レプリカの憂鬱

レプリカの憂鬱
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラノベルス(小説・心交社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784883028542

あらすじ

デザイン学校に通う関谷巧己は、有名デザイン事務所を構える従兄弟・統吾に就職を餌に共同経営者の宇佐美涼とつき合うように言われる。
涼は統吾をずっと好きだったが、ノーマルな彼には迷惑なだけだったのだ。
綺麗で才能のある涼が前から気になっていた巧己は騙すような真似は嫌だと思いつつも、つき合うチャンスだとも思ってしまう。
偶然を装って近づく巧己に―彼の外見が統吾とそっくりなこともあって―涼もしだいに惹かれてゆくが―。

表題作レプリカの憂鬱

三流のデザイン学校に通う就職間近な学生
有名デザイン事務所を共同経営するデザイナー

評価・レビューする

レビュー投稿数1

そっくりな従兄の身代わり?

 デザイン学校に通う関谷巧己は、有名デザイン事務所を構える従兄・統吾に就職を餌に共同経営者の宇佐美涼と付き合うように言われる。
 実は涼は、統吾のことをずっと好きで、統吾もそれに気付いていながら、共同経営者である二人の関係を壊さないためにも、それにはあえて目を閉じていたのだ。おまけに、ノーマルな性癖である統吾にとって、涼のその想いが次第に重たくなっていた。
 綺麗で才能のある涼が前から気になっていた巧己は、騙すような真似は嫌だと思いつつも、統吾にそっくりでその従兄でもある巧己には、これしかチャンスが残っていないこともわかっていた。
 正攻法で統吾の従兄だとわかった状態で告白しても、涼がきっと受け入れてくれないであろうことがわかっていたからだ。就職も気になってはいたが、それよりも何よりも涼に近づきたくて、巧己はその条件を呑んだ。

 一方、涼は涼で、自分の気持ちに気付いていながら気付いていないふりをする統吾を思い続けることにそろそろ限界を感じていた。
 そして、偶然を装って涼に近づいた巧己に、涼は惹かれ始める。

 そんな物語でした。
 こういうあらすじだったので、もっ続きと巧己は「涼に統吾の代わりだと思われてる」ということに悩むのかと思ったのですが、その状態は早々に抜け出してました。
 最初の時点で「統吾の代わりは嫌だ」と、巧己が言っちゃってたので。
 意外と巧己ってしぶといんですね。
 あんまり「憂鬱」な雰囲気はありませんでした。

 問題は二人が惹かれ合った後の方が多かったような気がします。
 ちょっぴり大人の物語でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ