BE・BOY GOLD 2016年10月号(雑誌著者等複数)

be×boy gold

BE・BOY GOLD 2016年10月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
3件
平均
5 / 5
神率
100%
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

表紙・倉橋トモ
ピンナップ・さいとうちほ

倉橋トモ、扇ゆずは、ねこ田米蔵、鹿乃しうこ、池 玲文、新田祐克、大和名瀬、富士山ひょうた、琥狗ハヤテ、環 レン(原作/江戸川乱歩)、鳴坂リン、岸虎次郎、吉田ゆうこ、吹屋フロ、もふもふ枝子、彩枚サトル、さいとうちほ、豪華執筆陣!

よみもの
・「魅惑仕掛け 甘い罠」これまでのお話
・読者のページ/にゃん族島へようこそ
・超レア!㊙設定資料集

表題作BE・BOY GOLD 2016年10月号(雑誌著者等複数)

その他の収録作品

  • ねこ田米蔵「魅惑仕掛け 甘い罠」
  • 池玲文「媚の凶刃 SMOKE」
  • 扇ゆずは「澪つくし」
  • 環レン「孤島の島」
  • 倉橋トモ「ピンクとまめしば」
  • 新田祐克「サイレント・エリア」
  • 琥狗ハヤテ「白狼の士」
  • 大和名瀬「教師も色々あるわけで」
  • もふもふ枝子「不器用な僕らの隙間」
  • 鹿乃しうこ「Punch↑×P.B.B.」
  • 岸虎次郎「僕と おとこのこ」
  • 彩牧サトル「できそこないの花嫁」
  • 鳴坂リン「クズでバカには二度と会わない」
  • 吉田ゆうこ「WHITE NOON.BLACK NIGHT」
  • 富士山ひょうた「甘い言葉をたまには」
  • 吹屋フロ「仇椿ゆがみて歯車」

評価・レビューする

レビュー投稿数2

鹿乃さんファンは買って損なしでは

全プレの応募等がないかぎり、
普段雑誌は買わないのですが、
表紙の「牧」「浩太」の文字を見たとたん
買ってしまいました。

なんとうれしいことに、
Punch↑とP.B.Bのコラボということで、
純佑と忍も登場です。
いやーほんとに買ってよかったです。

牧×浩太は安定のいちゃラブで、
牧の変態加減も健在です。
純×忍の新居に遊びに行ってプールで泳ぐとき、
牧さんが浩太のために懐からだした水着が
ヒモビキニで(笑)
けっこうなローライズなんですが、
コータンはパイパンなので、
毛がはみでる心配がないんですね(笑)

Punch↑は本編終了後も
Pink Goldとかで続きが描かれているので
数年後に完全版が出ることを期待しています。

ねこ田米蔵さんが他誌で描かれていた
「魅惑仕掛け 甘い罠」がお引っ越ししてきたようです。
このまま連載が続けばリブレさんから
コミックが出るんでしょうか。
それも期待!

1

『Punch↑×P.B.B.』最高過ぎですっ!

 池玲文先生の『媚の凶刃』の新章が始まる今号。更に鹿乃しうこ先生の『Punch↑』の読み切り番外編があると知って買わずには居られませんでした!最初に書いちゃうけど、どっちも最高に良かったです!!

・『媚の凶刃 SMOKE』池玲文
 媚の新章は朝の食卓から始まりました。美味しそうな卵焼きを口に運ぶ加賦、膝の上にはエプロン姿の韮沢が下半身裸で跨っていて…。
 吹き出しましたー(>艸<)!!食卓でいちゃつく二人はイチャイチャ通り越して盛りまくっているわけなんですが、ラブラブ過ぎでしょーっ!加賦さんの甘やかし方と言ったらもう「新婚さん」そのものです!そんな私の気持ちを代弁するように、訊ねて来た若頭の嶺石が壮大に突っ込んでくれています(笑)
 二人の熱々振りにあきれ顔の嶺石ですが、運んできた情報はとても深刻なものでした。前の抗争で死んだはずの邵堅(シャオチェン)が生きていましたΣ(゚д゚;) 。止めを刺さなかったので生きているのでは?と思われていましたがやっぱり…。その邵堅が熱海で隠居している前組長(加賦父)の元にやって来て、ハードな展開に突入です!二人の間には何か因縁がある様です。続き
 先の抗争では加賦父と佐川の叔父貴との関係が秘かに萌えだったのですがその佐川を打ったのが邵堅です。それだけでも因縁たっぷりな相手ですが、狂ったように加賦父を狙う姿が本当に怖かった。媚の登場人物の中で一番冷酷な邵堅。眼鏡を外し髪色も変えて、冷酷さも倍増していました。
 甘エロからのハードボイルド展開にワクワクしました!続きが楽しみです。

・『Punch↑×P.B.B.』鹿乃しうこ
 前号の予告ではPunch↑だけの番外編のようでしたが、リクエストが多かったのでしょう、P.B.B.とのコラボでした!もう「最高に面白かった~!」ってみんなに言ってまわりたいぐらいに面白かったです!ほんとこれ、今からでも走って買いに行った方がいいよってお勧めしたいほどです。
 新婚の純佑と忍の新婚生活に茶々を入れようとやってきた牧と浩太。忍は寝ている浩太に鼻息を荒くする牧を見て…。
 牧さんが安定の変態加減で、コータンとのエロライフをいつもの牧節で忍に語り、それがかなりアホな言い回しなのに愛が溢れ過ぎていて、読んでるこちらまでが幸せな気持ちになってしまいます。コウタだけに「多幸感」と牧が惚気ていたけれど、「もう大木ナシじゃいられないのは牧さんの方じゃねェの?」との忍の突っ込みに「どっちもだよねー」と私が答えたくなっちゃった。本当にこのカップルが好きだわー^^
 忍たちの新居(リゾートマンション)のプールでは、コータンのヒモビキニや忍の水着姿が楽しめて、ついでに牧の貧相な水着姿も(本人談)だけどあそこはびんびんで(爆笑)
 牧の影響なのか、いつもはクールな純佑の壊れたニヤケ顔も、その後の温泉での牧とコータンも、どこもかしこも見どころだらけでした。
 そしてなんといっても素晴らしいのが、エロのコラボですよ!コラボと言っても乱交じゃありませんよ。同じ夜のそれぞれのカップルのエロが交互に展開ですっ!めちゃくちゃエロくてキュンと切なくて、クスリと笑えて、すっごい幸せな気分になっちゃった。私、きっと何度でも読めるなこの番外編。
 扉絵入れて28ページのお話でしたが、盛りだくさんな中にも純佑の旅館の後継ぎ問題に牧が触れたり、次はハルトと能成がやってくるとの台詞もあって、まだまだ続きそうな予感です!

・『僕と「おとこのこ」』岸虎次郎
 岸先生の片想いがループする連載。前回、クラスメートの【手】に初めての感情が芽生えた黒髪男子を「かっこいいな」とずっと見つめていた男の子が主人公です。
 文化祭の出し物を決めている時にアイドルのゆみぽんに似ていると黒髪男子に「かわいい」「いつも端っこにいないで、たまには真ん中に出てみろよ!」と言われてメイドカフェで女装することになった僕。「僕きっと…かわいくなるから!!」とわくわくして女装してみたら…。
 切ないー(T_T)切なすぎる!黒髪男子の反応にショックを受けたのを隠しておどける男の子に泣けた。永遠ループの片想いだから仕方がないけど、いつかループが逆回転してくれないかなって思っちゃう。あ、逆回転じゃまたどっちにしろ片想いか^^;
 岸先生は思春期の気持ちを描くのがなんてお上手なんだろう。コミックスになったら絶対買う!

その他、気になったのは
・『魅惑仕掛け 甘い罠』ねこ田米蔵
 オネェ言葉のリーマンと部下のお話で面白くはあったのですが、前にどこかで掲載されていた作品の続きらしい…。このままゴールドで連載が続くようです。

・『澪つくし』
 受けが色っぽくてとても気になるんだけど、なんせ最初のお話(ツンデレ受がめちゃくちゃに犯される本。に収録)を読んでいないから入り込めない。コミックス化が待ち遠しいです。

 毎回書いてる気がするけど、雑誌に神評価を付けるのは憚れるんですが、やっぱり神を付けたい。『Punch↑×P.B.B.』が最高過ぎた!

9
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ