季節はずれのカイダン タクミくんシリーズ

季節はずれのカイダン タクミくんシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
21
評価数
6件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048537001

あらすじ

深夜の理科室で不審な物音を聞き、現像途中の写真を
見つけた託生とギイ。なぜか、すぐに駆けつけた松本
先生に帰されてしまったが、そこには何か秘密があり
そうで・・・・・・。不思議な噂に包まれた時計台をめぐる、
ちょっと切ないミステリー。ギイと過ごす初めてのク
リスマス「ギイがサンタになる夜は」も収録。

表題作季節はずれのカイダン タクミくんシリーズ

ギイ:崎義一:始末屋無限食欲怪談不信
タクミ:葉山託生;純情平凡天然怪談恐怖

その他の収録作品

  • ギイがサンタになる夜は

評価・レビューする

レビュー投稿数2

切なすぎて読み返すのが辛い・・・

タクミくんシリーズの中で、唯一読み返す事の出来ないエピソードです。

亡くなった人のお話なので、どうにも救いようがなく、そして何よりもかわいそう過ぎて辛いんです。
亡くなった生徒が自殺ではなく事故死で、しかも本人は凄く生きたかったのに、見殺しにされてしまった・・・という・・・
生徒指導の先生の粋な計らい・・・とか、素敵なエピソードもあるのですが、それにしてもなんとも後味の悪くて、悲しいお話で萌えることは一切ありませんでした。

同時収録の「ギイがサンタになる夜は」は、超お金持ちなギイの堅実な面がかわいかったり、風邪でダウンするギイ・・・という珍しい姿が見られたり、クリスマスシーズンならではのタクミとギイの恋人っぷりが見られたり・・・なのですが、どうにもその前のお話の哀しい余韻が残ってしまっていて、やはり萌えられませんでした・・・

0

慣れてきたんだ…

ギイとのいちゃつきが堂に入ってきたタクミくんが
見所と言える巻かも知れません。
純情は純情なんですが、誘い所のツボを心得る
様になったと言うべきか。
表題作は何気に肌の露出が多くなっておりますし。

自分の事で手一杯になっていた頃を考えれば、
ギイと過ごす日々の中でタクミくんの内部に余裕が
生まれてきた結果なのでしょう。
その余裕ぶりは併録作にさらりと描かれています。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ