大きなパパはアラブの王子様!

ookina papa wa Arab no ooujisama

大きなパパはアラブの王子様!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
2
評価数
2件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
コスミック出版
シリーズ
セシル文庫(小説・コスミック出版)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784774729145

あらすじ

シングルファーザーの綾谷紀明はホテルでボーイとして働きながら一人息子の星耶の子育てに奮闘している。まだ三歳の星耶を保育園に預けながらの勤務なので、あまり残業もできずカツカツの生活だ。そんな中、VIP客としてアラブの王子がやってきて、紀明をぜひ専属にして欲しいと要望される。アラブの王子の無茶な要求に紀明は困惑するも星耶のお迎えにまで王子がついてくるようになり―!?

表題作大きなパパはアラブの王子様!

サハード,シュハンム国の第三王子,30歳
綾谷紀明,シングルファーザー,ホテルマン,26歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

アラブの王子様でなくとも…

ホテルマンの紀明(受け)は、3歳の息子を一人で育てるシングルファーザー。
ある日、VIP客としてやって来たアラブの第三王子・サハード(攻め)に気に入られ、彼のバトラー(宿泊客専用の執事)に指名され……

アラブもの、というと攻め(アラブの富豪か王族)が強引に受け(日本人)をモノにして…というパターンが王道かと思いますが、本作は子連れモノでもあるため、そのへんはかなりマイルド。
良く言えばほのぼのしていて癒される、悪く言えばご都合主義で、「アラブの王子様」設定の意味もあまり感じられない一冊でした。

まず、受けの紀明。
いくら契約社員とは言え、ホテルマン(ボーイ)が9:00〜17:00で帰れるという設定にはかなり無理があるような。
子育ての環境として最初から比較的恵まれているため、後のシンデレラストーリー的な展開に旨味が感じられませんでした。

攻めのサハードについても、
見ず知らずの外国人男性に日本を案内してもらい、牛丼をご馳走になったくらいで彼に惚れるのはさすがに無理があるような。
日本に豪邸を建て紀明と息子の三人で暮らすという結末に関しても、アラブの王子様な続きのにそれで良いの?という想いが残りました。
日本に来る機会が多いから、という理由が一応説明されてはいますが、それなら王子様ではなく普通の実業家や富豪という設定で十分だったのではないかと思います。

『大きなパパはアラブの王子様!』というタイトル自体はキャッチーで良いだけに、設定が十分に活かされていると言い難いのが残念でした。

すみませんが、中立評価とさせて頂きます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ