私キスでBLCDの出来というか完成度みたいなものが決まると思っているのですがこのふたりのキスは耳から全身がおかしくなるような甘さがあります。適度な濡れた音と息遣いがたまらんです…。

sakuraパートで再開した時に里谷くんが声を荒らげるシーン。とっても気迫があって痛々しい気持ちが伝わってきて原作既読済みにもかかわらず泣きそうになりました…。だからこそその後の、ふたりが抱きしめあってキスするところはほんとに、里谷くんよかったね…;;;;って思いました。

買って良かったです。さとたくさんもっと受けやればいいのに……古川くんの今後の活躍には期待大です。おまけパートの制服のくだりがすっごくかわいくてかわいかったのでせいふくえっちとか見たいなぁと思いました。原作はもう続編出なさそうなので少し残念です…。もっとこの2人が恋人らしくなっていく過程を見守りたかった…。それでも最高でした!!!里谷くんのやらしさが群を抜いてた!!ありがとうございます。買って良かったです!

8

原作知らなくても聴いて良かったです。

原作未読でドラマCDを聴きました。

正直最初はどちらが喋っているのか判断がつかず、聴いているうちに、まさかこれは佐藤さんが受け!?と驚きました。
佐藤さんは攻めのイメージがあったのでハラハラしましたが、受け声の佐藤さんたまらなかったです。可愛くて悶えました。
古川さんの大人な話し方も落ち着いているのに感情がにじみ出ていてかっこ良かったです。

ストーリーもCD1枚ぶんなのにギュっと詰まっていて短いお話ながらも切なさがあってじんわりと心にきました。

今度は原作を読んでからまた改めて聴いてみたいと思います。

2

期待以上!

楽しみに待っていたジェラテリアスーパーノヴァのCDでしたが、期待以上でした!

里谷役の佐藤さんは、私的にBLCDでは攻めキャラをされるイメージがあったので、最初にCVが発表された時に「どんな感じになるんだろう?」と思っていましたが…本当に期待以上でした!
日常シーンの里谷は、攻めキャラを演じている時の佐藤さんの声より若干高めの声。少し落ち着いた雰囲気を纏わせながらも、友達と話すシーンでは男子大学生そのものでした。
そして、エッチシーンでの里谷はというと…本当にエロい!掠れた高めの喘ぎ声は色っぽくて、少しだけMっぽくて…。何度もイかされ、半分飛びそうになりながら喘いでるシーンではほんと、色気がすごい…。
佐藤さんのこういった受けの演技を初めて聞いただけに、良い意味で裏切られました!
攻めと受け、どちらも素晴らしく演じてくださる声優さんとして、これから活躍していただきたいと思うほど本当に素敵でした…!


kio役の古川さんは私的に初めましての声優さんだったのですが、古川さんのkioも最高でした…!
少し茶目っ気を残しつつも落ち着いた大人の男性をとても上手に演じられて続きいて…。
話し方なのかな?それとも語尾なのか…、こう、色気を含んでるんです…!大人の男性の色気っていうんですかね、そういうのがすっごく伝わるというか…!佐藤さん演じる大学生の里谷と違い、大人の男性の包容力を感じられる演技でした。
そして、エッチシーンでもエロいエロい!若干Sなkioの台詞を、少し低めの声で吐息混じりに言うところは本当にドキドキです。イく寸前の少し喘ぎ混じりの吐息も大人の色気ムンムンでした…!

皆さんに是非とも聴いていただきたいです~!ジェラテリアスーパーノヴァを読みながら聴くと更に萌えますよ!

8

期待値以上で萌えた

原作既読です。

佐藤さん受けも個人的に諸事情で期待大。というか中の人が諸事情(笑)で聞きたかったんで近年珍しく購入。
このところのBLCDの声優さんたち全然詳しくないので常連なのかそもそもBLバージンなのかしらないんですが、この2人…良い!!佐藤さんもエロいし、何より古川さんが期待以上!かなり謎の人設定で淡々とした感じからスタートするんですけど言葉の端々がエロくて甘くて大人の色気っていうのか…耳が妊娠しそう(酷)(笑)ジェラートはとりあえず食べたくなります。

結構序盤からヤリまくってる2人ですね(身もフタもない)設定上が最初セフレ状態なので各章なんらかのシーンはありですね。結構満足です。これでもかっていう甘いセックスをしてフェードアウトしたっていう後半の『これでもかっていう甘いセックス』が聞きたかったんですが敢え無くカット(違)

付き合いだしたら可愛い可愛いって言いまくって智秋くんを翻弄しそうでその辺も聞きたかったですね、あと温泉旅行ね!!

4

エロいのに、切なくて。

原作は未読です。
佐藤拓也さんの受け役は、初めて聴きました……!!
あー、もうエロくて、役に似合いすぎてて
喘ぎ声に頭が大噴火しそうでした!><

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

出合い系で出会った本名すら知らない男・kio。
その攻めに週末ごとに抱かれるモテメン大学生の里谷。
1回きりで終わると思っていたその関係は、
半年以上続くことになります。
毎回、「スーパーノヴァ」というジェラート屋の前で待合せをして、
里谷の家で、ヤることをヤるだけ……。
そんな関係に潮時を感じつつ、kioを想うたび、モヤモヤとした感情が
渦巻いて……という話が冒頭から中盤までの流れです。


まず主人公で受けの大学生・里谷の声は、佐藤拓也さんです。
もう超興奮しながら聴かせて貰いました。
ああああ、佐藤さんの受けとかどうなるんだろうと、
聴く前から不安に想いながらも、期待に鼻息を荒くして
聴き始めました。
そしたら……
うあああ、サトタク、受けが自然体!!
普通に(?)受け役ですよ、コレ。
というか、正直喘ぎ声もエロいし、相変わらずリップ音も上手いし、
続きイケる!!
今まで役の殆どが攻め役ばかりだったのが、不思議なくらいです。
特に喘ぎ声とその間に漏れる声音がいいのです!(><)
かじりついて聴きたいくらいです。
これから、サトタク、受けのお仕事増えちゃうのではっ……!?
いやあ、それはそれで嬉しい。


そして、攻め役の古川慎さん。
本格的な絡みのある古川さんのお声を拝聴するのは、多分初めてです!
エロあり攻めだと、古川さんはこんな声になるんだ!と、
新たな発見がありました。
フリートークでも、古川さんはがっつり絡みのあるBLは
初めてだったそうで、それも美味しいところ★
今回は掴みどころのない飄々とした男性ということで、
それが上手く表現されていたと思います。
そして、一言一言にエロさがこもっています。
この声は必聴でしょう!
エロシーンも攻めなのに、すっごく喘いでくれて嬉しかったです!
色っぽいよー…。


強いて難をあげるなら、原作未読の私にとっては「?」となるシーンが
何回かあって、困りました。
特に「今、どんな場所にいて、どんな状況なのか」という説明が
殆ど無くて、それが困りました…。

リピを2回、3回と続けていると、
「こんな場所にいて、場面転換や、コマ回しは、多分こんな感じ…」と
予測できるのですが、
1回聴いただけでは分かりませんでした。
ちょっと不親切な構成だったかなぁ…。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

声優さんを含め、全体的にはまとまっていて良い作品の部類に
入ると思います。
だからこそ、構成の不親切さが、かなり残念。
この作品は原作を片手に聴くのをオススメします。

デビュー作出版と同時にCD発売が決定するなど、
話題性があったと思われるこの作品ですが、
CDとしては、充分に及第点。

原作がお手元にある方には、是非オススメしたいですね♪

7

佐藤拓也く~~~~~ん!!

原作既読です。

私的に、佐藤拓也くん初受けでした。
まぁまぁ、なんと色っぽい事でしょう。
あのバリ攻め声優のイケボが可愛くアンアン喘いじゃってますよ!!
モダモダする大学生、里谷役を違和感無く、少し高めのお声で可愛らしく演じられて。
はぁ~~~っ!
声優さんって素晴らしいですね。

私的初BLの古川慎くんも、あの淡々としたKioさんの役をこなしてらっしゃる~~!
古川くんも本当に期待のBL超新星ですな。
これからまだまだ出演作あるんで購入決定です。

特典フリートークは、初共演とは思えないほど和やかでとっても楽しいものでした。
佐藤拓也くん同様、古川くんもBLを真剣に取り組んでいる事がとても嬉しく思いました。

6

お2人ともエロくて滾る!

古川さんの本格的攻め&佐藤さんの本格的受けを聴くのが初めてだったので、発売日がかなり待ち遠しかった1枚でした!
特に古川さんがすごく気になっていて。
だって、私の中の古川さんといえば、某ヒーローアニメのサイ○マくらいしかイメージがなくて(笑)、落ち着いた大人のKioとなかなか結び付かなかったんですよね。
声のイメージも佐藤さんの方が落ち着いた低音だし、逆でも良くない?とか思ってたくらいだったんですが、素人考えでしたすいません!
全く杞憂でした!!

私、思った以上に古川さんのエロさにやられてしまったんです!
普段の話し声はそれほど低音という訳ではないんですが、エッチシーンでの低音の囁きが想像以上にエロくて、久々に攻めボイスでゾクゾクしちゃいました*´Д`*
「イってるとこ、見せて」とか「かわいいよ」とか、これ耳元で囁かれたらヤベェってなってしまった(笑)
攻め喘ぎも好みの感じだったし、古川さんのkioは私的に正解です☆
古川さん自身、飄々と掴みどころのない大人の役は初めてだとおっしゃってましたが、飄々としながらも茶目っ気のある大人の男の感じがうまく出ていたと思います続き
実年齢より上の役だし、すごく頑張ったんだろうなぁと微笑ましく思いました(笑)

で、佐藤さんの里谷!
普段より高めの声が可愛くてビックリしました!!
大学生の割には冷めていて落ち着いた印象の里谷ですが、kioに対しては結構感情を出してるんですよね。
普通に楽しく会話してると思ったら、戸惑って狼狽えたり、照れて小声になったり、kioの言動に一喜一憂する里谷が可愛くてたまらない*≧▽≦*
特に書き下ろし部分の可愛さは必聴ですよ!!
里谷のモダモダ感にキュンとしちゃう☆
kioが里谷を可愛くて仕方がないって思う気持ち、すごくよくわかります*^^*
想像以上のエロ可愛さにもだいぶ滾りましたね!!
私的にはもうちょっと低めの喘ぎ声の方が好みなんですが、kioに翻弄されてぐずぐずに喘ぎ泣く里谷は本当にヤバかった*´Д`*

エロシーンの多いこの作品、古川さんのエロ低音と佐藤さんのエロ喘ぎに大満足の私でした☆
でも、1つ残念だったのはSEの雑さ。
特に男子飲み会の時のSEが雑音にしか聴こえなくて、会話が頭に入って来なかったくらい。
もうちょっと違和感のない自然なものにしてもらいたかったです。
いかにも今どきの男子大学生な同級生とのやり取りは、里谷とのテンションの違いが面白くて結構好きなんで、ちょっと残念でした。

と言いながら、コミックス丸っと+3つの特典ペーパーの音声化はなかなかのお得感♪
全体的にはかなり満足できる内容でした☆
原作ファン・古川さんファン・佐藤さんファン、どの方が聴かれても満足できると思います。
お勧め♪

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ